カテゴリ

カテゴリ:旅行記(国内)

飛騨高山で人力車に乗ってみました

カテゴリ:
考えてみれば一度も乗ったことなかったですね。人力車。
そもそもまずお値段張るのと、恥ずかしいというのがあってこれまでは避けてきました。

しかし平日の高山は空いていました。そして妻も着物着て歩いていたんで疲れているだろうと思い、思い切って乗ってみました。

人力車の魅力

ガイドつき

これまで何度も来ている飛騨高山ですが、何となく巡っていたので、人力車の人が教えてくれる観光のポイントは結構参考になりました。
ただガイドするだけでなく、地元の人として美味しいお店、並んでいるけどあそこは美味しくないとか毎日生活しているからこそわかる情報が聞けてその後の観光に役立ちました。

こんな感じで動きながら写真撮影ポイントや名所を教えてくれます。この写真左側はアジサイ咲くので、写真撮るならここがいいというポイントです。
IMG_2203

こんな看板も、通り過ぎてしまいそうですが、実は有名な方の書だそうです。
IMG_2197

写真とってくれる

一眼レフとか持っていると、結構きれいな写真撮ってくれます。撮り慣れているからか、構図もいいかんじでした。
IMG_2192モ

IMG_2205モ
※着物は自前です

実際におすすめのお店をめぐってみて
確かにお勧めの店はどれも美味しいものが食べられました。
特に団子、美味しかったですね。荏胡麻好きなんですけど、せせらぎ街道で営業していたお気に入りのお店、最近やっていないんですよね。新しくお気に入りのお店ができて、高山に来る楽しみができました。

ちなみに荏胡麻の団子売っているお店はここです。

おすすめのお土産「わらび餅」屋さん。午前中で売り切れるそうです。

他にもおすすめの酒屋さんとか、飛騨牛串屋さんとか聞きました。
お値段少し高めですが、観光ガイドを雇ったと思って一度ご利用されてみてはいかがでしょうか?

「リスの森飛騨山野草自然庭園」のリスが反則レベルの可愛さ

カテゴリ:
今回はタイトルの通り、「リスの森飛騨山野草自然庭園」というところに行ってきました。ここは
ここにはシマリス、エゾリスがいます。10月末頃はシマリスは冬眠の直前なのであまり動き回っていませんでしたが、逆に冬が得意なエゾリスは元気いっぱいでした。

リスの森をおすすめしたい理由

距離感が近すぎる

ここのリスは人に慣れているのか、餌持っていなくっても体をよじ登ってきたりします。
IMG_1828

そのまま首筋で休憩したりします。
IMG_1795

しばらく遊んであげると、調子に乗って毛を引っ張ったりしてきます。
IMG_2110

控えめなシマリスに癒される

元気なエゾリスにくらべ、シマリスの可愛いこと。
IMG_2090

登って来ても、この辺りまでです。
IMG_1859

走っている姿も可愛いね。
IMG_1865

一眼レフで連射して撮っている走っている最中の姿です。
IMG_1864

高山駅から案外近い

車で移動しているのなら、高山駅まで15分くらいです。
場所はここになります。


高山は町自体がそれほど大きくないので、先日の宿「オルベージュ 飛騨の森」と同様、高山観光のついでに寄れる手軽さがいいですね。


リスの森飛騨山野草自然庭園のデータ

所在地:高山市松倉町2351-7
電話:0577-33-9232
料金:大人880円、3才~中学生440円
営業時間:午前9時から午後5時 ※12月から3月14日まで冬季休業
休日:毎週月曜日(祝日は営業、翌日休み)と冬季

るるぶ飛騨高山 白川郷'21 (るるぶ情報版地域)
ジェイティビィパブリッシング
2020-02-26









福井県敦賀市の魚問屋 -相木魚問屋-

カテゴリ:
敦賀に年に何度も行く私は、いつも鮮魚を買って帰ります。

とはいっても、有名な1994年開業の「日本海さ〇な街」では買いません。ここはレビューを見ていただけたらわかるかと思いますが、年々質が落ちてきており、最近はもっぱら「さかなや 水嶋鮮魚店」か、「まるさんビーチマート」、もしくは敦賀のアピタの鮮魚売り場のような地元のスーパーへ行くことが多かったのですが、もう少し近いところで季節の魚を買いたいと思い、2019年7月初頭と8月初頭に、魚を買いに「相木魚問屋」に行ってまいりました。

場所はここにあります。


前回7月初頭に、岩ガキの解禁にあわせて初めて訪れました。
外観はこんな感じです。
IMG_8477

お店の中の写真。朝早いとこれくらいの魚があります。
IMG_8480

IMG_8481

値段は「さかなや 水嶋鮮魚店」に比べるとやや高いのと、魚を捌いてくれないのが難点ですが、扱っている魚はさすがに魚市場のすぐそばの店だけあって、よい魚を扱っている印象です。

