アーカイブ

2015年06月

うさぎに新しい噛み棒を噛ませる試み【ネザーランドドワーフ 生後3ヶ月】

カテゴリ:
 以前の日記で、かじり木を新しくしたと書きました。購入したのは以下の商品です。



 購入してから1週間、まったく噛んでくれません。そこではちみつを塗ってみました。ついでに古い方にも。すると、最初は遠巻きに見ていましたが、10分程してまず臭いを嗅いで、ぺろっとなめました。

S__5693442

 食べてる写真なんかが上から撮っているのは、携帯やカメラを向けると、撮ろうと思っている動作を止めてしまうので、見にくいですが上からのアングルです。写真は丁度、かじり木を舐めている所です。

 動画で舐めている様子を見ると、こんな感じです。



 そして、かじっているところの動画です。興味を持ってもらうまでに時間がかかりますが、はちみつ作戦は有効でした。ただかじっているのが古い方ですが・・・




■関連する日記:かじり木の減り方【ネザーランドドワーフ 生後3ヶ月】

カテゴリ:
 以前、うさぎの育児書を読んだと日記に書きました。読んだ本はこれです。



 今回の日記、書き終わって思いましたが、少し長いです。面倒な人は、真ん中のあたりの前置きを飛ばして、下の方を見てください。


 さて、上の本にも書いてあったのですが、ネザーランドドワーフはダッチ(パンダウサギ) と野生のアナウサギの交配種という説と、小型種(ポリッシュ)と野生のアナウサギの交配種の説があります。

 小型種(ポリッシュ)の特徴は、耳が短く、鼻先もつまっていて、丸い顔で体重は900g前後、ダッチは全体に丸い体つきで、体重1.6kg~2.5kgです。写真などは以下の参照サイトにありますが、うさぎの森さんで見た子ウサギたちは、ダッチのような特徴を持つ個体と、小型種(ポリッシュ)のような特徴を持つ個体がありましたので、個人的にはどちらの説も、外見上の特徴を見るかぎりはあり得ると思います。

■参考:ダッチ(パンダウサギ)の性格と特徴
■参考:Yahooキッズ図鑑 ポリッシュ

 さて、今回はここまでが前置き。最初に書いた本に書いてあった遺伝子についてです。昨日、夜勤中に(注:もちろん休憩中です。さぼってませんよ。)ウサギについての見聞を深めていると、ウサギの遺伝子について書いてある記事を発見しました。それみて、上の本の遺伝子のページを思い出しました。

 内容は記憶によるものになりますが、まとめると以下の感じになります。

 ネザーランドドワーフは2系統の遺伝子を掛け合わせています。ダッチを原種に持つ説をとれば、体が大きくなる遺伝子がこちらで、小型の野生のあなうさぎが小さくなる遺伝子となります。
 小型種(ポリッシュ)を原種に持つ説をとれば、体を小さくする遺伝子はこのポリッシュに由来し、大きくなる遺伝子が野生のアナウサギからきていることになると思います。

 分かりやすくするため、この前提条件を知って頂いた上で、大型化する遺伝子をA、小型化する遺伝子をaとします。本でもこんな感じで書いてありました。
 そして、小型化する遺伝子については、これは別の情報源になりますが、致死遺伝子なので、この遺伝子のみを持つ個体は小さくなることの代償として、早死になどの影響がでるそうです。ウサギが原因不明で死んだなどの要因の一つにこれがあると、獣医さんのホームページで紹介されていました。

それで交配していくと、パターンとして
  1. AA 普通の大きさ
  2. Aa 小さくなる
  3. aa 死産または短命

というパターンが考えられます。この遺伝子については、外見のみで判断しにくいのですが、血統書付きであれば、両親の姿を見るとある程度は判別がつくかもしれません。


 前出の獣医さんのホームページでも、うさぎの子は、親の大きさを超えることはほぼありえないと書いてありました。それも考え合わせると、両親が大きい個体の場合、

  • AA × AA → 子は全員、AA 普通の大きさで健康

となります。

 次のパターンとして、片親が小さいペアの場合では、

  • AA × Aa → 子は AA, AA, Aa, Aa

のパターンが考えられます。短命の個体は生まれません。

 最後が両親とも小さい個体です。

  • Aa × Aa → 子はAA, Aa, aA, aa

のパターンが考えられ、この場合、1匹が死産または短命の個体が出現する可能性があります。



 これ、純血種のペット全般の問題の様で、その種類の特徴を濃く受け継ぐ個体を生み出そうとする課程で、奇形や死産または短命の個体がかなりの割合で生まれるようです。

 これを考えると、子ウサギの状態で血統書付きで飼っても、少し大きくなると死んでしまう可能性もあるということです。犬なども、雑種の方が賢くて長生きすることもあるようですし、ウサギも同じなんでしょう。


 せっかく我が家に来てくれた愛らしい家族なので、できれば長生きして欲しい。そう思うと、選ぶ時点であまりにも体重や大きさにこだわるのは、それも選択の一つですが、私としてはもう少しおおらかな気持ちでウサギを受け入れてあげるのが良いような気がしました。


