ウサギが逃げる【ネザーランドドワーフ】

カテゴリ:
 我が家のウサギだけでなく、ウサギはある程度お迎えした自宅を縄張りと認識すると、嫌なことから逃げる傾向があるようです。最初の頃は、ケージの掃除などで出したくても、中々寄ってこなくて捕まえられませんでした。

 ネザーランドドワーフは、もともと活発な性格のうさぎで、とても人なつこいタイプと、どちらかといえば、あまり人に馴染まない気の強いタイプとに分かれる様ですね。元々好奇心が強い為、全体としては懐きやすい種族の様ですが、ペットショップで何羽かのネザーランドドワーフとふれ合った感じからと、ペットショップの店員の話から、人間と同じで臆病な個体、好奇心が強い個体などあるようです。
 ネザーランドドワーフは、見た目は小さく、おとなしそうに見えますが、意外と気が強い一面もあります。我が家のウサコッツの場合は、抱いた後も、完全に逃げられないようにしっかり捕まえていても、一回は脱走を試みます。力一杯手を蹴飛ばしてくれるので、私の手は擦り傷だらけです。
 しかし、感情表現豊かで、信頼する飼い主には、自分から抱っこのおねだりをしたりといった愛らしいしぐさもするので、どうしても憎めないかわいい奴です。また我が家のウサコッツは、最初にペットショップで見たときから、人が来るとケージの扉に寄ってきていて、これは好奇心が強いのを表しているようです。

 なので、我が家に来てからも、比較的手を出すと臭いを嗅いだり、舐めたりしています。それでも、捕まえるような仕草には最初、抵抗がありました。我が家では、2週間くらいかけて徐々に慣らしていきました。色々試行錯誤していくうちに、私なりに2つのルールを定めて接しています。

1.飽きるまで遊ばせる
 我が家のウサコッツの場合ですが、ある程度慣れると、例えば写真のように、ペットサークルの外で見守っていても、寂しいのか自分から寄ってきます。そして、目の届く範囲から遠くにはあまり行きません。
 この習性を利用して、我が家ではまず好きなだけ遊ばせます。といっても、しばらく外でウサダッシュなどして、3分もすれば足下に戻ってきます。その後、必要であれば、前から名前を呼びつつ、手のひらをみせて優しく捕まえるようにしています。
 まちがっても後ろから捕まえては駄目なようです。ウサギの育児書などでは、後ろから名前も呼ばずに捕まえると、恐怖の記憶がすり込まれ、ますます逃げるようになります。
 後は、捕まえた後に、ほめるなどして怖いことでないことをすり込みます。

IMG_2182

2.捕まえる時はためらわない
 捕まえると決めた以上、逃がさないことです。何度も逃げられる体験をすると、それを経験として覚えてしまいます。ウサギは学習能力が高いので、間違った成功体験をさせないことです。






抱きウサギ化計画【1ヶ月たって】

カテゴリ:
 我が家のウサコッツも、まもなく生後3ヶ月を迎えます。体重は先日書きましたが730g、わずか一ヶ月前が200gだったので、おおきくなったものです。

 それに伴い、問題もでてきました。この写真は、生後2.5ヶ月頃ですが、これより更に大きくなった為、片手でうまくだけなくなってきました。この写真の頃までは、おしりを手のひらにのっけることで、安定して抱けていたのですが、現在ではこの抱き方では暴れます。

S__5128194

 ペットショップでも言われましたが、ウサギは安定しないと暴れます。なので、もう一度安定する抱き方について考えたいと思います。改めて写真付きの参考サイトを下に書いておきます。

□参考:うさぎの病院 ウサギの抱き方

 これを見ると、狭い所に頭を突っ込む習性を利用して、ひじの部分で頭を覆うようにして抱っこするとありますが、本日これを試した所、安定して3時間のテレビを一緒にみることができました。まあ、1時間くらいで抱っこされるのに飽きて、脱走をなんども試みていましたが。
 この脱走しようとする状態ですが、ウサギの育児書によれば、ここで離してしまうと、ウサギは簡単に逃げられることを学習してしまいます。なので、嫌がっても離さず、抱っこの際はおとなしくすることを学習させる必要があります。
 その際、体罰をせず、大声ではっきりとしかるなどすると良いと書いてあったので、我が家ではこの怒り方でしつけをしています。


 もう一つ、反省することとして、最近、ケージの外で遊ばせることをしていましたが、抱っこをあまりしていませんでした。それに気づいて、3日前に抱っこすると、かなり嫌がるようになっていました。
 これまで色々調べてきた中で、2~6ヶ月くらいはしつけに重要な時期で、この時期を逃すと、例えばトイレのしつけ、抱っこの癖づけ、縄張りの確定などがこの時期に行われます。
 我が家のウサコッツは丁度この時期の真ん中にさしかかろうとしている状態で、ここで色々としつけの足りない部分を矯正していく必要があります。

