カテゴリ:
VRのヘッドセットに、大変気になるものが加わります。
それがこのHPの「reverbG2」です。
hp-reverb-g2-9
コントローラーはこんな感じ。
ダウンロード
この「reverbG2」、何がすごいのかと言いますと、コスパの良さです。
現行(2020年7月時点)で個人ユーザーが購入できそうな範囲でのハイエンドな製品は「VALVE INDEX」ですが値段がとにかく高い。

そして現行のVRの問題点で大きいのが、解像度不足による違和感です。
私は「Oculus Rift cv1」を保有しています。さすがに4年前のヘッドセットなので比べるのもどうかと思ったりもしますが、昨年発売された「Oculus Rift S」のレビューを見ていても、やはり視界の中に網目状のものが見えてしまう現象は改善されていないようで、これは解像度の不足によるものが大きいと思われます。

HPの公式URLの画像では、これがかなり改善されるとうたっております。
reverb_view

他のスペックで判明している部分も、最近出ている中で主要なVRのヘッドセットと比較してみました。

  reverbG2 Rift Rift S VALVE INDEX
解像度2160x2160×2
LCDパネル
1,080×1,200×2
OLEDパネル
※ペンタイル配列
1,280×1,440×2
LCDパネル
1440×1600×2
フルRGBLCD
レート 90Hz 90Hz 80Hz 120Hz(144Hz)
視野角 114度 110度 110度 130度
サウンド 5ヘッドホン一体型 ヘッドホン一体型(着脱可)スピーカー内蔵 ヘッドホン一体型
トラッキング 内蔵式光学カメラ×4 外部センサー内蔵式光学カメラ×5 外部センサー
IPD調整 ハードウェア側 ハードウェア側 ソフトウェア側 ハードウェア側
重量 約500g 約470g 約470g 約748g
発売 2020年秋頃 2016年3月 2019年5月 2019年6月
価格 599ドル 販売中止 49,800円 125,800円

VALVE INDEX」と比べてありがたいのは、トラッキングが内蔵光学式、つまりはトラッキング用のステーションを別途設置しなくてもよいことです。解像度もちょうど1.5倍あります。
軽いのもありがたいですね。結構VRのヘッドセットって長時間使うと、首つかれるんですよ。

価格もスペックの割には抑えられています。「VALVE INDEX」の半額ですからね。

ただPCの要求スペックが高いのが少し難点です。
VALVE INDEX」公式の推奨スペック、NVIDIA GeForce GTX 1070以上に対して、「reverbG2」は最高画質でのプレイでは、NVIDIA GeForce RTX 2070 Super以上を要求しています。
まじですか。うちの環境では既に無理・・・

とはいえ、楽しみなVRヘッドセットであることは事実です。
モニタの網目がどの程度改善されたかのレビューが出回ったころに、購入検討したいと思っています。