カテゴリ

カテゴリ:VR

HPが秋に発売する期待のVRヘッドセット reverbG2

カテゴリ:
VRのヘッドセットに、大変気になるものが加わります。
それがこのHPの「reverbG2」です。
hp-reverb-g2-9
コントローラーはこんな感じ。
ダウンロード
この「reverbG2」、何がすごいのかと言いますと、コスパの良さです。
現行(2020年7月時点)で個人ユーザーが購入できそうな範囲でのハイエンドな製品は「VALVE INDEX」ですが値段がとにかく高い。

そして現行のVRの問題点で大きいのが、解像度不足による違和感です。
私は「Oculus Rift cv1」を保有しています。さすがに4年前のヘッドセットなので比べるのもどうかと思ったりもしますが、昨年発売された「Oculus Rift S」のレビューを見ていても、やはり視界の中に網目状のものが見えてしまう現象は改善されていないようで、これは解像度の不足によるものが大きいと思われます。

HPの公式URLの画像では、これがかなり改善されるとうたっております。
reverb_view

他のスペックで判明している部分も、最近出ている中で主要なVRのヘッドセットと比較してみました。

  reverbG2 Rift Rift S VALVE INDEX
解像度2160x2160×2
LCDパネル
1,080×1,200×2
OLEDパネル
※ペンタイル配列
1,280×1,440×2
LCDパネル
1440×1600×2
フルRGBLCD
レート 90Hz 90Hz 80Hz 120Hz(144Hz)
視野角 114度 110度 110度 130度
サウンド 5ヘッドホン一体型 ヘッドホン一体型(着脱可)スピーカー内蔵 ヘッドホン一体型
トラッキング 内蔵式光学カメラ×4 外部センサー内蔵式光学カメラ×5 外部センサー
IPD調整 ハードウェア側 ハードウェア側 ソフトウェア側 ハードウェア側
重量 約500g 約470g 約470g 約748g
発売 2020年秋頃 2016年3月 2019年5月 2019年6月
価格 599ドル 販売中止 49,800円 125,800円

VALVE INDEX」と比べてありがたいのは、トラッキングが内蔵光学式、つまりはトラッキング用のステーションを別途設置しなくてもよいことです。解像度もちょうど1.5倍あります。
軽いのもありがたいですね。結構VRのヘッドセットって長時間使うと、首つかれるんですよ。

価格もスペックの割には抑えられています。「VALVE INDEX」の半額ですからね。

ただPCの要求スペックが高いのが少し難点です。
VALVE INDEX」公式の推奨スペック、NVIDIA GeForce GTX 1070以上に対して、「reverbG2」は最高画質でのプレイでは、NVIDIA GeForce RTX 2070 Super以上を要求しています。
まじですか。うちの環境では既に無理・・・

とはいえ、楽しみなVRヘッドセットであることは事実です。
モニタの網目がどの程度改善されたかのレビューが出回ったころに、購入検討したいと思っています。

Nintendo SwitchのVR、面白い方向で発売

カテゴリ:
2019年3月初頭、以前より噂にあったSwitchのVRキットを発表しました。
個人的には、下の写真のようなGearVRのようなはめ込み式ヘッドセット方式を想定していましたが、まさかこれもダンボールで作って遊ぶとは・・・
image201512081917521
で、こんな感じになるそうです。
NIN03_588x
l_koya_vr2

価格はダンボールで自作するにしては高めの「ちょびっと版」(2種類版)が3980円(税別)、完全版?は5種類は7980円(税別)。
l_koya_vr1
賛否両論あるかと思いますが、PCのVRを持っている私としては、悪い試みではないように思えます。

といいますのも、PCのVR、現状ではワイヤレスキットあるものの、バッテリーの持ちなども考えて現実的に遊べるのは、やはり有線のモデルになります。最近では各地のイベントや観光地、ゲームセンターなどでVRありますが、ほとんどが有線モデルを使用しています。
そしてハイスペックのPC(2019年3月現在で、20万前後のゲーミングPC)が必須です。

そしてPCを立ちあげてVRのヘッドセットをかぶってゲームを始めるまでが、案外時間がかかります。ヘッドセット自体、重いですし、夏は暑いですし、メガネかけられないですし、結構制約があるんです。
コンテンツ不足もあいまって、家庭用のVRはやはり一部マニアのものとなっている印象です。