■参考サイト:けい動物医療センター【ウサギ】

■参考資料:うさぎの基礎知識

他 ※夜勤中にみたサイトなので、名前忘れました。申し訳ないです。

「3秒クッキング 爆速○○」篇 【今回はうさぎ、でてきません】

カテゴリ:
 ネットでおもしろい動画をみつけたので、今回はただそれを紹介したいだけの日記です。

 あのお堅いdocomoのCMですが、普段は何のおもしろみもないCM多いのですが、これはおもしろい。ニュースによると、ウェブプロモーション動画「3秒クッキング 爆速エビフライ」篇、「3秒クッキング 爆速餃子」篇が世界最大級の広告賞「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」の3部門においてゴールド(金賞)を3つ、シルバー(銀賞)を2つ受賞したそうです。

 まあ、細かい説明はおいて、みてください。

「3秒クッキング 爆速エビフライ」篇


「3秒クッキング 爆速餃子」篇


「3秒クッキング 爆速餃子」篇 NG集


ウサコッツの体重変動【ネザーランドドワーフ 生後3ヶ月と5日】

カテゴリ:
定期的に行っている体重測定ですが、こんな感じで推移しています。
  • 5月14日 200g ・・・ ペレットを1回20g投与
  • 5月23日 530g ・・・ ペレットを1回25g投与
  • 6月3日 730g ・・・ 6月4日よりペレットを1回20gへ減量
  • 6月12日 835g ・・・ この日よりペレットを1回18gへ減量。牧草の投与方法を変更。
  • 6月16日 833g ・・・ ペレットを3種混合に変更。
  • 6月23日 915g ・・・ 間食を減らす。ペレットを厳密に18g×2回投与に。
  • 6月25日 ・・・ 体重は計測していません。牧草を「イースター セレクションプラス プレミアムチモシー1番刈り 1KG」変更しました。
  • 6月29日 999g
 この推移を見てみると、また80g増えました。成長期もまもなく終了のはずなんですが、ここに来て、すごい勢いで体重増えています。既にネザーランドドワーフの大人の体重です。  なんか、ぞろ目ですね。2回計りましたが、999gでした。

S__5668866

 この写真は本日、さっきとりました。嫁さんのかばんをかじって遊んでいます。これ見て思うのですが、全体的に細くなりましたが、体重は増えている感じです。

 なんかますます、巨大なネズミに見えます。本当はネズミじゃないんだろうかと思います。でも、飛び跳ねているので、うさぎだと思います。丸まっていると、ウサギに見えるんですけどね。

 最近の食事の感じは、牧草を1日3回供給し、完食しています。ペレットは今、下ののみあげています。



 これ、レビューでは高評価でしたが、うちの子は嫌いなようで、何回かに分けてあげた分を食べています。しかしこれ、栄養分の調整としては良いのか、写真のようなフォルムになりました。
 うさぎも太りすぎは病気の元みたいなので、嫌いな感じはしますが、でも最終的に完食はしているので、これをメインに、飽きたら他のを混ぜるという感じで体重管理を継続していきたいと思います。


 これまでの体重管理の推移です。よければ参照してください。

■以前の日記:なんか太った【ネザーランドドワーフの成長期?】
■以前の日記:うさぎのかじり木と、エサの量の調整【不機嫌?】
■以前の日記:ネザーランドドワーフのえさの調整【生後2ヶ月半】
■以前の日記:ウサコッツの体重変動【ネザーランドドワーフ 生後3ヶ月】

トイレにウッドチップ【うさぎのトイレと穴掘りの両立】

カテゴリ:
 先日、ウッドチップを購入しましたが、いまいちうまくいかないので、今度は猫の砂のトイレみたいに使えないかと考えました。

S__5660676

 これ、既に噛み棒が入ってますが、ケージに戻した瞬間に、なぜかウサコッツが自分で持ってきました。うんこも1つしていきました。縄張りの主張でしょうか?ちなみに下の方に写っている灰色の塊がウサコッツです。

 今回の狙いはタイトル通りでウッドチップ掘りながらトイレもしてくれないかなっていうものです。こう思った要因に、以前穴掘り対策で下の写真のように段ボールに入れてみたときに、ここのふちでトイレとおしっこをしていたのを見て、こんな感じでトイレして、ストレスも解消してくれないかなと思ったからです。

S__5537796

 しかし、失敗っぽいです。掘ってくれたのですが、一回おしっこでぬれると、その後このトイレに入らなくなりました。仕方ないので、上にスノコを張り、いままでのトイレの形に戻しました。なかなかうまくいかないものですね。

S__5660677


 ウッドチップについての日記です。よければ参照してください。

■過去の日記:壊されるトンネルハウスと、うさぎの穴掘りぐせ【ネザーランドドワーフ 生後3ヶ月】

このページのトップヘ

見出し画像
×