カテゴリ

カテゴリ:バイク

買ってみました 車にも自転車にも使える電動空気入れ 「ブラック・アンド・デッカー」の「トリプルパワーソース電動マルチ空気入れ」

カテゴリ:
我が家には問題がありました。それは玄関で置物と化している、妻のロードバイクです。
これ、頻回に空気が抜ける癖に入れるのも大変という代物で、そのために空気抜けたままで飾りになっていました。

もう一つ、私のバイク「Ninjya1000」は先代の「Ninjya9R」に乗っていたころからそうでしたが、ガソリンスタンドで空気圧の調整をしようとしても、フロント側がディスクブレーキが大きくて、セルフのガソリンスタンドはもちろん、有人のガソリンスタンドでも空気を入れられないと言われることが多くありました。
そのため、毎回バイク屋で何かするときに一緒に空気を入れてもらうようにしていました。
ただ空気ってやっぱり抜けていきます。特に夏に調整した空気圧が寒くなると圧が落ちます。

これを解決すべく、「ブラック・アンド・デッカー」の「ブラック&デッカー 電動マルチ空気入れ (トリプル・パワーソース)」の購入を検討していたところ、Amazonのタイムセールで3000円OFFとなっていたので、買ってしまいました。

今回はそのレビューです。

自転車の空気入れについて -注意点なども含めて-
うちの奥様のロードバイクはこの形式です。
tube_valve02

これの面倒なところは画像内にもあるように、空気を入れる時に専用の金具が必要なところです。
うちのロードバイクはこのポンプ口金が一つのみついてきているので、入れる時にいちいち外して空気を入れたい方に付け直さないといけません。
しかも購入時に1週間に1回は空気を入れるようにと言われました。面倒です。

ブラック&デッカー 電動マルチ空気入れ」は便利なことにこのポンプ口金が標準でついています。
なので、どっちかのタイヤに元々あるポンプ口金をつけておいて、もう一方は付属のポンプ口金を使って空気をいれればいちいちはめ変えなくてもいいです。

写真真ん中の金具が、仏式バルブにそのままかぶせるようにはまります。
IMG_0032

実際に付属の金具をはめるとこんな感じです。
IMG_9855

金具と空気入れを接続した写真です。空気入れる用意はこれだけです。
IMG_9851

空気を入れる時ですが、「ブラック&デッカー 電動マルチ空気入れ」は3つのタイプの圧力表示に対応しています。その中から、PSIを選択します。
写真でいいますと、数字の真下の+と-の間にあるボタンです。
IMG_9853

体重65~75kg程度の方なら、まずは7BAR(100PSI)程度が標準らしいので、これを目安に入れてみます。ただしあくまで目安です。一般的に「細いタイヤ=高い空気圧」「太いタイヤ=低い空気圧」となります。ほとんどのタイヤには適正空気圧が記載されているので、タイヤを交換した場合は、そのタイヤの適正空気圧を確認してください。

ちなみに我が家のロードバイクは110PSIが標準値らしいです。
IMG_0012

ただこの「ブラック&デッカー 電動マルチ空気入れ」、100PSIで設定して空気を入れ始めても、110PSIくらいまで一瞬あげてそこから下げつつ圧を調整するので、少し高めに入れたいと思っても最初から大きな値にはしないほうがよさそうです。



一般的なママチャリはこの形式が多いようですね。
tube_valve01

この英式バルブのアタッチメントももちろん付属しています。
IMG_0033


バイクの空気入れについて -ポイント解説-
バイクや車はこの米式バルブを使用しています。
tube_valve03

これの場合は写真のように直接接続できます。
IMG_9866

ガレージでこんな感じで空気入れました。
IMG_9867

私はガレージ建てる時にコンセントつけておいたのでそのまま電源取れますが、バッテリー駆動にも対応しています。

ここの会社の他の工具にも使えるバッテリーのようです。専用品でないので、電動ドライバなどもここのでそろえると、電池だけで1万円越えなので良いかと思います。


空気を入れてみた感想ですが、まずコネクタはフロントのディスクにも当たらないコンパクト設計なので、問題なく接続できました。
そして空気を入れる能力ですが、本体が小さいだけにかなり時間を食うのかと思っていましたが、用意する時間も含め数分の作業でした。これなら、週一回程度の空気圧調整も苦でない感じです。


車の空気入れについて
今回空気を入れたのはCX-30です。車重は1.4tあります。
車なので、バルブの形式はこれです。
tube_valve03

接続はそのままダイレクトに金具なしでできます。タイヤの径が大きいとバルブの位置によってはこんな感じでホースが短いと感じることもありますが、ポータブル機なのでしかたないでしょう。
IMG_9860

この空気入れはシガーソケットにも対応しているので、パンク対応も兼ねて車に積んでおくのもいいかもしれません。
IMG_9856

といいますのも、数年前の日記「ダメじゃん、マツダのタイヤパンク応急修理キット!! ダメじゃん、TOYOタイヤ!!」で書きましたが、購入して間もないデミオのタイヤがパンクした時に、付属の空気入れはまったく役に立ちませんでした。

