アーカイブ

2019年10月

福井の秋の旬 アオリイカを買いに行きました -敦賀の相木魚問屋-

カテゴリ:
0月も中旬をすぎ、めっきり涼しくなりました。
そして、そろそろ秋の味覚を楽しむ時期になってきました。

そんな時、私はよく敦賀に魚を買いに行きます。
その時参考にしているのは、福井県の公式にある魚の旬をまとめてあるファイルです。
魚1
魚2
■引用元:http://wakasamon.jp/static/pdf/fish-calendar.pdf

この中で、今回の目当てにするのは、ちょうど今が旬のアオリイカです。
早速バイクでいつも仕入れに行っている、相木魚問屋に行ってきました。
IMG_8799

到着して売り場を見ると、あれ?魚がいつもより少ない・・・
この日は平日(木曜日)の10時頃だというのに、既に魚がだいぶん売れてしまっていました。

これが当日にあった魚たちです。
IMG_8800

IMG_8801

IMG_8802

アオリイカはアオリイカありますかと聞くと、お得意様に卸す用の中から、2杯のみ売ってくださいました。本当は朝一番でに完売とのことでした。
今年はアオリイカはやや不漁らしく、毎朝とりあいになっているそうです。
1杯500円とのことでしたが、2杯だったら900円でいいよということで購入。

これが実際に購入したアオリイカです。
結構肉厚で、甘みがあっておいしかったですね。
IMG_8807

IMG_8808

そしてツバス。これ、200円なんですよ。
ツバスはブリの幼魚です。幼魚といっても、この体格。
3枚卸おろしにしましたところ、200g×2(背側)、100g×2(腹側)の刺身のサクがとれました。
IMG_8804

最初の日は刺身で。残りの部分はあら汁にしてみました。

2日目は下のレシピで鯛茶漬け風にしたのと、カルパッチョと、昨日の残りのあら汁で食べました。





そしてこちらがカンパチ。300円でした。
お店の人は、これが今刺身にするならおいしいよと教えてくれました。

確かに、ツバスよりは癖がなく、おいしかったですね。
後で知ったんですけど、しゃぶしゃぶでもおいしいそうです。
IMG_8805


IMG_8806


ツバス、カンパチ両方捌いてみて思ったのは、捌くならツバスのほうがやりやすいですね。
カンパチは身が柔らかいので、気を付けないと、刺身の淵のほうががボロボロになってしまいました。

ツバスは捌きやすいのですが、少し味に癖があるので、こちらはお店の人もお勧めしていたように、カルパチョとかマリネがよかったですね。

アオリイカは、今年捌いてきたスルメイカ、ケンサキイカに比べ、捌きやすく、味も歯ごたえも一番でした。イカの塩辛を自作したいなら、内臓も損傷させずにきれいにはがせますよ。

■前回スルメイカを購入した時の日記:福井県敦賀市の魚問屋 -相木魚問屋-

やはり時期の魚っておいしい。
そして観光客向けでない店は、安ですね。

ウサギの尿が染みたカーペットをクリーニングする

カテゴリ:
うさぎをリビングで遊ばせていると、毎回困るのが尿問題です。
うさぎはしれっと、さりげなく尿をしていくので、その処理が大変です。

軽度の汚れなら、「リンレイ カーペットシャンプー」などでこすった後に、蒸しタオルとかでふくときれいになりますが、数日たって発覚した汚れは案外落ちません。

ちなみにこれね。
IMG_8778

もう尿が固まってしまっています。こうなると、「リンレイ カーペットシャンプー」でこすっても色は多少残ってしまいますし、匂いもします。

そこで、「アイリスオーヤマ スチームクリーナー」で清掃することにしました。
IMG_8779

これ、もともとは今の家建てる前に、風呂のカビを何とかするために購入しました。
かれこれ5年使用していますが、結構重宝しています。

スチームを当てて、雑巾でこすること3回、こんな感じできれいになりました。
写真は同じ場所です。
IMG_8780

コツは、少しカーペットの毛にスチームクリーナーのノズルをめり込ませることです。
そうすると、尿が浮いてきます。

そしてきれいになった部分を早速狙っているウサコッツ。
IMG_8784

ウサコッツの尿との戦いはこれからも続きます。

我が家の洪水の被災リスクを知ろう -国土地理院の地理院地図-

カテゴリ:
先日の台風19号による川の氾濫、怖かったですね。
私の住む地域でも、昨年長良川が氾濫寸前までいきましたので、他人事ではありません。

一応今の家を買う時には、自治体発行のハザードマップを参考に土地を選びました。
しかしこれまでの想定を超える雨が降った場合、家の近所で冠水する場所はどこなのかを知れば、そこを避けて逃げることも可能です。

