アーカイブ

2017年11月

福井へ鮮魚買付ツーリング(2017年11月中旬)

カテゴリ:
若狭小浜お魚センター」へ、冬の魚を買いに行ってきました。

IMG_5471

市場は7時にあくので、岐阜県を5時に出発、途中琵琶湖北岸の温度計が0℃を指しており、11月の朝は寒いんだなあと改めて思いました。

途中、寒さで予定外の休憩をしたため、7時30分頃に市場に到着。
既に「若狭小浜お魚センター」では多くの魚が売られていました。

事前に調べる時に、ここの市場の写真すくなかったので、多めに掲載しておきます。

■市場全景:
IMG_5476

■売られている魚たち:
IMG_5472

IMG_5473

IMG_5474

IMG_5477

店舗数は少ないですが、観光客向けのぼったくり価格でないのには好感が持てます。
そういった市場は、地のものが少なく、多くの場合解凍したものを売っているので、何のために漁港まで来たのか分からない場合が多いと私は感じております。


本当は11月頃が旬の「若狭ぐじ」(あまだい)を買いに行ったのですが、まだあまりあがってきていないようです。
まがき(若狭のカキ)も時期がまだ少しだけ早かったようです。

そこで今あるなかで、おすすめの魚はどれかと聞いてみました。
すると、刺身ならマトウダイ、なめらが美味しいよと教えてくれました。

■実際に買った魚:(写真中央上部がマトウダイ、中央下段がナメラ)
IMG_5481


大きさわかりにくいかと思いますので、帰ってからとった、ニベアのクリームとの比較画像を添付します。

IMG_5483


早速購入し、バイクに搭載します。

IMG_5479

IMG_5480

帰るころには、日も昇ってきたので、途中(木之本)の気温が8℃と、行にくらべ随分あたたかくなったので、休憩せずに岐阜県まで帰りました。


そして帰ってから、この2つの魚が案外レアな魚だと知りました。

■ぼうずコンニャク 市場魚貝類図鑑:マトウダイ
■ぼうずコンニャク 市場魚貝類図鑑:ナメラ


実際に調理してみると、マトウウダイはかなり多量の刺身がとれ、その肝は焼いてみるとフォアグラのような味がしました。
骨が硬く、うろこがないものの、ヒレが尖っていてケガをしそうでした。

ナメラはかなり淡白な味ですが、少し小ぶりなせいか、捌くのは大変でした。


しかし2つとも大変美味でした。2匹で2000円の価値は十分にありました。

ウサコッツとお散歩

カテゴリ:
冬になって蚊もいなくなったので、ウサコッツと近所の堤防をお散歩してみました。
しかし丁度、堤防の草刈直後で草が刺さって痛かったのか、記念碑的な石の上で遊んでいました。
IMG_5442

風も強かったのもあって、風よけにも丁度良かったのでしょう。
良く見ると、ウサコッツの毛が風で逆立っています。
IMG_5458

そんな強風のなかでも毛づくろいは忘れません。
やっぱり女の子ですね。
IMG_5445

IMG_5448

一旦草地に降りようとしますが、
IMG_5454

強風がまたやってきます。
IMG_5460

反対向いて、再び非難してきます。
IMG_5462

お尻に風があたるので、石の後ろに隠れます。
IMG_5467

そして変えりた気にこっちを見ます。
IMG_5468


また風のない、穏やかな日に散歩したいと思います。

ウサコッツの新しい遊び場

カテゴリ:
数日前の日記で、カーペットへの失禁について書きました。
ウサギをカーペットで遊ばせると、結構後始末が大変です。


そこで、今回は入口の土間と土間収納で遊ばせてみることにしました。
これまで何度か連れてきてはいますが、長時間(10分程)遊ばせるのは初めてです。

まず真中で開放してみました。
IMG_5413

興味深く、周りを見回しています。
なんか居酒屋の中をのれんごしに見ている、おっさんみたいです。

しばらくすると、移動を開始しました。
我が家は上り土間になっているので、段差があり、一段上がってみます。
IMG_5411

そして何かを見つけたようです。
IMG_5410

後ろの土間収納に興味を示しました。
IMG_5408

しばらく、土間収納の中で遊んでいました。
写真は物置で汚いので、撮っていませんが、楽しそうでした。

遊び終えて、満足そうに帰ってきました。
IMG_5407

物がたくさんあるのと、齧れるものが多くあったのが良かったのでしょうか?
楽しそうだったので、またここで遊ばせてみようと思います。

ウサギがズボンを舐める時

カテゴリ:
我が家のウサコッツは、よくズボンの上から足を舐めてきます。
こんな感じで、結構激しくなめてきます。
IMG_5419

IMG_5420

この行為、他の飼い主さんのブログで毛づくろいをしてくれているのじゃないかという見解をみました。
なるほどと思い、調べてみましたが、ウサギ関連の書籍や文献って少ないんですよね。


一応、こんなのを見つけました。
■Exotic Pet Clinic:ウサギの飼育


ここには、指を舐める場合には愛情表現であると書いてあります。


しかし求めている回答ではありませんでしたので、同じペットというくくりで犬の場合を調べてみました。
すると、興味深い見解を見つけました。


どうやらイヌの場合、手を舐める場合は愛情表現であり、足を舐める場合は遊んでほしいというものです。

そういえばウサコッツ、最近あまり長時間一緒にいることがなくなりました。
遊んであげる時間も、1日のうち決まった時間に行う事が多くなりました。

というのも、夏はウサコッツのいる場所は常にエアコンかけているので、私達も一緒に寝ていた為、一日のかなりの時間を視界に私たちが入る位置でお互い過ごしていました。
それが冬になると、ウサコッツが1階で過ごし、私たちは2階で寝るので、ウサコッツが遊んでほしいと、ケージを噛んだりしてアピールしても、私達は気付かない事が多いんだと思います。


今回のことを切っ掛けに、もう少し触れ合う時間を増やしてみようと思いました。

ウサギのカーペットでの失禁の後始末

カテゴリ:
ウサコッツ、カーペットのある場所で遊ぶのが好きなようで、いつも喜んで走り回っています。

しかし良く見てみると、所々失禁の跡が・・・

IMG_5396

IMG_5395

この前などは、見ている目の前で、普通におしっこをされました。
こういった場合、すぐに拭いてもやはり染み込んでしまった尿はとれません。


そこで今回、カーペット用のクリーナーカーペット用のクリーナーを使用することにしました。
商品はこれ。
IMG_5399

こんな感じで、モリモリに持って、付属のブラシで一定方向にこすります。
IMG_5400

するとなんという事でしょう。尿の汚れがなくなりました。
IMG_5402


尚、本来の使用方法では、これくらいの泡しかたちません。
IMG_5403

汚れがしつこかったので、本来より多めに盛りました。
きつめの汚れでも、2回程で綺麗になりました。

このページのトップヘ

見出し画像
×