 ウサコッツもまもなく思春期を迎えることもあり、しっかりとしつけをしていこうと思っています。

ウサギの遊び道具【段ボールで】

カテゴリ:
 我が家のウサコッツ用に、これまで1ヶ月、様々な遊び道具を段ボールで作ってきましたが、本日時点で一番お気に入りの遊び道具をご紹介します。

 まずは下の写真をみてください。これを作りました。

○写真1:全体
IMG_2177

○写真2:コーナー部分アップ
IMG_2178

 これのポイントは、ウサギの高さ?ギリギリでまずトンネルを作成したことと、トンネルの先にウサギが隠れられるスペースが作成されていることです。
 ウサギは先が見える穴に潜る習性があるようで、この段ボールの遊具は元々、トンネル部分のみでした。これを連結してみた所、角の部分で穴掘りをすることが多くなってきました。
 そこで、穴掘りをしている部分を大きくして、段ボールを強化しました。そして最初は角の部分が完全にふさがっていましたが、上の写真のように、穴掘りを楽しむ部分の天井を除去、ここにレジ袋を2重に貼って、薄暗い環境と上から何をしているかを監視できる環境を作りました。

 今はこれを部屋の角においてあります。ケージの外に出すと、ここにいることが多いです。気をつけなくてはならないのは、穴掘りした段ボールをウサギの習性で食べてしまうことがあり、これが詰まって便がでなくなることがあるようです。
 なので、定期的に段ボールの破片は除去し、床板はたまに張り替えています。

 ウサギの安全性に気を配りつつ、ウサギが楽しめる環境を作るのは難しいですね。

なんか太った【ネザーランドドワーフの成長期?】

カテゴリ:
 ウサコッツは、餌の調整目的でたまに計量を行っています。5月14日の体重は200g、5月23日の体重は530g、6月3日の体重730g・・・
 あれ、なんか太い・・・

S__5283843S__5283844

 なんか、方向によっては巨大なネズミにも見える・・・

 ひょっとして餌のあげすぎかと思って、以前も調べましたが、ペレットの適正量について調べました。そうすると、体重の3~5%量を一日分として、朝夕に分けて与えるというのが基本のようです。そこで、実際にあげている餌を計量してみると、8~10%あげているようでした。

 ネザーランドドワーフは3ヶ月までは体重が一気に増え、ほぼ大人になると言われている方もいます。ネザーランドの理想体重は900gが適正のようですが、これを目安に、餌の調整をしていこうと思います。獣医さんの意見だと、牧草でカバーするのもありなようです。

ウサギの縄張り

カテゴリ:
 我が家のウサコッツは、毎日3回程度、ケージの外に出します。これは、ウサギが飼い主のルールを理解することを利用し、しつけを行おうとしている為、むやみに出さないように心がけています。

 先週まではこれでしつけがうまくいっており、自分の陣地(テリトリー)はケージの中であると認識していたようで、トイレも必ず帰ってから行っていました。
 しかし、今週に入ってから下の写真の位置でいることが多くなりました。写真の位置を中心に、あちこちにシッコをしたり、あごをこすりつけたりする行為が見られるようになりました。

S__5177353

 これは、ウサギの縄張りを主張している際の行動のようです。縄張りは確定してしまうと、特にオスの縄張り意識が強い固体では中にはいってきたものは侵入者とみなし、威嚇したり噛みついたりすることもあります。
 幸い、ウサコッツにはこの傾向はありませんが、これをこじらせると、一度テリトリー侵害した人間を敵とみなしつづけ、絶対に抱っこさせないなどの態度をとることもあるようです。
 壁をかじるなどの行為も、この一環のこともあるようです。
 
 そうなると、今後のしつけ上、あまりよろしくないと思いますので、ケージの外に出す時間、外に出ているときの対応について見直しを行いたいと思います。3ヶ月から半年くらいこのテリトリー生活を続け、人間の定めたルールを理解してもらいます。そうした後は、そのルールをそのまま覚えて生活するようです。

 とりあえずは、ケージ以外の場所にテリトリーを作らせないように、適度に触っていったりして気をそらしていこうと思います。

 後はサークルの見直しですかね。こんなんあったんですね。


 今は下のを使って、マンションのリビングダイニングの半分を遊び場にしています。
 
 しかしこれの欠点として、値段が高いのと、使用すると人間の行き来が制限されるということがあります。このケージだけでサークルを形成すると、かなり値段が張ります。

 最初にウサギ用があるって気づいていれば良かったのですが、岐阜市近郊のペットショップを巡っても、上のアイリスオーヤマのものしか無かったので、これを買ってしまいました。
 もう少し、時間をかけてリサーチすれば良かったですね。