そこで地形の高低差をビジュアル的にわかりやすく知るサービスはないかと検索すると、ありました。
それが、この「国土地理院 地理院地図」です。

地理院地図:https://maps.gsi.go.jp/

さすが税金を投入したサービス、味気のないサイトですが、情報は細かい。
使い方ですが、まずサイトを開いたら、右上の「機能」をクリックします。
地理院

断面図をクリックします。
地理院2

この状態で、計測したい部分をダブルクリックすると、そこが始点になります。
計測していきたい個所をクリックしていき、最後にダブルクリックすると、グラフになってでてきます。

例えば、これは木曽三川と呼ばれる「木曽川・長良川・揖斐川」の高低差を表示してみた画面です。
これ見ると、大規模な洪水が発生した場合には、木曽川から揖斐川にかけて水が流れていくことがわかりますね。
地理院3

終わったら、指定をクリアをクリックすると、再び測定ができます。
地理院4

これで、我が家の近くの川からの高低差を示した図をのせてみます。
地理院5

縦軸の長さってのを左右にドラックすると、より高低差が強調されます。
地理院6

もう少し拡大した図を出してみます。
地理院7

家ばれするので、文章で解説すると、この図は最初のが800m縮尺、下のは300m縮尺で、ちょうど我が家はこの図の真ん中に位置しています。

左端の大きな窪みは川です。海抜10mあたりがおそらく普段の川面です。そしてその横が堤防になります。右の端のほうに少しくぼんでいる部分がありますが、これが用水路です。
これを見ると、我が家は海抜12~13m、近所の用水路は海抜11mくらいといったところでしょうか?


こうやって地形を色々な方角から見ることで、土地の高低がよりビジュアル的にわかります。
これから家を建てる方、自宅の状況を把握したい方にはおすすめなサービスです。



また類似サービスで、「地図蔵」の地形断面図というのもあります。こちらは国土地理院のデータをもとに、Googleマップを使用して高低差を出します。
地図蔵

こちらはダブルクリックしなくても、クリックするたびに下のグラフが更新されていきます。
やり直しは画面上のクリアをクリックしてください。
地理院8

水害が増える昨今、自分のおうちはどんな状況か確かめてみられてはいかがでしょうか?

抜け毛が多くなってきたウサコッツ -そろそろ換毛期?-

カテゴリ:
今年の秋も、そろそろ涼しくなってきて、換毛期の季節のようです。
いつもの表を掲載しておきます。
f9d15804

さっそく、ブラッシング。
IMG_8788

もう慣れたもので、動じなくなりました。
IMG_8787

このブラシ、本当によくとれます。
やりすぎると、禿げますけど。
IMG_8791

IMG_8790

うさけつ。ここもブラッシング。
毛がすごい量抜けています。
IMG_8792

うさけつ、アップ。
IMG_8789

季節の変わり目は、ブラッシング大切ですね。

Fire TV Cubeは買いなのか?

カテゴリ:
まもなく(2019年11月5日)に、Amazonは「FireTV」の後継ともいうべき、「Fire TV Cube」を発売予定です。
このところ、Amazonはスティック型に注力し、据え置き型(セットトップボックス型)ともいうべきタイプのFireTVは日本では発売してきませんでした。アメリカでは、今回の「Fire TV Cube」の第一世代を2018年に投入しているので、まったく据え置き型を投入しなかったというのには語弊がありますが、日本においては久しぶりの据え置き型です。

しかし我が家のように、複数の第二世代FireTVを保有している家にとっては、この「Fire TV Cube」は買いなのでしょうか?今回は各世代の性能を検証し、考えていきたいと思います。

