カテゴリ:
The Last Kingdam の新シーズン、ネットフリックスに来ていますね。
シーズン4を見終わりました。
今回はエドワード長兄王時代についての物語になっています。The Last Kingdom は、史実に着想を得た物語となっています。実際のエドワード長兄王はどのような人物であったのか、調べてみました。

即位までの経緯 -シーズン3までの内容-
The Last Kingdam のシーズン3では、先王アルフレッドの死とこれに伴う王位継承戦争について描かれていました。史実でもこれは起こったようで、シーズン1と2でアルフレッド王と王位継承権を争ったり、邪魔したりしていたエセルウォルト(アルフレッドの兄)が、王位継承を主張し、エドワード長兄王と戦いました。

年代記を見ると、900年にエドワード長兄王が戴冠、これに反発したエセルウォルトは、ドラマ内にあるようにデーン人を扇動し、901年に戦いを挑みます。しかし敗北し、処刑されます。
これによりウェセックスは再びエドワード長兄王の元で統治されることとなりました。

ここまでがシーズン3の内容です。
以前書いた日記で、シーズン3までの内容を元に少し解説書いています。興味ある方は見てみてください。
■過去日記:The Last Kingdom を見て面白かったので、ウートレットの生涯について調べてみました

即位までの経緯 -シーズン4の内容の背景-
シーズン4は、エゼルレッドの北征に端を発するマーシア王国はその首都を占領され、これにエドワード長兄王の姉、エゼルフレドが民兵を招集し、戦いを挑むという流れになります。

あまり詳しく話すとネタバレになりますので、今回は物語にでてこなかった背景について語りたいと思います。

まず下図は西暦900年のイングランドの勢力図です。物語ではマーシア王国は独立した国として描かれていますが、解釈は多くあるものの、アルフレッド大王の盟友エセルレッド2世が即位した時点で、ウェセックス王国の保護領化したというような扱いをしているソースが多くありました。
なので、この地図も、マーシア王国の版図はウェセックス王国の一部として描かれています。
MapAD900

話の内容より、おそらくはこのシーズン4は西暦900年~913年くらいの間の物語だと思います。
この頃の歴史を調べてみても、結構あっさりとした記述しかありません。

シーズン4の最後にウィンチェスターの開放を成し遂げますが、このウィンチェスター、どうやらこの時代何度か陥落しているようです。ただ910年にウェセックス・マーシア連合軍にデーン軍が大敗北を喫するという記述が年表にあり、おそらくこの連合軍がシーズン4最後の戦いのようにも思えますが、マーシア王国軍が旧領内のデーン軍を一掃するのが916年とありましたので、物語のセリフから、916年ころまでのお話かもしれません。

これ以上は年表を見ない方がいい -シーズン5の内容がわかってしまった-
もしシーズン5があるのなら、ここから更にドラマチックな内容になりそうです。
年表を見ていると、おそらく後継者争いが再びあったり、マーシア王国が大変なことになったりしそうな予感がします。

でも今後の展開をネタバレしたくない皆様はあまり深追いしない方がいいかもしれません。
背景をしりたくて色々調べるうちに、だいぶん先の話の背景を知ってしまいました。

ああ、調べなきゃよかった。