これは7月に行った時に買ったものです。
IMG_8484

岩ガキは一つ400円、イカは一杯300円でした。
このイカ、さすがに時期だけあって少し甘みがある、大変鮮度がよい生食可の商品でした。

魚選びは、素直にわからないので旬の魚でおすすめはどれって聞くと選んでくれます。

事前に何が入っているか知りたい方は、FaceBookは随時更新(頻度は週一程度ですが)していますので、旬の魚が何かとか、今は何がおすすめとかかいてありますので、見てからいかれるとよいかも。

■店舗データ:
名称:相木魚問屋
住所:福井県敦賀市蓬莱町16-11
電話:0770-22-0645
営業時間:日曜日・水曜日は8:00~12:00、月~火曜日・木~土曜日は7:00~17:00

天橋立近くにある、海鮮丼がおいしいお店

カテゴリ:
今回ご紹介するのは、またGoogleのレビューで高評価だったお店です。
私がいく店は、大概ガイドブックなどに載らないようなお店が多いので、観光地でも地元の人がいくようなお店をお探しなら、ぜひ訪れてみてください。

まずはお店の外観。
IMG_8238

1階が魚屋さんになっています。
IMG_8239

目の前は海です。
IMG_8242

そして魚屋の横に、看板がでていますので、あがっていきましょう。
IMG_8240

IMG_8241

店舗内の壁にも、メニューがあります。
IMG_8243
IMG_8244

IMG_8245

今回頼んだのは、これらのメニューです。


■甘鯛塩焼き定食(2000円):
IMG_8250
※大きさの比較用に、iPhone7を一緒に写しました。

■刺身定食(1500円 ※たぶん):
IMG_8246

■イカ丸ごと丼定食(1500円):
IMG_8247

■海鮮漬け丼定食(1800円):
IMG_8248

IMG_8249

意外なことに、イカが一番おいしく感じました。
他がまずいとかではなく、味は間違いなく今まで食べた海鮮丼でも指折りのおいしさです。
でもイカってあんなに美味しいんだって思えたのは初めてでしたので、イカをほめてみました。

甘鯛もこの日は魚が大きいので、通常1800円のところ2000円かかりましたが、この塩焼きがまたおいしい。脂がしっかりとのって、食べ応えも十分です。

もしお近くによられることあれば、一度食べてみてください。



■店舗情報:お食事処 海鮮かわさき
所在地:〒626-0003 京都府宮津市漁師1652−2
電 話:0772-22-6953
営業時間:11:00~14:00[月〜金] / 11:00〜14:00[土・日・祝]
定休日:水曜日
味 :★★★★★(5)
値段:★★★☆☆(3)

星野リゾート 界 アルプスへ行ってきました

カテゴリ:
先日長野県の「星野リゾート 界 アルプス」へ行ってきました。
私達夫婦は普段、安いホテルに泊まって旅行することが多く、ここを予約するには結構勇気がいりました。
でも結婚記念日なので思い切って予約をしてみました。

今回泊まったのは内風呂付きのお部屋です。
これが実際の写真です。
IMG_9686_R

IMG_9689_R

IMG_9692_R

お値段に見合った、素敵なお部屋でした。


そして今回ここを選んだ理由の一つになった、囲炉裏です。
この囲炉裏端でのんびりしたいと思っていました。
中々囲炉裏付きの宿って少ないですからね。
IMG_9721_R

IMG_9718_R

IMG_9717_R

この囲炉裏ですが、ここの「星野リゾート 界 アルプス」は比較的新しい施設なのに、結構年季が入っていていい雰囲気になっていました。
理由を聞きますと、古民家からの移築で、この敷地に元々建っていた旅館からそのまま引き継いだとのことでした。


夜は時期によるそうですが、熱燗を無料で提供してくれました。
別に飲んでいい量も決まっていないので、職員さんとお話ししながら、お酌して下さいました。
※夏は冷酒を提供されるとのことです
IMG_9814_R

この竈も同様に、前の旅館からの引継ぎだそうです。
朝はお粥を無料で提供してくれます。
IMG_9817_R

IMG_9821_R

IMG_9820_R


そしてここで話していて判った事ですが、私達が泊まった日には、お客さんは5組程度しかいなかったそうです。
でもお部屋の数はもっと多いのですが、予約は満室で打ち切られていました。

これには理由があって、繁忙期にはスタッフ数を増員して施設をフル稼働させますが、スタッフが少ない時期にはサービスの質を落とさない為にも、お客様の数を減らして受けているとのことでした。

でもスタッフの数は十分にいるように見受けられ、行く先々で扉をあけてくれたりしました。
今まであんまりこういうランクのホテルに来たことないので、それだけでも結構感動したりしました。


料理はこんな感じでした。地のものと旬の食材をつかいつつ、豪勢な感じです。
IMG_9761_R

IMG_9766_R

IMG_9774_R

IMG_9777_R

IMG_9786_R

この肉焼いているのは鍬だそうで、鍬焼きと言って昔、農作業の合間に野鳥などが採れた時に鍬の上で焼いたのが始まりとのことです。
写真のものは、おそらくテフロン加工されており、焦げ付かず、料理用の専用品です。


結婚記念日だとアンケートに書いたら、デザートもこんな感じになっていました。
IMG_9795_R

IMG_9796_R

スタッフの方々の温かいおもてなしに感動した旅でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×