カテゴリ

カテゴリ:バイク

【ACCOSSATO】Ninjya1000のクラッチを軽くする

カテゴリ:
私のNinjya1000、バイク屋が後に軽い拷問と言わしめるほどクラッチが重かったんです。
バイク屋がいうには、バイクにも個体差があって、同じバイクでも当たり外れがあるとのこと。

ということは、当然私のNinjya1000は外れ個体です。
ですので、2時間もツーリングすると、すでに腕の力は残っておらず、渾身の力を使ってギアチェンジし、なるべくギア変えないように引っ張って乗っていました。

ですので、Ninjya1000ってなんて乗りにくいんだろうって思っていました。
私の場合は通勤に使っているので、結構この問題深刻でした。

これがノーマルのクラッチレバーです。
IMG_6183

これ、軽い重い以前に一つ致命的な問題があります。
それは私の手が小さいことです。妻と比べてもそんなにでかくない程度の大きさです。
ですので握る時は、かなり指先で引っ張らないといけません。

IMG_6185

素手で握るともっとわかりやすいかもしれません。
IMG_6184

そう、ぎりぎりの距離なのです。
このせいもあってか、本当にクラッチワークは苦行のようでした。


しかしネットで気になって調べてみると、どうやらクラッチレバー交換でだいぶん軽くなる方法があるとのこと。
何個か商品ある中で、ほかの方が既にNinjya1000に使用している商品を今回は選びました。


これ、イタリアの商品で、イタリアのバイクの多くに純正部品として採用されているような信頼あるメーカーのようです。

丁度地元のバイク屋がセールだったので、工賃込みで4万円ちょっとでした。


でこれが実際に取り付けされた写真です。
IMG_6191

IMG_6189

IMG_6188

純正と比べると大きく湾曲していて、このくぼみ部分に指が来ます。
そして純正よりクラッチの支点が遠いので、てこの原理で軽い力で引っ張ることができます。
IMG_6190

実際に500kmほど合計でツーリングしてきた感想では、軽い!!
これまでは4本指で全力で引っ張っていたのが、2本指で引っ張れます。

ただ引っ張れることは引っ張れますが、クラッチの切れる位置がかなり近くなるので、握るのは結局4本指で引ききらないといけないのですけど、それでも4時間走行後でも握力はまだ十分に残っています。

クラッチだけでこんなに楽になるなら最初からやっておけば良かったと今は思います。


私のようにクラッチの重さでお悩みの方、この製品名で検索すれば他にも使用している方のブログが何個かありますので、参考にされてはいかがでしょうか?

【ピレリ ANGEL ST】5000kmしか持たなかった

カテゴリ:
走行距離5200kmで交換した「ピレリ ANGEL ST」、高耐久度ということで購入し乗っておりましたが、1年8ヶ月、走行距離4800kmでお亡くなりになりました。
IMG_6182

以前のブログでも書いたように、やたら直進安定性が高く、乗りにくく、タイヤ鳴りやすい中で乗ってきただけに、この耐久力の低さは期待外れです。

■関連日記1:【ピレリ ANGEL ST】ツーリング向き設定でした
■関連日記2:【ピレリ ANGEL ST】新しいバイクのタイヤ、曲がれない

実際に4800km走行したタイヤがこれです。

■フロント:
IMG_6179

IMG_6180

側面が減っているのが判ります。通勤に使用しているからでしょうか?
右側がやや方減りしています。

■リア:
IMG_6186

IMG_6187

通勤に使用しているせいか、真ん中が見事に減りきってスリックサインでています。
左右側面はそれほど減っていないイメージです。


これを踏まえ、ここまで1年半くらい使ってきた【ピレリ ANGEL ST】のイメージです。

◇耐久度:見ての通りで、ひどいです。高耐久度タイヤでこれでは、まだダンロップの方がマシです。
◇ジャイロ効果(直進安定性):最初から最後まで、直線はかなり安定していました。
◇倒しこみのしにくさ:体重をしっかり載せないと回りません。
◇片べりのひどさ:側面は頑丈なようです。一応定期的に山道走っているので、側面使わないから減らないという感じでもないです。



以上をまとめて同じツーリングタイヤを比較した場合、

◇耐久度: メッツラー > ミシュラン > ダンロップ > ブリヂストン = ピレリ
◇ジャイロ効果(直進安定性): ピレリ > メッツラー > その他
◇片べりのひどさ: ミシュラン > ダンロップ = ピレリ > ブリヂストン > メッツラー
◇倒しこみのしにくさ: ピレリ > メッツラー > その他

というような感じでしょうか?
ちなみに次に選んだタイヤはこれです。

MICHELIN(ミシュラン)バイクタイヤ PILOT ROAD2 フロント 120/70ZR17 M/C (58W) チューブレスタイプ(TL) 024600 二輪 オートバイ用

この「MICHELIN PILOT ROAD2」は、ミシュランのHPみるとツーリング向けの位置づけのようですね。

■ミシュラン:PILOT ROADシリーズ

PILOT ROAD2」は今でも人気があるようで、「Pilot Road 5」までシリーズがでている今でも売れ筋商品だそうです。
実際久しぶりに使ってみて、その癖のなさに驚きました。

