アーカイブ

2020年04月

カテゴリ:
テレビでこのようなことをやっていました。我々中高年にとっては、ショックです。
でもそこで興味がわきました。今の若い人々は何を履いているのか?

ただこういった記事はかなり広告よりのものが多く、特に「今年の夏に流行るのはこれ」とか春のうちに書いているような記事は、多くの場合「流行ってほしい」もしくは「流行らせたい」という内容のものだと思いますので、2019年の記事を複数見て、今どきの流行りを追ってみたいと思います。

スキニーデニムパンツとジーンズ
昨年の記事を見る限り、一番多く見たのはデニムスキニーパンツでした。
あれ?デニム?これってジーパンでは?
そんなことも思いましたが、例えばこんな感じのがデニムスキニーパンツだそうです。


ジャズドリーム長島という東海地方のショッピングモールに3月末に行くことがあったので実際にみてみると、確かに多くいます。こんな感じの人。

多分、おじさんの履いているのはこういうイメージの、いかにもという感じなんでしょうが、こういうのにおじさんを感じるんでしょうね。


ショートパンツ
これも寒いのにいました。ジャズドリーム長島に。
こういうイメージのです。


そういえば、霜降り明星のせいやさんはよく、ショートパンツを履いていますね。

クロップドパンツ
もう40代のおじさんの私は聞いたこともないワードです。
こういう、裾を上げた感じのパンツをいうそうです。



ただこれは夏向けのコーディネートのようで、あまりジャズドリーム長島では見かけませんでした。

まとめ
コロナウィルスの影響で外出を控えておりますので、実際に街で人々を観察したのはジャズドリーム長島で見かけた割合は、3月末でまだ寒かった影響もあってか、

スキニーデニムパンツ・・・8割
その他・・・2割

そんな感じでした。寒い中、うえで挙げたショートパンツやクロップドパンツも少数ながら見かけました。
それにしても最近の若い子(既にこの発言がおじさんなのですが)は、体が細いですね。

私はジム通いで足が逆に太くなってしまって、あんなに細いパンツは残念ながら履けそうにありません。悲しいですね。

くつろぐウサコッツと、警戒するウサコッツ

カテゴリ:
この写真は、ウサコッツのそばで寝そべっている妻が撮影しました。
この位置、お気に入りみたいで、リビングではよくここで寝そべっています。
11766819701986

でも少しでも動くとすごい勢いで逃げていきます。
11766819714785

やはりウサギ、素早いですね。最近は逃げ方もうまくなって中々捕まえるの大変です。

ハーレーがApple CarPlayに対応、知りませんでしたけど、HONDAのゴールドウィングは既に2017年から対応済み

カテゴリ:
ハーレーがApple CarPlayに対応するそうです。
2020_03_17_sato_nobuhiko_021_image_01
■引用元:CNET Japan

動画もあります。


手袋をしていても使えるそうです。


これみて、えーすごいなーとか思ってたら、国産のゴールドウィングは既に対応していたんですね。
こちらがゴールドウィングの画像。
180123goldwing-25-w1280
■引用元:GIZMODO

そしてこちらの方が使いやすそうです。
というのも、操作用スイッチがある。
180123goldwing-295-w1280

ああ、ホンダってなんて気が利くんでしょう。
操作する画面は、ハーレーと同じスピードメーター内にあります。
180123goldwing-99-w1280

CarPlayで起動するアプリは、電話、ミュージック、マップ、メッセージ、PodCast、オーディオブック、Amazon Music、SpotifyなどCarPlay対応のアプリとのことです。これを2018年に対応しているのって、すごいですね。

KawasakiやSuzukiも見習ってほしいものです。



ウサコッツと同じ色のスリッパ

カテゴリ:
妻の履いているスリッパとウサコッツ、色が似ています。
丁度重なる感じで写真が撮れたので掲載します。

11778968320965

ウサコッツが見ている方向は、私が洗濯物を取り込みに行くときにでていった扉です。
寂しがりやなんです。ウサコッツ。

あつまれ どうぶつの森 ツール類

カテゴリ:
みなさん、どうぶつの森でのスローラーフ楽しんでいますか?
どうぶつの森、最初は木を切っていても、虫を採っていても楽しいんですけど、いろいろとできることが多い分、何していいのかわからなくなってきました。

そこで今回はどうぶつの森を楽しむうえで便利なツールをご紹介します。

自分の島をデザインする -Happy Island Designer-
詳しい使い方は、以下引用元記事をご参照ください。

■記事引用元:GIGAZIN

ここでは、簡単にこのサイトの機能を紹介していきます。
このサイトは、簡単に言えば都市計画をしてみようというツールです。

あつまれどうぶつの森では、橋を架けるにも、家を移動させるにもお金が要ります。
それを集めるのは、普通にプレイしていると結構しんどいです。

しかしあらかじめ何処に何を配置するのかというイメージがしっかりしていれば、最小限のお金で開発が可能です。

この「Happy Island Designer」というサイトを開くと、こんな画面がでてきます。
01

この上に建物を置いてみるわけです。

s09_m

後はイメージ通りにストーリーをすすめていって、後に島エディタが使えるようになったら更に道路や橋などを架けていけばいいわけです。
しまった・・・ もうすでにある程度開発してしまって、導線とか全体像で把握しずらいので、へんな感じで開発してしまった・・・ もう少し早く知っていれば、最初に都市計画したのに、残念です。

自分の島をデザインする -ドット絵ナニカ-
どうぶつの森では、32×32ドットの絵を何個か登録し、自由に服に張り付けたり、地面に置いたりできます。でもドット絵なんて描いたことない人が大多数だと思います。

そこで変換サイトです。
やり方は簡単。

このリンク「ドット絵ナニカ」からサイトに移動して、画像のように「どうぶつの森」モードを選択した状態で画像を読み込むだけです。
なにか

後は変換をクリックするとQRコードが生成されますので、それを自分のスマホの「タヌポート」のアプリで読み込ませれば反映されます。
コツはある程度色の変化のすくなく大きめの画像を読み込ませることです。

島メロを作成 -Island Tune Creator-
島で流れるBGMをブラウザ上で作成できるのが、「Island Tune Creator」です。
ゲーム内でもでてくるような画面で作曲し、曲はシェアできます。

391520

画面下の方に「Showcase」ってのがありますので、そこに作曲済みのが数曲あります。

SHow

音楽の才能のない私にとってはありがたいですね。


以上3つが調べてみて面白いな、便利だなと思ったツールです。
みなさまもよければ一度見てみてください。

 

このページのトップヘ

見出し画像
×