カテゴリ:
 少し前に、ぶどう糞について書きました。実際に写真にとることができたので、掲載してみます。

 下の写真のウサコッツの前にある糞の真ん中がぶどう糞(盲腸便)です。特徴は、ぶどうの房のように、通常より小さい粒から構成され、かつ粘液?に包まれています。匂いは通常より強めです。
 通常はお尻から直接食べますので、飼い主さんの目に触れることがないといいますが、ウサコッツの場合、なぜか数日に1回はこんな感じで床にしてから食べています。
 さて、なんでこの食糞の習慣があるのでしょうか?それは、体内の常在菌などにより作り出されたタンパク質とビタミンと多くの微生物を含んだ便なので、これを口から再吸収しているようです。

IMG_2370

 こんな感じで食べてます。写真だと1回で食べきっているように見えますが、数回に分けて食べています。

IMG_2369

 さて、この盲腸便、粘液状のものにつつまれている特性上、運が悪いと毛に絡みついていることもあります。今日は盲腸便がケージ外で1回、ケージ内で1回あり、その上に寝そべっていたので、右の首筋に埋まってしまった盲腸便が・・・

 ブラッシングしましたが、細かくなった盲腸便が髪に分散してしましました。そこで本日は入浴を試みることにしました。