カテゴリ:
2017年9月に届いたOculus、9ヶ月が経過しました。

購入当初は、日記「Oculus Rift -いらない眼鏡を簡単装着-」に書いたように、いらない眼鏡を分解してはめ込んでいました。これで見えることは見えますが、長時間プレイすると、眼鏡が少しずつずれてくるんですよ。

この少しのズレ、結構ストレスになるんです。そこで、今月は小遣いにまだ余裕があったので、リーフツアラーを買ってみることにしました。

リーフツアラー 度付き レンズ 水中マスク用 レンズ フレーム RA0508
この画像の商品が「リーフツアラー レンズ フレーム RA0508」です。
レンズは別売りとなっていて「リーフツアラー レンズ RA0507-6.0」を購入します。左右兼用ですので、必要な度のものを選んでください。


これ、Oculusに限らず、HTC VIVEにも使えるようで、VRゴーグルと親和性が高い商品だそうです。
ただ2つ大きな欠点があるので、導入に二の足を踏んでいました。

1つめは、乱視に対応していないこと。
2つめは、レンズに触れるくらいの位置にセッティングするので、VRゴーグルが傷つく可能性があることです。

乱視については色々悩みましたが、ジムで使っている水泳用のゴーグルが乱視なしでも見えているので、ダメもとでトライしてみることにしました。
ちなみに私の度数はこんな感じ。最近かった「JINS」という眼鏡屋さんは、購入した眼鏡の度数をアプリでみることができるので、これを参考にレンズを選びました。
IMG_6349

私はいままで眼鏡屋で乱視が強いといわれてきましたが、「CYL」(乱視の度数)を見ると、実はそんなに強くない乱視だったようです。

レンズの度数は、左-2、右-3を購入してみました。
IMG_6348
※一番左がフレーム、右二つはレンズです。


これを選んだのは、既に「リーフツアラー レンズ フレーム RA0508」を使用している人のブログを複数みると、焦点距離が近いので度数は低めで大丈夫と書いてあったからです。


しかし実際に使ってみると、どうも視界がぼやけます。
多分、乱視の影響もあるんでしょう。

そこでもう一枚レンズを買い足し、左-3、右-4という構成にしてみました。
レンズは左右兼用ですので、買い直しは「-4」1枚のみです。

すると、かなりクリアに見えるようになりました。
私の乱視の度数「-0.75」「-1.25」程度の乱視なら、近視用の度数をあげることで何とかカバーできるようです。


そしても一つの問題、傷です。
傷は9ヶ月使ってきて、レンズの違和感で長時間使えない状態が続いていたので、傷はしかたないと割り切って使うことにしました。

一応レンズの保護フィルムもあるようですが、現在はAmazonでは取り扱いを停止しています。

装着してみるとこんな感じです。
IMG_6425

横から見ると、ほぼレンズに触れる距離なのがわかります。
もう少しアップで撮ってみます。
IMG_6424

この距離感なので、装着していて邪魔な感じは一切ありません。
フレームがこんな感じですので、爪がしっかりとレンズをホールドしていますから、そんなに動いて傷つくような感じは今のところありません。
IMG_6351

装着して一週間くらい経ちますが、今のところ、買ってよかったと思います。


尚、通販で購入する場合、私は最初「Yahoo!ショッピング」経由で購入しましたが、到着まで1週間かかりました。
後でAmazonでも売っていることに気づいて、プライム会員な私は、お急ぎ便で購入した所、送料無料で翌日には到着しました。

しかも発送元は同じ販売店で、Amazonにはカラーバリエーションでグレーのフレーム(Yahoo側は売り切れ扱い)もありました。
同じ店が発送しているのに不思議ですね。