カテゴリ:
以前の日記で紹介したドラマです。紹介時は、シーズン2の途中を見ている状態で書いていました。

このアンダー・ザ・ドーム、シーズン3にて打ち切りになっています。
大雑把な流れをかきますと、シーズン1~シーズン2が、突然のドーム出現から生き残りをかけた醜い争いなど怒りつつ、何とか脱出路を見つける所までとなっています。
そして問題のシーズン3、この冒頭部分でいきなりドーム生活を終えて1年後の世界が始まっていますが、これ、多くのドラマやアニメで使われる夢オチなんです。この夢、ドームが見せていた夢で、そこから生み出されるエネルギーを使って何かをしようとしていたようです。

このシーズン3、冒頭の夢を見ていた影響で、これまではサバイバル的な要素と人間の葛藤が面白かったシリーズをぶち壊し、集団洗脳状態下にある集団を描いていくドラマに変貌してしまいました。
作者的には、万が一シリーズ復活となった時の為にか、一応すごくわかりやすい、ラスボスが実は生きていたというシーンを最終話で描いて終わります。

■こんな感じで集団行動します:
main
 
打ち切りになった理由は明確ではありませんが、盛り上がりにかける展開になってしまったことが要因でしょうか?
これをシーズン3まで見られた方は、どのように感じられたのでしょうか?


ストーリーに関係なく、個人的に注目していたのが、ディーン・ノリス演じる「ジェームズ・"ビッグ・ジム"・レニー」です。この役は、典型的な魅力ある悪役です。

なぜこの人に注目したかと言いますと、以前日記にかいた、「ブレイキング・バッド」で、気のいい親戚のおじさん役(ハンク・シュレイダー)として出演していたからです。 

演じている雰囲気は画像では伝わりづらいかもしれませんが、なるべく判りやすい画像をもってきましたので、見てみて下さい。

■ブレイキング・バッド 「ハンク・シュレイダー」役 自分の顔入りビールを作って喜んでいるシーン:
breaking-bad-Hank-Schrader03

■アンダー・ザ・ドーム 番宣用画像?
ダウンロード

表情と雰囲気だけで、これだけの差が出せる俳優、すばらしいです。