また「PILOT ROAD2」については、その内レポートしたいと思います。

ジェットエンジン搭載のバイク 新型が発表される(MTT 420RR)

カテゴリ:
アメリカで昨年、ジェットエンジン搭載のバイクが市販開始されていたようです。

■公式URL:Marine Turbine Technologies

外見はこんな感じで、4色展開されているようです。
bike2
bike1
bike2

bike4

パワープラント(エンジン)はロールスロイス製アリソン250-C20シリーズガスタービンで、出力は420hp/52,000rpm。ジェットエンジンなので高回転まで回りますね。

420馬力ってすごいですね。比較対象として2018年現在で通常エンジンで市販最速と言われるKawasakiのNinja H2Rでも、326hp/14,000rpmですので、そのすごさがわかります。

そしてジェットエンジン積んでいるのに車両の重量は約227kg。
KawasakiのNinja H2Rが216kgなので、軽いですね。

ただ気になるのは、2速オートマティックというところ。
2速だとかなり高回転で引っ張って走るんでしょうが、トルクが凄すぎて一般道路走れるんだろうかと思います。

尚日本では道交法にひっかかるらしく、サーキットしか走れません。アメリカでは一般道走れるそうです。

一応動画もあります。

 

【バイクの車載動画】岐阜県 道の駅藤橋より、洋食屋いし川(福井県越前市桂町)

カテゴリ:
今回のは、少し前の日記で書いた、洋食屋いし川(福井県越前市桂町)に行くときのバイクの車載動画です。

今回からは、撮り方を少し工夫し、カウルの外にカメラを出して撮影しています。


この2つを使って、カウルの外側に出しました。
そのかわり、虫などでレンズが傷つく可能性もありますので、追加装備も使っています。

これらを使用して撮影を行いました。
セッティングすると、こんな感じです。



そしてこれがとった動画です。
以前同じルートで撮影した動画よりも、カウルがない分、綺麗な仕上がりになっています。

■道の駅藤橋より、滋賀県長浜市 余呉支所まで


■滋賀県長浜市 余呉支所より、洋食屋いし川(福井県越前市桂町) 1/2


■滋賀県長浜市 余呉支所より、洋食屋いし川(福井県越前市桂町) 2/2


【バイク スマホホルダー】使って良かった、MINOURAのスマホホルダー

カテゴリ:
月日が経つのは早い物で、今使用しているRIDEZのスマフォホルダー、もう11ヶ月も使っているのですね。
気になっていたのは、スマホ入れる部分の角度変えられるのですが、これの固定があまく、使用中に回転してしまう事があるのです。

そして少し使ってみて問題になったのが、雨の日に結露する事です。
防水をうたっているのに、冬場に使うと、特にモバイルバッテリーを使って充電しながら使用する場合、外気温との温度差でこのように結露します。

IMG_4496

これではひ弱なiPhone6s以前のスマホはヘタすりゃ結露による水没です。

また夏は夏で熱がこもり、3時間も使用すると、iPhoneが熱暴走します。


ですので、そろそろ買い換えようと思っていた時に、まず最初にバイク用品の定番、デイトナ製のスマホフォルダを見つけました。

しかしこれ、よく製品説明見ると、箕浦製って書いてあるじゃないですか。
箕浦、今使っているスマフォフォルダと一緒に買ったカメラマウントのメーカーでした。

MINOURA アクセサリー:http://www.minoura.jp/japan/accessory/accessory.html#utilityholder

そしてこれが質実剛健、頑丈で気に入っている品物なだけに、Amazonでチェックすると、やっぱりライセンス料が入っていない分、安い。

そしてどう見ても、デイトナと箕浦製は同一商品です。

デイトナ スマフォフォルダー:http://www.daytona.co.jp/products/series-S00635-genre

ですので、今回は箕浦製のスマフォフォルダを購入しました。




先日届いた商品の箱です。

IMG_4497

IMG_4498

中にはスマフォのサイズにあわせて交換するパーツも同封されていますので、ひとまとめにして保管しておくことにしました。
もう少ししたら、iPhone7 Plusにしたいと思っていますので。


取り付けを行なおうとすると、まず組み立てないといけないようです。
プラスドライバー一本は自分で用意します。六角レンチは一緒に入っています。

15分程でサイズ調整を終え、とりつけ準備が整いました。


で実際に取り付けてみると、一つ分かったことがあります。
22.2φのマウントステーでは若干細くて取り付けられない・・・

しまった、28-35mmって書いてある。見落とした。


しかしそこで考えました。なにかを巻けばよいのだと。
そこで前回のカメラマウントについていた、傷防止の為のフィルムを巻いてマウントを少し太くすることで無事に取り付け完了。

こんな感じでひっつきました。
IMG_4499

後ろはぎりぎりにしました。
これでも、ハンドルを中立位置まで持ってくると、思ったよりいい位置に来ました。
IMG_4502


ホールド性は抜群です。ただiPhone6sは防水でないので、雨が心配です。
早くiPhone7 Plusに機種変更したいものです。

このページのトップヘ

見出し画像
×