あれがトラウマになっているので、せめて販売店まで自走するのにだましだまし走るために、この空気入れは重宝すると思います。最近の車、スペアタイヤなくってパンク修理キットしかないので。

空気を入れる能力は、バイクの時より重い分時間かかるかと思いましたが、それほど時間はかかりませんでした。4本の空気圧調整に準備時間も含め5分程度といったところです。


シガーソケットについて
これが使ってみての唯一の不満点です。
説明書に収納方法が書いてありますが、この通りに入れるにはかなりきつくまかなくてはならず、おそらく使っている間に断線します。
IMG_9859

きつくまいても、しばらくするとこんな感じでコネクタが浮いてくるので、説明書通りの収納は難しいです。
IMG_9857

そこである程度巻いたら、こんな感じでグリップにゆるく巻き付けることにしました。
見た目は少し汚いですが、断線するよりはいいですからね。
IMG_9869


まとめ
使ってみた感じでは、本当によく考えられているツールだと思います。
試してはいませんが、この他にもエアマットや浮き輪などを膨らます、空気を抜くというような作業もこれ一台で可能です。

空気を入れる、抜く作業が一台でできて値段も1万円程度です。高いと感じる方もいるとは思いますが、様々な使い方ができてこれだけコンパクトにまとまっているなら、私的にはいい買い物だったと思います。



ハーレーがApple CarPlayに対応、知りませんでしたけど、HONDAのゴールドウィングは既に2017年から対応済み

カテゴリ:
ハーレーがApple CarPlayに対応するそうです。
2020_03_17_sato_nobuhiko_021_image_01
■引用元:CNET Japan

動画もあります。


手袋をしていても使えるそうです。


これみて、えーすごいなーとか思ってたら、国産のゴールドウィングは既に対応していたんですね。
こちらがゴールドウィングの画像。
180123goldwing-25-w1280
■引用元:GIZMODO

そしてこちらの方が使いやすそうです。
というのも、操作用スイッチがある。
180123goldwing-295-w1280

ああ、ホンダってなんて気が利くんでしょう。
操作する画面は、ハーレーと同じスピードメーター内にあります。
180123goldwing-99-w1280

CarPlayで起動するアプリは、電話、ミュージック、マップ、メッセージ、PodCast、オーディオブック、Amazon Music、SpotifyなどCarPlay対応のアプリとのことです。これを2018年に対応しているのって、すごいですね。

KawasakiやSuzukiも見習ってほしいものです。



AZバッテリー 車両側ケーブルが断線しました

カテゴリ:
バイクのバッテリー、冬場は毎日通勤で乗っていても始動性が大変悪くなります。
そして最悪、バッテリーがあがることがあります。

その対策に、メンテナンス充電できる充電器「AZ バッテリーチャージャー ACH-200」というのを使っています。これはリチウムイオンバッテリー対応の充電器で、「AZ バッテリー リチウムPROバッテリー」というシリーズに対応している唯一の充電器です。

他社製でも使えるとは思いますが、バイク用品店では、メーカー品を使うことを勧められたのでこれを使っています。


そして前のZX-9Rから使用を開始、5年ほどでこのように断線しました。
IMG_7460

最初は「あれ?充電しているのにエンジンのかかり悪いな」程度に思っていました。
気になって、インジケーターもみていましたが、異常を示すランプは点灯していませんでしたので、気にしていませんでした。
しかし明らかにエンジンかかり悪くなってきたので、一通り点検すると断線していました。

多分断線したタイミングは1週間ほど前に、数回充電器側の赤い警告灯が点灯することがあったのですが、すぐに充電開始しているモードになったので、ここで断線しかかっていたんでしょう。


そこでここの部分だけ売っていないか、メーカーサイトで型番を調べてみると、以下のものが売っていました。


これ、ヨドバシの方が値段が安かったので、私はAmazonで購入しませんでしたけど、在庫が残2だった(2019年1月現在)ので、おそらくは次回断線したらAmazonでの購入になると思います。

実際のパッケージはこんな感じ。
IMG_7461

取り付けは簡単なので、自分でできます。
このヒューズ(と思われる)ものが、配線のネックになります。
IMG_7465

私は燃料タンクの配管下に引っ掛けました。
IMG_7464

配線完了。この写真よりこの後、ヒューズは左下へ押し込みました。
IMG_7462

交換後はエンジンも問題なく始動するようになりました。
リチウムイオン電池は、正しくメンテナンスすれば、3年以上持つらしいので、適度な充電と、適度な使用で長持ちさせたいですね。値段、高めなので。

【ACCOSSATO】Ninjya1000のクラッチを軽くする

カテゴリ:
私のNinjya1000、バイク屋が後に軽い拷問と言わしめるほどクラッチが重かったんです。
バイク屋がいうには、バイクにも個体差があって、同じバイクでも当たり外れがあるとのこと。

