カテゴリ:
ウサギのマフマフ、中々触らせてくれませんよね?
ウサギは頭以外の場所を例え飼い主と言えども、気軽にさわらせてくれません。

しかし我が家では、長年の信頼関係の構築を経て、最近では耳の後ろやマフマフを触らせてくれるようになりました。
しかし触るときには作法があります。

本日はその方法を写真付きでお送りいたします。

まず、これくらいリラックスしている時を狙います。

IMG_5049

そして名前を呼んでみましょう。
こんな感じで興味津々でやってくるときは、遊んでやっても良いよというサインです。

IMG_5077

少し背中をなででみましょう。

IMG_5376

ここまでして逃げなければ、後は膝の上にのせてみます。
そして頭をなでてみます。

IMG_5363

だんだんとうっとりしてきたら、なでる範囲を拡大していきます。
写真は耳の後ろをなでているところです。
頭をなでて、ここをなでさせてくれたら、しめたものです。

IMG_5368

片手で頭をなでつつ、少しまふまふを触ってみます。
少し嫌がっていますね。

IMG_5360

ちょっとなれてくると、こんな感じにふてぶてしい顔になってきます。

IMG_5359

しばらく続けていると、もはや抵抗しなくなってきます。

IMG_5356

ここまでくると、まふまふだけを触ってももう怒りません。

IMG_5353

荒業、ダブルまふまふなでなでを発動してみます。

IMG_5348

嫌がっていない顔していませんか?
正面から見ても、もう好きにせいという感じの顔をしています。

IMG_5349

こんな感じで、段階を踏んでなでていくと、結構いろいろな所を触らせてくれます。
5分以上かけてゆっくりとなでてあげると良いかと思います。