カテゴリ

カテゴリ:Fulu

【Fuluのドラマ】ブレイキング・バッド

カテゴリ:
高校教師が麻薬製造に手を染める、異色のドラマを紹介します。
今回も、まずはシーズン1予告編を見てもらいましょう。

■ブレイキング・バッド シーズン1 予告編:


このブレイキング・バッド、アメリカでシーズン1(2008年)から完結編のシーズン5 (2013年)までが放映され、その間に数々の賞を受賞したドラマです。シーズン5 では、TVドラマ史上最高の高評価を得てギネス世界記録にも認定され、アメリカでは社会現象にまでなりました。
ちなみに、実際に受賞した賞を列挙していきます。

「Primetime Emmy Awards(プライムタイム・エミー賞)」
「Creative Arts Emmy Awards(クリエイティブ・アーツ・エミー賞)」
「Golden Globe Awards(ゴールデン・グローブ賞)」
「Screen Actors Guild Awards(全米映画俳優組合賞)」
「Satellite Awards(サテライト賞)」
「Saturn Awards(サターン賞)」
「Critics’ Choice Television Awards(批評家協会TV賞)」
「Television Critics Association Awards(テレビ評論家協会賞)」
「Directors Guild of America Awards(全米監督協会賞)」
「Writers Guild of America Awards(全米脚本家組合)」
「American Cinema Editors Awards(アメリカ映画編集者協会賞)」
「PRISM Awards(プリズム賞)」
「IGN Awards(IGN賞)」
「AFI Awards(AFI賞)」
「Artios Awards(アルティオス賞)」
「British Academy Television Awards(英国アカデミーTV賞)」
「Golden Nymph Award(モンテカルロ・テレビ祭 ゴールデンニンフ賞)」
「Golden Reel Awards(ゴールデン・リール賞)」
「Las Vegas Film Critics Society(ラスベガス映画批評家協会賞)」
「Make-Up Artists and Hair Stylists Guild Awards(メイクアップアーティスト・ヘアスタイリスト組合賞)」
「Peabody Awards(ピーボディ賞)」
「PEN Center USA West Literary Awards(ペン・センター USA ウエスト 文芸賞)」
「People’s Choice Awards(ピープルズ・チョイス・アワード賞)」
「Rooster Teeth Podcast Awards(ルースター ティース ポッドキャスト賞)」

と膨大な数に上ります。とはいっても、賞が多くて難解なだけの作品では面白くはありません。
しかしこの作品は、奥が深いと思います。

では作品をネタバレしない程度に紹介していきたいと思います。
まずは、ドラマの紹介で毎回のせている、その作品のイメージが伝わるバナーです。

season1promo

どうです?インパクトあるでしょう?

話の内容ですが、穏やかで人のいい男が、シーズンが進むごとに冷酷な犯罪者に変貌していく様を描いています。普通の高校教師が、最終的に麻薬王になります。これだけ見ると、地味な感じがしますが、このドラマはストーリーで魅せるタイプですので安心してください。そうでないと、あんなにたくさんの賞はもらえません。

個人的な見どころとしては、死が間近に迫る中で送る、二重生活です。家族のためにしていることを、家族に言えず、その影響で家族に嫌われる存在となる苦悩が見ていてハラハラします。


ちなみにこのドラマの企画、製作総指揮、脚本、監督は、ヴィンス・ギリガン。『Xファイル』では様々なプロデューサーを務めた人です。

私はfuluで全話を一気に(とはいっても、2週間くらいかかりましたが)見ました。



全部で62話もありますので、中々見ごたえもあります。 

【Fuluのドラマ】ザ・ラストシップ

カテゴリ:
このドラマは、ミリタリー要素と人類滅亡を掛け合わせた内容になっています。
まずはこの予告編をご覧ください。

■予告動画:


かなりの緊迫感が伝わるかと思います。

ちなみに一番よく世界観を表していると個人的に思ったバナーはこれです。

the-last-ship-season1

どうです?世紀末感でていると思いませんか?そしてちらっと見えるのが、アーレイ・バーク級駆逐艦「ネイサン・ジェームズ」です。

内容ですが、世界中に広まった伝染病を根絶するために、アメリカ海軍のアーレイ・バーク級駆逐艦「ネイサン・ジェームズ」に一人の科学者が乗り込み、ウィルスの始原株を探し、ワクチンを作り出すことから始まります。その過程で謎の勢力との戦闘が繰り広げられていきます。