そんな中、NintendoがVR出してくるなら、ライトユーザー向けのコンテンツを用意してくると思われますので、VRに少し興味あるけど初期投資が高すぎて悩んでいる層を取り込めるんではないかと思います。

ダンボールでここまで作り込んで来るとは、個人的には面白いとさえ思います。
まあダンボールなので、汗で黒ずんだりするでしょうし、耐久性もどうなんだろうと心配にもなります。

しかし思えばNintendoって、色々と新しいことに挑戦するのが好きなようで、失敗も多くありますが、成功例も多くありますので、このVRがどう転ぶか見ものです。

■元記事 1:Nintendo SwitchがVRデバイスに! 「Nintendo Labo: VR Kit」
■元記事 2:任天堂、24年ぶりVRに復帰 Switchと段ボールVRで

スタンドアロンの次世代VR「Oculus Quest」 399ドル(約4万5000円)

カテゴリ:
Oculsuがまた新しいVRヘッドセットを発表しました。
今回もスタンドアロンで動く製品です。
Oculus

似た一体型製品との比較はこんな感じ。

Oculus Quest

VIVE Focus

Mirage Solo

Oculus Rift(参考)

国内価格(税込)

不明
(米国向け399ドル、日本円換算で約45,000円)

不明
(中国向け3,999元、日本円換算で約66,000円)

56,268円

 

ディスプレイ

1440×1600 2枚
OLED有機EL

2800×1600 1枚
AMOLED有機EL

2560×1440 1枚
LCD(液晶)

1080×1200 2枚(有機EL)

視野角

不明

110度

110度

110度

リフレッシュレート

72Hz

75Hz

75Hz

90Hz

トラッキング(ヘッドセット)

6DoF(移動も可)

6DoF(移動も可)

6DoF(移動も可)

6DoF(移動も可)

トラッキング(コントローラー)

6DoF(移動も可)

3DoF

3DoF

6DoF(移動も可)

対応プラットフォーム

Oculus Store(Quest向け)

VivePort(HTC)

Daydream(Google)

 


こうやって表で見ると、3年の発売日の差が性能に跳ね返っているような気がします。
解像度も「Oculus Rift」より上がっていますね。

何より大きいのは、PCに依存せず、スタンドアロンで尚且つ配線不要ということです。
外部センサーもなく、これ一台で動くようですので、すごい時代になった物です。

イメージはこんな感じです。


気になるのは、ソフトの販売ルートが「Oculus Store(Quest向け)」となっている点ですね。
Oculus Rift」で購入したソフトが使えるのか不明なので、例えば動画再生ソフトなど、慣れて使いやすいソフトが対応しておらず、買い直す必要があるかもしれません。

ただいずれにせよ、小遣いをまた貯めはじめることになりそうです。

最近のVR事情について(2018年7月現在)と、OculusRift CV1を1年使ってみての感想

カテゴリ:
最近、VRについての日記を書いていませんでしたので、久しぶりに市場動向などまとめてみたいと思います。

まず当初圧倒的なシェアを誇っていたHTC Viveですが、現在では2017年に行われたOculus Rift cv1の大幅な値下げ(5万円前後)に伴い、2017年度末にはシェアが拮抗、その後投入されたAcer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101をはじめとする4万円を切るMRヘッドマウントディスプレイや、スタンドアローンで動作する格安のOculus Goにもシェアを奪われつつあります。

この画像はSteamに接続しているVR・MR機器のシェアです。
201807051728576000.jpg.pagespeed.ce.DgSVAw3P6B

特にスタンドアローン型VRヘッドセット『Oculus Go』は、2万円台という価格でこれ以外何も買わなくてもVRが楽しめるというかなりのお得なヘッドセットで、売り上げを伸ばしつつあります。

6212949_rd

PS VRなどでもこんなに安くないですしね。これ、バッテリーで駆動するので、配線も不要(らしい)です。

2018年初頭にはVR市場が委縮しつつあるというニュースもでていたりしましたが、いろな選択肢が広がってきたせいか、市場は拡大しつつあるという予想もでています。
k-1-3-6-1
(出典:世界AR/VR 市場規模予測、2015年~2025年)
これはゴールドマン・サックスによる予想だそうです。


そしてここからは、VR機器を1年使用してみての感想です。
私が所有しているのは、これです。

このOculus Rift cv1、購入当初にはセッティングが英語でしかできなかったり(今もですが)、メガネが入らなかったりと苦労させられました。
時折していたコマ落ちも、GPUを「GeForce GTX 970」から「MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G 」へ変更することで解消。現在では、特にストレスなく使用できる状態となりました。