わらっこ倶楽部 トンネルハウス【穴掘り対策】

カテゴリ:
 我が家のウサコッツは、ケージの外に出すと、絨毯やフローリングをほりほりしています。
ウサギの本能だそうなので、これを辞めさせるわけにはいきませんが、変な物を食べると便秘で死んでしまうこともあるそうですので、これの対策に日々頭を悩ませています。

 最初、猫の爪研ぎにヒントを得て、段ボールを切断し束ねた物を置いてみました。しかし、掘らずに噛んでしまうので辞めました。

 次に2日前に飼ったのが、この「わらっこ倶楽部 トンネルハウス」です。


このトンネルハウス、チモシーでできているので、チモシー好きの我が家のウサコッツにはうれしいのか、これまで色々おもちゃを買い与えても3分で飽きていたのに、こいつは2日目でも中に入ったり、かじったり、ほりほりしたりしています。

 下の写真は購入直後の写真です。興味を持っている感じが伝わるでしょうか?

S__5251083

 下の写真は、丁度噛んで引っ張っている写真です。

S__5251087

 これを買ってから、絨毯を掘る回数は減りました。なくなりはしませんが。
デメリットもあります。それは、ゴミが飛び散ること。掘ると、食べてくれる分にはいいのですが、食べない分がそこら辺に散らかります。

 しかし、絨毯ほりほり対策の第一歩としては悪くなかった感じです。これからも、ウサギの本能を刺激するグッツを買ってみて、ウサギとの共存をすすめていきたいです。

カテゴリ:
 我が家のウサコッツは、賃貸マンションで飼っていますので、室内遊びしかしていません。我が家に来て一ヶ月、色々と試行錯誤を繰り返し、ウサギが遊びやすい環境を作ってきました。そこで成功例、失敗例などを振り返っていきたいと思います。

1.コード類
 ウサギの習性として、コードをかじるなどします。特にうちのウサコッツはコードが大好きで、すきを見せるとかじります。直ぐに怒るのですが、5分もしないうちにかじり始めます。なので、コードは触れない位置に移動しました。

2.穴掘り
 これは現在も試行錯誤中です。パッケージに穴掘り対策、ストレス解消と書いてあったので下の製品を買ってみましたが、効果無しです。



 このヘチマは、現在ではケージ内においてあります。よく夜中に、1人でかまってもらえない時間に振り回して遊んでいるので、目的は少しは果たせていますが、穴掘り対策にはなっていません。今後、新しい対策を考えていきます。

3.遊びのタイミング
 最初の頃は、遊びたい時間に遊びたいだけ遊ばせていました。これをやっていたら、ケージを噛むようになりました。対策に下の製品を扉につけましたが、その後は噛めないことを学習し、あきらめました。

 夜行性のうさぎにとって朝から夕方まではお休みの時間です。なるべく近寄らないでそっとしておくのが良いと言われていますが、これが難しいです。我が家は夫婦共に夜勤がある仕事なので、どうしても昼間どちらかが家にいることが多く、ウサコッツも人がいるので、ケージ前を通過するとでてきてしまいます。
 こういう場合は、ケージ全体を布でかぶせてしまうのが良いようです。

4.遊びの時間
 私がウサコッツを購入したペットショップで渡された育児の紙には、赤ちゃんウサギは1日10分程度で良いと書かれています。最初、これをまもっていましたが、どうも遊び足りないのか、色々アピールしてきます。
 そこで、ウサギの疲れるとあまり動かなくなる習性を利用し、室内で遊ばせて時々動かなくなってきたらケージに戻すようにしています。
 また時間を決めて遊ぶのがよいとのことで、しつけのために、食事を与える朝、夕と寝る前の3回程度にわけて、ケージの外に出しています。合計で1時間程度遊んでいます。大人のウサギは1日1時間程度、自由に遊ばせる時間が必要なようです。

5.無理になにかをしない
 ウサギは記憶力がよく、頻回に恐怖体験をしてしまうと、懐かなくなります。なので、外で遊んでいるときは、極力ウサギがこちらにやってくる時以外は、そばにいるだけにしています。
 ウサギの遊び方として、我が家のウサコッツだけでなく、最初周りを探索し、満足したら飼い主の近くに戻ってくるパターンが多いようです。この時になでる、ふれあうなどしています。

6.つかまえる時は、ためらわない
 ウサギをケージに戻すときは、ためらわないようにしています。恐怖体験をなるべく短く、回数を少なくする為です。そして戻した時には、ペレットの前などに下ろし、ペレットの皿を指でたたきながら、「餌を食べるために戻したんだよ」としつけを続けて来ました。
 これを1ヶ月くらい続けた結果、あまり嫌がらなくなりました。
 また捕まえた後は、ケージ越しに一回はなでるなどして、愛情を示すこともしています。