ということは、当然私のNinjya1000は外れ個体です。
ですので、2時間もツーリングすると、すでに腕の力は残っておらず、渾身の力を使ってギアチェンジし、なるべくギア変えないように引っ張って乗っていました。

ですので、Ninjya1000ってなんて乗りにくいんだろうって思っていました。
私の場合は通勤に使っているので、結構この問題深刻でした。

これがノーマルのクラッチレバーです。
IMG_6183

これ、軽い重い以前に一つ致命的な問題があります。
それは私の手が小さいことです。妻と比べてもそんなにでかくない程度の大きさです。
ですので握る時は、かなり指先で引っ張らないといけません。

IMG_6185

素手で握るともっとわかりやすいかもしれません。
IMG_6184

そう、ぎりぎりの距離なのです。
このせいもあってか、本当にクラッチワークは苦行のようでした。


しかしネットで気になって調べてみると、どうやらクラッチレバー交換でだいぶん軽くなる方法があるとのこと。
何個か商品ある中で、ほかの方が既にNinjya1000に使用している商品を今回は選びました。


これ、イタリアの商品で、イタリアのバイクの多くに純正部品として採用されているような信頼あるメーカーのようです。

丁度地元のバイク屋がセールだったので、工賃込みで4万円ちょっとでした。


でこれが実際に取り付けされた写真です。
IMG_6191

IMG_6189

IMG_6188

純正と比べると大きく湾曲していて、このくぼみ部分に指が来ます。
そして純正よりクラッチの支点が遠いので、てこの原理で軽い力で引っ張ることができます。
IMG_6190

実際に500kmほど合計でツーリングしてきた感想では、軽い!!
これまでは4本指で全力で引っ張っていたのが、2本指で引っ張れます。

ただ引っ張れることは引っ張れますが、クラッチの切れる位置がかなり近くなるので、握るのは結局4本指で引ききらないといけないのですけど、それでも4時間走行後でも握力はまだ十分に残っています。

クラッチだけでこんなに楽になるなら最初からやっておけば良かったと今は思います。


私のようにクラッチの重さでお悩みの方、この製品名で検索すれば他にも使用している方のブログが何個かありますので、参考にされてはいかがでしょうか?

【ピレリ ANGEL ST】5000kmしか持たなかった

カテゴリ:
走行距離5200kmで交換した「ピレリ ANGEL ST」、高耐久度ということで購入し乗っておりましたが、1年8ヶ月、走行距離4800kmでお亡くなりになりました。
IMG_6182

以前のブログでも書いたように、やたら直進安定性が高く、乗りにくく、タイヤ鳴りやすい中で乗ってきただけに、この耐久力の低さは期待外れです。

■関連日記1:【ピレリ ANGEL ST】ツーリング向き設定でした
■関連日記2:【ピレリ ANGEL ST】新しいバイクのタイヤ、曲がれない

実際に4800km走行したタイヤがこれです。

■フロント:
IMG_6179

IMG_6180

側面が減っているのが判ります。通勤に使用しているからでしょうか?
右側がやや方減りしています。

■リア:
IMG_6186

IMG_6187

通勤に使用しているせいか、真ん中が見事に減りきってスリックサインでています。
左右側面はそれほど減っていないイメージです。


これを踏まえ、ここまで1年半くらい使ってきた【ピレリ ANGEL ST】のイメージです。

◇耐久度:見ての通りで、ひどいです。高耐久度タイヤでこれでは、まだダンロップの方がマシです。
◇ジャイロ効果(直進安定性):最初から最後まで、直線はかなり安定していました。
◇倒しこみのしにくさ:体重をしっかり載せないと回りません。
◇片べりのひどさ:側面は頑丈なようです。一応定期的に山道走っているので、側面使わないから減らないという感じでもないです。



以上をまとめて同じツーリングタイヤを比較した場合、

◇耐久度: メッツラー > ミシュラン > ダンロップ > ブリヂストン = ピレリ
◇ジャイロ効果(直進安定性): ピレリ > メッツラー > その他
◇片べりのひどさ: ミシュラン > ダンロップ = ピレリ > ブリヂストン > メッツラー
◇倒しこみのしにくさ: ピレリ > メッツラー > その他

というような感じでしょうか?
ちなみに次に選んだタイヤはこれです。

MICHELIN(ミシュラン)バイクタイヤ PILOT ROAD2 フロント 120/70ZR17 M/C (58W) チューブレスタイプ(TL) 024600 二輪 オートバイ用

この「MICHELIN PILOT ROAD2」は、ミシュランのHPみるとツーリング向けの位置づけのようですね。

■ミシュラン:PILOT ROADシリーズ

PILOT ROAD2」は今でも人気があるようで、「Pilot Road 5」までシリーズがでている今でも売れ筋商品だそうです。
実際久しぶりに使ってみて、その癖のなさに驚きました。

また「PILOT ROAD2」については、その内レポートしたいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×