またこの作品中では、多くの戦闘シーンがあり、それだけでなく、救うべき人と敵対する苦悩、失われていく仲間、逆境からの成長は描かれていて、これらが魅力なんじゃないかと思います。

あまり詳しく書くとネタバレになりますので、今回も監督の紹介などしていきます。


先日の日記で、アメリカドラマの魅力の一つに予算をかけてしっかりと作っていると書きました。このドラマは特に予算がかかっています。

監督が「マイケル・ベイ」という人で、この人は巨額の予算をかけ、巨額の利益を生み出すことで有名な監督なんです。この方の代表作は、『トランスフォーマー』『アルマゲドン』『パール・ハーバー』『バッドボーイズ』と有名どころで、かつアクションが派手なのが特徴です。
その派手なアクションの根幹には、CG全盛のご時世に、実写の良さも活かしていく姿勢にあります。『トランスフォーマー/リベンジ』では、ハリウッド映画史上最大級の火薬の量で爆破シーンを演出しました。

ちなみにマイケル・ベイがトランスフォーマーとってた時は、こんな感じで爆発の中、映像を撮影したそうです。
なんだが、戦場カメラマンみたいです。

20140910205312



そしてこの作品、実際の軍艦が使われています。アメリカ海軍全面協力の下、実際のアーレイ・バーク級駆逐艦「ハルゼー」等が撮影に使用されています。ちなみにこのアーレイ・バーク級、いわゆるイージス艦と呼ばれる船であり、日本のイージス艦にも影響を与えたクラスです。

これが実際のアーレイ・バーク級駆逐艦「ハルゼー」の画像となります。

ハルゼー



現在、fuluにて、シーズン2が配信されており、今週(2016年7月第3週)、ついに最終話が配信開始されました。



そして、シーズン2を見終わって、少しネタバレになりますが、一旦はここで終わっても良いようなストーリーとなっていました。感染終息に向けての目途が立ち、アメリカは無政府状態から立ち直る最初の一歩を踏み出すところで話が終わりました。次のシーズンにつなげるために、伏線を貼った状態でですが。

アメリカでは既にシーズン3の配信が2016年6月19日より開始されており、今後に期待の作品となっています。

アメリカドラマと日本のドラマの違い

カテゴリ:
今日は最近、多くのアメリカドラマを見て気づいたことを書きたいと思います。

○制作費の違い:
日本のドラマが悪いというわけではありませんが、セットなどを見ると、かかっているお金が明らかに違うと思います。お金かければいいものができるかといえばそうでもないのですが、アメリカのドラマはハリウッド映画の品質のままで話を何話も作っている印象です。

実際に調べてみると、雑誌「Flash」にのっていた金額ですが、1話あたりの制作費をまとめます。

1話平均の制作費
アメリカドラマ日本のドラマ
ROME     9億円HK大河ドラマ 約6000万円
glee      3億円NHK朝ドラ   800万円(週4000万円)
ザ・パシフィック 20億円フジ昼ドラ    300万円(週1500万円)

となっています。ただアメリカドラマは1話目で視聴者を引き込むため、ここに通常の数倍の予算を割り振りますので、例えばCSIなどの例で行きますと、平均1話で1億円の費用が使われているそうです。最近の予算では、アメリカの地上波では約3億円、ケーブルテレビで約2億円の費用をかけているようです。

またスポンサーにプロデュースするためのパイロット版の制作には、平均で4億円の費用がかけられるようです。
■資料1 サイゾーウーマン:http://www.cyzowoman.com/2011/05/post_3512.html
■資料2 1時間ドラマのパイロット版の平均製作費:http://www.eidc.com/EIDC_Press_Release_050405.pdf


○俳優陣の厚さ:
アメリカのドラマを見ていて、あまり同じ俳優をみないことに気づきました。まったくかぶっていないとは言い切れ
ませんが、人種も多様で、色々な層の俳優がいます。日本のドラマには若いアイドルが多く、力を持った事務所に人事権があるのか、あまり変わり映えがしないキャスティングになっているように思われます。
悪役はそれらしい人相の役者を採用したりしていますし、俳優の人気で視聴率をとりにいっていないように思います。
またテレビ俳優と映画俳優がわかれているようで、一部かぶっていることもありますが、ERやプリズンブレイク、24の俳優が、テレビシリーズの映画化以外で他の映画にでることがあまりないようです。どうやら、映画俳優>テレビ俳優のような位置づけがあるようです。


