アーカイブ

2015年08月

スイカを気に入ったウサコッツ

カテゴリ:
 以前の日記で、スイカは下痢になると書きましたが、少量なら大丈夫とも書きました。

 最近、嫁様の実家で多量のスイカを貰いました。以前、桃(種が猛毒と後で知りました)やマンゴーなどを貰った際には、種に果肉がついた状態であげてみましたが、どうやらフルーツは全般的に好きなようです。

 そこで今回もスイカの皮と身を少しあげてみると、写真のように食べました。

S__6283294

 スイカの場合は、他のものと違って、皮はまずいようで、赤い身の部分を中心に食べていました。

 そして最初に書いたように、軟便になりました。写真ではとってませんが、依然書いた盲腸糞(ぶどう便)のようなものを、1日で5個程度しました。これは通常のぶどう便より大きく、しかも粘っこいので、伸びてしまってとるのが大変でした。

 1日あけて、ふたたびすいかあげると、また同じような便をしています。やはり、スイカはウサギのおなかにはよくないようですね。
 

カテゴリ:

 今回はウサギと関係ない話です。

 表題の通り、パイナップルケーキもらいました。おいしかったのですが、箱は嫁様の実家にあげてしまったので、公式HPの画像転載します。


会社は、Chia Te Bakery という会社のものです。 公式HPは、http://www.chiate88.com/ です。

ここの、これまで何回か台湾にいってその都度、色々なパイナップルケーキ買いましたが、他のと比べ、味が濃厚で甘みとバターっぽい味がします。また台湾に行くことがあったら、買いに行きたいですね。

○お店情報:
パイナップルケーキ(鳳梨酥)のお店
佳德糕餅有限公司 CHIA TE BAKERY CO. 
10597台北市松山區南京東路五段88號
No.88, Sec. 5, Nanjing E. Rd., Songshan Dist., Taipei City 10597, Taiwan (R.O.C.)
TEL (02) 8787-8186

カテゴリ:
 ウサコッツの抱きウサギ化計画ですが、反抗期前後で一旦やめていました。というのも、奥さんがかなり深い爪の傷を負ったり、私自身もひっかかれたり、抱き上げた時に落ちそうになったりしたからです。

 最近、抱きウサギ化計画を再開し、いろいろ試した処、どうも一旦ケージの外で遊ばせて、5分ほどほおっておくと勝手に向こうから寄ってくるので、そこで抱き上げるとおとなしくなるとわかりました。

 最初は30分番組を一緒に見て、次はウォーキングデット(45分番組)を1話、その次はプリズンブレイク(45分番組)を2話見てもおとなしく腕の中にいました。 プリズンブレイクを3話見ると、さすがにそわそわしだしますが、最近は安定して2時間は腕の中で抱っこされています。
 しかし、おとなしくしてもらうには、もう2つ条件があります。それは抱いている間、常に撫でていることと、安定した場所を提供することです。抱き方が悪いと当然居心地が悪く暴れますし、撫でていないと落ち着きません。
 もし撫でていないと、私の目をまっすぐに見てきて、それでも撫でないと脱走を試みます。脱走までの限界時間は3分程度です。


これまで行ってきたしつけとともに、抱きウサギ化計画についてまとめると、
  • 小さい頃から抱き癖をつける
  • 最初はおやつやミルクをやりながら、短時間づつ抱く
  • 反抗期には抱っこしない
  • 慣れてきたら、徐々におやつやミルクなどを減らしていって、抱っこされる癖をつける
  • 常に体に触れてやり、ウサギに気にしているよと伝える
  • ケージからそのまま抱くとか、出してすぐに抱き上げない
  • 怖がられないように、必ず手のひらを見せつつ、前方から近付く(背後は死角なので、逃げます)
などの点を気を付けています。もう一つ、やはり信頼関係がない相手の抱っこは嫌がります。常に愛情を込めて接して、ウサギに信頼される関係作りは前提条件として必要だと思います。


 

ウサコッツのプリズンブレイク【脱獄】

カテゴリ:
 先日、ウサコッツ用にペット柵を買い増したと書きました。それから数日運用をしてみると、なんと脱走しました。

 最初は柵の隙間をこんな感じで見てました。

S__6234116

 しばらくそのままにして、その場を離れると、こんな感じで抜けてきました。

S__6234114

  何回か脱走されたので、遠くから見てると、鼻で柵を押して、隙間を広げて脱走しているようです。そこで、100円均のカラビナを購入し、つけてみました。

S__6234115

 しかし、なんとこの状態でも脱走します。なので、今は柵を交差させてからカラビナを装着し、やっと脱走を防げるようになりました。

 それにしても、柵の重さ、ウサギより重そうなのですが、よく押せますね。














 

ペット柵を追加購入しました

カテゴリ:
 今回は、ウサコッツ用にペット柵を追加購入したお話です。

 最近、ウサコッツは柱をかじるのが好きになり、賃貸物件のマンションの壁を片っ端からかじるようになりました。そこでケージから出すときは、常に近くにいて、監視していないといけません。
 しかし忙しい日もあり、そういった日はケージから出して遊ばせる時間が短くなってしまいます。

 そこで、家にダメージをあたえず、かつ遊ぶ時間をたっぷりとれる方法として、ケージの追加購入を思い立ちました。これまでは、ペット柵2つと、少し足らない長さを写真に写っている旅行カバンでカバーし、リビングを2分割してから、ケージの外に出していました。

S__6193154


 この方法でしばらくは問題なかったのですが、ちょうど写真に写っている扉の柱などを噛むようになりましたので、追加購入した柵を、写真のように柱を噛めない位置で配置しました。

 最初は戸惑っていましたが、今は喜んで遊んでいます。買ってよかったですね。
 下の映像は、実際に柵の中で遊ばせている映像です。

 

 今回のペット柵ですが、アイリスオーヤマの下の商品を使っています。足元の色が違うのは、最近モデルチェンジしたらしく、近所のホームセンターから消えたので、仕方なく同じサイズの色違い?を使っています。

 

このページのトップヘ

見出し画像
×