アーカイブ

2015年12月

カテゴリ:
ウサギのメスには、特有の仕草があります。私も今回はじめて知ったのですが、いつもなんでだろうと思っていたしぐさです。

〇牧草をくわえる

ウサコッツは、とにかく牧草を散らかします。そしてケージ内の一部に敷き詰めています。
これ、実は巣作りの為の牧草を集める、メスの本能に由来する行動だったようです。
しかしこの動作、妊娠もしくは偽妊娠で発生する仕草なので、ウサコッツのは、ただ単に遊んでいるだけな気もします。


〇背中をなでると、お尻をあげる

ウサギは成体になり、発情期を迎えます。これ以降のメスは、背中をなでると、伸びをするようにおしりを上げるしぐさをすることがあります。
これ、交尾を受け入れる体勢だそうです。

ウサギは、個体により人間に対しても発情行動をすることがあるそうなので、ウサコッツがこれやってるの、もしかしたらこういう意味かもしれません。


〇自分の毛をむしったり抜いてしまう

我が家では見られませんが、妊娠すると、巣作りの材料にするために、自分の毛を抜きます。
特にお腹の毛を抜き、その後は母乳が飲みやすくなる効果もあるそうです。

気をつけなきゃいけないのは、偽妊娠でも同じ行動をします。もしくはストレスでも同様の行動をとるそうなので、注意が必要ですね。



また、上のメス特有の行動で何度がでてきた偽妊娠ですが、以下のような定義があります。

〇偽妊娠
メスウサギは、子供が生まれる1週間くらい前から、自分の産室(巣)を作る行動が見られます。
この行動が、ホルモンバランスの崩れによって、妊娠していないのに妊娠したと自覚し、行動をとることを偽妊娠と言います。人間でもありますね。

この際によく見られる行動として、
1.神経質になる
2.自己主張が強くなる・・・ぶーぶー言ったりします
3.毛をむしる
などの行動が見られます。

うちのウサコッツはまだないですが、こういった行動があったら、暖かい眼で見守ってあげたいですね。

【感情】ウサギの箱座り

カテゴリ:
今日、別の調べものをしていて知ったのですが、このウサコッツの座り方、箱座りと言うそうです。

S__7258116
 
文章で書くと、うさぎが前足を体の内側に折り畳んで座っている状態です。

写真で見ても分かりますが、眠たそうにしていて、リラックスしている感じです。
これ、実際にリラックスしているときによく見られるそうで、この体勢は、直ぐに動けない状態なので、自分が襲われる危険性がないとウサギが判断して安心しきっている様子です。薄目になっていれば、ほぼ寝ています。

この体勢、ひとつ注意したいのは、具合が悪くてもこの座り方をするそうなので、表情などには注意が必要ですね。 

カテゴリ:
最近、部屋の中でペットサークルに出してあげて用事をしていると、毎回私の後を付いて回るようになりました。
そして決まってこっちを見つめます。
そうなると、親ばかな気持ちがさく裂し、ついつい撫でてしまいます。そして家事は進まない事になります。

この仕草ですが、改めて意味について考えてみたいと思います。
ウサギの販売店さんの複数のブログなどを見ていくと、概ねついてくる動作は以下の意味があるようです。


どうやら、ウサギの愛情表現でもかなり上位の行動のようです。
ウサギがとてもなついていて、飼主のことが好きでたまらないような場合に見られます。
そして、家族のうち一人にだけついていくことが多いようです。


そういえば、嫁さんについて行く事よりも私についてくることが多いような気がします。
多分、主に面倒を見ているのが私だからじゃないかと思います。
ウサギにとって、面倒を見てくれる時間=愛情な部分があるのかもしれません。

カテゴリ:
最近、妻や私をウサコッツが噛む動作をするようになりました。
以前、反抗期にもこのような事がありましたが、私を噛む時は、以前の様に殺気がありません。

そこで、ウサギの噛むという行動について今回は考えたいと思います。
ウサギの販売店さんの複数のブログなどを見ていくと、概ね噛むという動作は以下の意味があるようです。


〇かまって欲しい
こういう時は、甘噛みをします。

〇怒っている
かまって欲しい時の噛み方と明らかに違うのは、血がでるほどの力で噛んでくる事です。
反抗期はこんな感じで、眼も怒ってました。

〇においを嗅いでから噛む
臭いで対照を確認し、噛んでみて更に何かを確認しています。
エサや、新しいかじり木などのおもちゃなどを噛む時は、こんな感じです。

〇相手をねじ伏せようとしている
これをやる時は、ウサギもかなりの覚悟で攻撃しています。
相手にのしかかり(マウンティング)、更に血が出るほど噛む時は、かなり怒っています。


この情報を改めてみて、今日怒ってしまったのを後悔しています。
遊んでほしかったのね、ウサコッツ。

ペットサークルで遊ぶ

カテゴリ:
 最近、立て続けに部屋で放し飼いにしているときに、コードを噛みちぎられたりしたので、最近は遊びはペットサークルの中だけにしています。そうすると直接触れ合う時間が減ってしまいました。

 ウサコッツはかまってほしいときは、自分から寄ってきます。最近はペットサークル内で、じっとこっちを見て、頭を差し出して撫でて欲しいとアピールすることが前より増えました。


 そこで最近は、1日一回、ペットサークルの中に入って下の写真のように座って、ウサコッツの好きなようにさせるようにしました。そうすると、大体膝の上に載ってきて、私の手をなめる、頭を差し出してなでて欲しいアピールをします。一通り甘えた後は、色々なところの匂いを嗅いだり、また膝の上に乗ったりして遊んでいます。

 ちなみに撫でて欲しいときに頭を差し出すしぐさですが、ちゃんと私の手の指の下に頭を持ってきて、自分で撫でるポジションを作ります。

S__7225352

 そうして一通り遊んだあと、飽きると近くから去っていくので、その後はペットサークルで自由に遊ばせるようにしています。そうするようにしてから、以前ほど頻回に甘えてこなくなりました。


 しかし朝一番や、夜勤などで長時間離れた場合は別で、抱っこするとこんな感じでがっつり甘えてきます。頭をぐりぐりと肘に押し込んできて、しばらく撫でてやるまで頭を出しません。

 S__2654293

このページのトップヘ

見出し画像
×