○結果を短期に出さないと打ち切られる:
日本のドラマって、つまらなくても少なくとも5話程度は続きますよね?
しかしアメリカドラマは、前シーズンが高視聴率でも、今シーズンが評判悪ければ、Sweep期間(打ち切りか否かをジャッジする2週間)で打ち切りが決まります。これのおかげで、ドラマの新陳代謝がいいのではないかと思います。
もちろん弊害もあると思います。例えば、ウォーキングデッドを見ていると、明らかにテコ入れの回というのがあるように思われ、その回ではバーゲンセールのようにゾンビが出てきて、重要人物もあっさり死にます。


○ワンクールの長さ:
日本は11話前後、アメリカは原則が24話です。長いのがいいとはいいませんが、ワンクールが短すぎると、ストーリーが荒くなる傾向があります。
しかし、1話完結の話なら、日本の形式でも問題ないと思います。なので、日本のドラマは、あまり重厚などらまってないように思います。


○放送局が多い:
アメリカはキー局以外にも、地方の局、スカパーなどの衛星放送、ケーブルテレビなどの有料放送局が盛んに番組を作ります。一説には1000を超える放送局があり、1800局という人もいるようです。
そこから勝ち上がってくるドラマは、かなりの魅力がないと世に出ません。日本に入ってくるドラマはそのなかから、字幕などのローカライズの手間をかけても利益がでると思われたものが入ってきている訳ですので、やはり魅力があるものが多いのではと思います。


○キャストや採算で企画は通らない:
アメリカは映画なども、まずパイロット版を作り、投資家を集める所から始めます。そのパイロット版の前に、局の上層部の審査もあります。そしてパイロット版がうければ、投資家が更にお金を出しますが、そうでなければ、そのまま没です。
なので、確実に視聴者にうける内容のものを作る必要があります。その際には、キャストや採算よりも、脚本が重視されます。脚本さえ良ければ、投資家が莫大なお金を出すようです。


このような違いから、アメリカドラマは魅力的な作品が多いように思われます。
とはいえ、制作費がかかってなさそうなものでも面白い物もあります。

例えばFuluオリジナルで放映されていた「ニーチェ先生〜コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた〜」なんかは面白いと思いました。



ニーチェ先生メイン2


他にも低予算のドラマでは、「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」などもありましたね。今度、新しいシーズンやるそうですけど。
■勇者ヨシヒコと悪霊の鍵:http://www.tv-tokyo.co.jp/yoshihiko2/ 



E58B87E88085E383A8E382B7E38392E382B3

【Fuluのドラマ】タイラント -独裁国家- シーズン2

カテゴリ:
私がFuluに加入して1年くらいたちました。

色々なドラマを見てきましたが、あまり話題に上らないけど面白い海外ドラマは意外にたくさんあります。
その中でも最近シーズン2が配信開始になったこの「タイラント」は一押しです。


このドラマは、タイトルの意味が示す通り、「タイラント(Tyrant)=専制君主」の一家を描いた物語で、仮想の中東にあるアブディンという独裁国家が舞台です。独裁国家から離れたくてアメリカに渡った大統領の次男が、兄の子供の結婚式で国に帰る所から物語は始まります。


シーズン1では、主に兄の専制君主側と、弟側のアンチ専制君主側を主軸に話がすすみます。詳しく書くとネタバレになるので書きませんが、アメリカドラマなので、しっかりと国の背景、人物の背景があり、それに根差したストーリー展開をしていくので、見ていて飽きません。
特にシーズン1の最終話付近は、人間同士の葛藤がスリリングに描かれています。

シーズン2は現在放映中で、今見ている最中です。このシーズンでは、物語が3つの勢力に別れ、前シーズンに引き続き兄陣営と、弟陣営、そして第3軸としてアブディンに侵攻してくるテロリスト勢力が複雑に絡み合います。


このタイラント、脚本家が『24 -TWENTY FOUR-』(FOX)、『アウェイク 〜引き裂かれた現実』(NBC)などを製作総指揮し、『HOMELAND』ではプライムタイム・エミー賞脚本賞(ドラマ部門)を受賞しています。
また『Prisoners of War』という、イスラエル史上最高の視聴率となり、数々の賞を獲得した監督も参加しています。この『Prisoners of War』のアメリカでのリメイク作品が『HOMELAND』というテレビドラマになります。


製作陣が有名どころですので、飽きさせない内容となっています。




■タイラント シーズン1 バナー:
8e63da48f483003ddbdd9b1eb5d6eb38

■タイラント シーズン2 バナー:
tyrantseson2 


 

このページのトップヘ

見出し画像
×