カテゴリ:
ウサコッツは現在6か月、人間年齢でいうと、17歳に相当します。
反抗期、思春期も過ぎ去り、一時期ほど餌を食べなくなりました。

現在は以下のペレットと牧草を使用中ですが、消費量をAmazonの注文履歴から見ると、先月はペレット1袋と牧草2袋です。特に牧草の消費量が減り、ペレットを好むようになりました。




 
しかしペレットは問題点として、歯を削る効果が薄く、ウサギの歯のかみ合わせの病気の遠因になりがちです。そこで我が家では、ペレットは動物病院の推奨(※所説ありますので、あくまで参考程度に)である、18g×2/1日とし、牧草を常に供給するようにしています。
こうすると、おなかがすくので仕方なく牧草を食べています。

また以前も書きましたが、段ボールの遊具を与えなくなってから、牧草の消費量があがり、便の性状も、通常のコロコロ便に戻りました。やはり、牧草を食べてしまっているのが問題なんでしょう。

これからも、適切な牧草の消費量を維持すべく、餌の量の管理を行っていきたいです。