カテゴリ:

 前回まで、臭いについて書いてきました。今回は味覚についてまとめようと思います。


 我が家のウサコッツは、かなり好き嫌いが激しいです。ウサギ用のおやつでも、レーズン、バナナはすごく嫌々空腹時に食べるくらいで、お腹がいっぱいだと見向きもしません。

 これに対して、ミルクがすごく好きです。あれをあげると、しばらく幸せそうな顔しておとなしくなります。ミルクはペット用のものがありますので、これをあげています。牛乳は消化できないとペットショップの人が言っていました。他にはマンゴー、パインなどのドライフルーツが好きですね。


 まず甘味についてですが、色々調べると、家で飼われているウサギは、甘味に対して執着することが多く、うちのウサコッツのように、幼い頃から果物などをたくさんあげていると、その傾向が強くなるそうです。


 次にウサギの味覚についてですが、ウサギの味蕾細胞は約17000~18000個程度あるとされ、人間の1万個に比べると、かなりの量です。当然、判別できる味の種類も多く、8000種類の味を判断することが出来るそうです。


 しかし判別できる種類はおおいのですが、問題があり、味覚が有害物質を判断するようには発達しておらず、好き嫌いの判別しかしていないようです。なので、ウサギに有害な塩味、チョコレートなどに含まれるカフェインやテオブロミンなどがあっても、甘ければ食べてしまうなどの弊害があります。


 ですから、人間がウサギの食べられないものを把握し、選別して与える必要があります。例えば自宅にあるほうれん草が余ったからとあげると、ほうれん草に含まれるシュウ酸が病気の原因となることがあります。


 正しい知識とウサギの好みにあわせて、健康的な生活が送れる餌をあげていけたらいいですね。

カテゴリ:
以前、「ウサコッツの愛情表現【舐めるという行為】」というタイトルで日記を書きましたが、今回、ウサギの生態についてまとまった資料を見つけましたので、そこから抜粋しまとめたいと思います。

 まず、ウサギは放っておけば相手からよってきます。特に子ウサギは自然によってくるようになるので、なでてやることで信頼関係を築いていくのがよいようです。うちのウサコッツも、こんな感じで最初は交流しました。
 これが成体や老体では警戒心を持ち、馴れるまでには時間がかかるようです。ウサコッツを選んでいるときに、1歳のウサギとふれあったときは、かなり警戒心が強く、かなりひっかかれましたし、抱くことはできませんでした。

 こうして信頼関係ができてくると、自分をかわいがってくれる飼育者、仲間と認識したウサギなどに対して愛情表現を行うようになります。例えば、人に対して足元に寄ってきて、下顎や顔を擦りつけたり、足元 をくるくる回ったりする行動がこれにあたります。これは「チンマーク」とよばれる行動だそうです。
 指を舐めるなどの行為は、以前の「ウサコッツの愛情表現【舐めるという行為】」で書いたように、愛情表現であることが多いようです。

 怒りの表現については、耳介を後方へ倒して「ブーブー」声を出して怒ることがあります。先日、体を拭いていたらこれをやってました。これがエスカレートすると、噛みつこうと威嚇姿勢をとったり、突進したり、後肢で地面を叩く行為「スタンピング:通称ウサダン」が見られます。
 何もないのに頻回に噛みつく場合には、噛みつく相手を自分より下にみていることがあるそうなので、早めに序列の確立をする必要があります。

 要求があるときは、餌容器や玩具を投げて音を立てることがあります。こういった時は、餌が欲しいか、なでて欲しい時が多いようです。

■参考資料:ウサギの基礎知識

カテゴリ:
 前回の日記で、ウサギが餌の臭いに敏感であると書きました。そこで、ウサギの嗅覚がどの程度なのか調べてみました。

 まずウサギは、人が飼っている動物の中で犬に次いで臭いをかぎ分ける能力があります。臭いをかぎ分ける嗅覚系の嗅受容細胞がイヌのシェパードでは約30億、ウサギの嗅受容細胞は5億あります。人間は4000万なので、10倍以上の臭いを嗅ぐ能力を持っています。
 またウサギはもう一系統、鋤鼻系という嗅ぐ能力を持っていますが、フェロモン物質を受容して、母性行動、生殖行動などに関わっているようです。

 このように優れた嗅覚を持っているので、刺激物などは苦手なようです。他にも魚を焼いた匂い、焦げる匂い、肉を焼く匂いなどが苦手なようですね。やはり、捕食される側の動物なんだからでしょうか。
 逆に靴下や洋服の袖のような体臭的な匂いは好きなようです。飼い主の臭いが良いのでしょうか。


■参考資料:ウサギの基礎知識 他

このページのトップヘ

見出し画像
×