カテゴリ:
先日の日記「ウサコッツの首に腫瘍のようなものを発見」にて、頸部右側に腫瘍のようなものを発見したと書きました。
この写真で見るとわかりやすいですが、左側(ウサコッツ目線で右側)、膨らんでいますね。
10932581427455

早速動物病院の予約をとって、診察に行ってまいりました。
今回行ったことは、この明細書を見るとわかりやすいので、掲載してみました。
img20191120_13202466-2

最初、獣医さんは悪性腫瘍を疑いました。
理由は急速に大きくなっていることを挙げられました。そしてもし悪性腫瘍であった場合には、既に骨まで浸潤している可能性があり、最悪右手を失うと告げられました。

これは薄々私も考えていましたので、腫瘍発見からすぐに病院に連れて行ったんですが、この時点でそこまで重症化しているかもとは予想外でした。

下の図は人間の場合ですが、3cm(今回計測してもらったら大きさは3cmでした)はあの腫瘍がすべてがんだった場合、増殖期に入っていることを示しておりまして、説明を聞きながら転移も覚悟しました。
pet_02
■引用元:PET検査ネット

といいますのも、人間の場合、頸部に癌ができると、リンパ節を通って全身に転移するからです。
ここまでの説明を聞いた時点で、死も覚悟しました。


しかしながら、獣医さんがエコー検査を行うことを提案し、実施いたしました。
動物の場合の適切な画像がなかったので、例としてエコーにて腫瘍を撮影した場合の人間の画像を引用いたしました。
kensa05
■引用元:なかやまクリニック 甲状腺腫瘍の画像

この写真は血管エコーなのですが、赤や青で写っているのは血流がある部分になります。
しかし、ウサコッツの場合にはこれがほとんどありませんでした。

そこで組織を採集して顕微鏡検査を行いました。
ここでわかったのが、現時点では膿の可能性が高いということでした。
見えていたのが、白血球の死骸と、細胞の死骸がほとんどでした。

とはいえ、癌ではないと完全に言えるわけではないという説明もありました。
どこか体の奥深くにある癌が要因ででてきた膿が肩に溜まっているという可能性もないとは言い切れないとのことでしたが、何事も完全に断定するのは難しいと思いますので、経過を見ていくしかないと私も思います。


最終的に、抗生物質を1週間投与して経過観察となりました。

尚、今回使用している「バイトリル」という抗生物質、調べてみると動物用で幅広い菌に有効な物だそうです。ウサコッツはミルクに混ぜて本日は投与してみました。