カテゴリ:
運動にせよ、趣味にせよ、続かない人多くいると思います。
私の妻も、結構飽きっぽいと言いますか、新しいことを初めてはしばらくすると止めてしまいます。

そんな飽きっぽさと3日坊主についても、やっぱり研究している人はいるんですね。
今回は「3日坊主」にしないためにお勧めすることをお送りいたします。

結論 その1 -習慣化に必要な期間-
この期間については賛否あり、また研究者によっても(被験者群)によってもかわりますが、ロンドン大学のフィリッパ・ラリー博士の論文と、ビクトリア大学の論文より、おおむね2か月(論文での平均値は66日)は続けるのが目安となるそうです。

また習慣ごとにその平均も変わっていて、簡易なものは短く、複雑なものほど長くなる傾向があるようです。

行動習慣(読書・勉強・ブログなど)…1ヶ月
身体習慣(ダイエット・運動・早起きなど)…3ヶ月
思考習慣(論理的思考・プラス思考など)…6ヶ月

ですから、新しい趣味や運動習慣などは3カ月くらい続けばそのまま習慣化し、苦にならずに続けられるようです。

結論 その2 -習慣化のためにおすすめすること-
習慣化するためには、小さな目標を積み重ねるのが有効のようです。この項目は「考え方で絵は変わる イラストスキル向上のためのダテ式思考法」を参考に、他サイトの情報を混ぜ合わせてまとめました。

1.目標を設定するときは、2つ以上の目標を最初に立てない

ゴールをひとつづつクリアし、一つ達成ごとに新しい目標を立てます。そのために、最初にゴールの目標と途中で達成する目標をきめて、段階的に目的を達成していきましょう。

2.最初は時間を短くする

最初から無理な目標を立てると、達成できなかった時に心が折れます。ですので、最初は30分くらいから初めて徐々に時間を増やしていくなど、本人にとって苦痛でない時間を設定します。その代わり、その間は、何かしながらではなく、そのことに集中してください。

3.さぼるのは1日まで

いざ始めてみると、人間はできない理由を探してしまうものです。今日はなんとなく体調が悪いとか、今日は夜勤があるからとか言って、自分を説得するのです。でもそれなら時間を短くしてでも、〇〇日続けられたという達成感を得るために頑張ってみるのが良いかもしれません。

4.上達したところ、達成できたことを自分でほめる

特に運動習慣や趣味は誰もほめてくれないことの方が多いです。ですので自分で自分をほめる習慣をつけるのも大切なようです。

5.周囲の人に宣言する

この方法は、心理学の「一貫性の原理(または一貫性の法則)」とは、「自分の態度・発言・行動などに“一貫性”を持たせたい」という、多くの人が持っている心理的な傾向性だそうです。自分が周囲に話したことに対して、
・状況に応じて態度がコロコロ変わったりしない
・前言った事と今言ってる事が矛盾していない
・前やってた事と今やってる事が矛盾していない
ように、多くの人は無意識に行動するようです。
これを利用すれば、周りに宣言した以上、さぼるときにも矛盾のない言い訳を考えなくてはならず、それくらいなら短時間でも続けようという意識づけができるかもしれません。

6.成功した時の自分を想像する

今自分が習慣化したいことは、何故それをしたいのかという問いに答えられる人は、成功したのちに自分がどうなりたいかビジョンがしっかりしている状態だと言えます。
目標を細かく細分化するときもそうです。小さな目標を達成したら何ができるようになるので、次はこれをしようとなるためには、目標達成後の自分が想像できないと、ただ何となくやっているのでやる気が落ちやすいと言えます。
例えば運動を習慣化する人は、何故と聞かれればやせたいからと答えるでしょうが、では何のためにやせるのと聞かれた時、水着を着たいとか、モテたいとか明確に目的がある人は、習慣が続きやすいそうです。逆に痩せたらなんとなくいいくらいでやっている人は、途中で効果が中々出てこない時に、あきらめやすい傾向があります。

まとめ
習慣化するのに一番労力を使うのは、始めることだそうです。
下は「考え方で絵は変わる イラストスキル向上のためのダテ式思考法」の本の中の挿絵ですが、左側に始める才能というのがあります。まずはこれが一番労力がいるそうです。誰だって面倒なことしたくないですしね。
ダテナオト2
もし始めることができたなら、楽しみながら続けることができると最高ですね。
これができたなら、後から才能は開花します。

芸術分野や発明などのように、一見してひらめきや才能が要りそうな分野でも、実はそこに至るまでには、始める才能が必要なんです。
今よくテレビで見る「藤井聡太」さんも、才能に恵まれている部分もありますが、そこに至るまでには将棋づけの人生を歩んできた部分を忘れてはいけません。ある分野の天才も、最初の一歩を踏み出さなければ才能は開花しませんから。



■参考:ライフハッカー 新しい習慣を定着させる3つのルール