まず以下の表に、各世代の比較表を作ってみました。こうやって書いてみると、日本においては据え置き型は2年間隔で投入されているんですね。

商品名 第二世代 FireTV 第三世代 FireTV 第二世代 FireTVCube
発売年 2015 2017 2019
プロセッサ MediaTek MT8173C 64bit クアッドコア2.0 GHz Amlogic S905 64bit クアッドコア 1.5 GHz ヘキサコア(クアッドコア: 最大2.2GHz + デュアルコア: 最大1.9GHz)
メモリ 2GB 2GB 2GB
ストレージ 8GB 8GB 16GB
GPU PowerVR GX6250 Mali-450 MP3 ARM Mali G52-MP2 (3EE)
映像 2160p(30Hz)、1080p(60Hz)、70p(60Hz)
2160p(60Hz)、1080p(60Hz)、70p(60Hz) 2160p(60Hz)、1080p(60Hz)、70p(60Hz)
アレクサ対応 接続されたAlexa対応デバイスでのみサポート 接続されたAlexa対応デバイスでのみサポート
イーサネット 10/100Mbs 10/100Mbs イーサネットアダプタ同封
Wifi 802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO 802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO 802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO

では早速要点をまとめていきましょう。

大きく進化した部分 -CPU-
2015年に購入したFireTVから比べると、クアッドコア(4個のコア内蔵)からヘキサコア(6個のコア内蔵)になり、動作クロックもあがっています。ただコアが増えれば速度が上がるわけでもありませんので、この増えたコアをうまくFireTVのOSが使いこなせるなら、体感速度も大きく上がると思います。

大きく進化した部分 -AmazonEcoとの統合-
Echo」との機能の統合がされ、スマートスピーカーとしても使用できるようになりました。また赤外線の送受信機が付属しており、TV、サウンドバー、AVアンプと接続し操作も可能のようです。
r-cp-sb

r-cp-avr

大きく進化した部分 -色々セパレートになった-
fire-tv-cube

Fire TV Stick」は発熱問題とネットワークの不安定さがレビューでも散見されました。
Fire TV Cube」では、写真のように、赤外線、ネットワークアダプタ、電源(AC)が分離されたことにより、接続は面倒になりましたが、発熱やいらないパーツを外しておくことができるようになりました。
有線LAN使わない人には、ネットワークアダプタいらないでしょうし、赤外線が分離されたので、本体を目立たない位置において、赤外線の送受信機のみテレビボードの上に置いておくなどすれば、リモコンの反応もよくなると思います。

気になる点 -マイナス要因-
CPUとストレージは強化されたんですが、メモリが2GBが処理速度の向上のネックになると思われます。メモリ不足になったら、ストレージのほうでスワップするなどするんでしょうか?


結論 -FireTV保有者は買い替えに値するのか?-

Echo」を試してみたいユーザー

まず「Echo」を保有していないユーザーは買いだと思います。
しかし「Echo」をすでに保有しているのなら、買いかどうかは、以下のポイントにかかってくるかと思います。

処理速度に不満がある

FireTVの第二世代を使っている我が家からすると、リモコン操作への反応がアップデートの度に遅くなっているような気がします。この反応の遅さが気になるなら、買い替えの対象となるかと思います。
Fire TV Stick」も反応が遅いとのレビューが多くあったので、これへの買い替えを躊躇していた私のようなユーザーにはよい選択肢かと思います。


以上が比較をしてみて感じたことをまとめたものになります。
値段が14000円しますが、我が家の場合は今のところ、処理速度の向上がどの程度なされるのかによって購入を考えたいところです。




第2世代 FireTV(2015)
https://developer.amazon.com/ja/docs/fire-tv/device-specifications.html?v=ftvgen2 

第3世代 FireTV(2017)
https://developer.amazon.com/ja/docs/fire-tv/device-specifications.html?v=ftvgen3

第一世代 Fire TV Cube(2018) ※アメリカでは2018年に発売
https://developer.amazon.com/ja/docs/fire-tv/device-specifications.html?v=ftvcube

このページのトップヘ

見出し画像
×