VRの問題点:インターフェース(Oculus touchの限界点)
Oculus touchというコントローラーは、物を掴んで操作するのに向いています。
なので、ガンシューティングやVRを使ったフィットネスソフトには大変向いていると思います。

その反面、フライトシミュレーターやレースゲームなどをこれでやろうとすると、握った判定が大変シビアで、スロットル操作なども難しいと思います。

これを解決すべく、現在開発中の新しいインターフェースもありますが、クラウドファンディングで資金集めをしている段階です(2018年7月現在)。
完成すれば、こんな感じで手に装着して使用できるそうです。
Oxn5r0yN
写真のコントローラーは、「HTC Vive」「Oculus Rift」「Windows Mixed Reality」に対応予定だそうです。


VRの問題点:VR空間内の移動
VRで問題となるのは、やはり移動です。FPSやアクションRPGなどのように、大きく動き回るゲームでは直感的な移動ができません。現状では通常のジョイパットで移動するのが一番移動しやすいのですが、そうなると折角のOculus touchが利用できません。

これを解決すべく開発中の技術「Cybershoes」もありますが、クラウドファンディングで資金集めをしている段階です(2018年7月現在)。これが完成すると、この写真のように椅子に座ったまま足を滑らせることで足底のセンサーが動きを感知してVR空間内を歩くことができるそうです。
201806201529270000.jpg.pagespeed.ce.uy6s-a19HE

この画像の左のが履くセンサー、椅子に座って足を動かすだけで走れますよってイメージ画像です。
201806201529892000.jpg.pagespeed.ce.8cLqTGL0NG


VRの問題点:眼鏡が使えない
これについては、Oculus Rift cv1のみのお話です。どうやらHTC Viveでは何とか眼鏡かけたまま使えるようです。
私の場合は最終的に「Oculus Rift 今更ながら、リーフツアラーを装着してみました」という日記で書いたように、リーフツアラー 度付きレンズ 水中マスク用を購入することで解決しました。


VRの問題点:選べるゲームが少ない。大作がない
VRのゲーム、安い価格帯のものが多いのですが、その反面、どうしても体験型ゲームに偏りがあり、RPGのように長く遊ぶゲームが少ないですね。
話題のゲームは一通り買ってみましたが、結果的に今でも頻回にやっているのはこれくらいです。

「Alice Mystery Garden」(AMG GAMES)
AliceMysteryGarden01
紹介記事:自遊空間でVRパズル「Alice Mystery Garden」の提供が3月7日にスタート

「AirTone」(AMG GAMES)
l1
これ、ハウステンボスで体験できたVRゲームです。このゲームは飽きないですね。
PSVR向けの移植も行われるようです。それにしてもAMG GAMESのVRゲームは面白い。
紹介記事:音ゲーは“体感”する時代へ VRリズムアクション『Airtone』

「Gun Club VR」
maxresdefault
これ単体の紹介記事ありませんでした。
このゲームは射撃場のゲームなので、基本的に自分は動きませんので、酔わないし違和感も少なく遊べます。座って的を狙う感じです。この紹介映像が判りやすいかと思います。
■Gun Club VR - Trailer [Oculus Rift]:



BOXVR」
boxvr_1
これはフィットネスのVRアプリです。
これ系の何種類かでていますが、これが一番しっくりきました。
アッパーの判定が少し厳しい感じです。
■BOXVR Trailer:


他にレースゲーム「Project Cars 2」「DiRT Rally」、フライトシミュレーター「Ultrawings」などもやってみましたが酔いますね。
■Ultrawings | Gameplay Trailer | Gear VR + Oculus Rift:


以上、丁度1年間Oculus Rift cv1を使ってみた感想でした。
ルームスケール(部屋を歩き回る)を使うゲームはできなくはないですけど、コードが引っかかったり、思いっきり壁を殴ってしまったりしたので、最近はもっぱら座ってゲームしています。

ハイエンドのVR機器はPCの要求スペックが高く、まだまだ敷居は高い気がしますが、Oculus Goの登場と、FaceBookがSNSとVRの親和性をかかげ、Oculusに資金援助を行っているので、今後はもう少し手軽なデバイスとして復旧していくと思います。

Oculus Rift 今更ながら、リーフツアラーを装着してみました

カテゴリ:
2017年9月に届いたOculus、9ヶ月が経過しました。

購入当初は、日記「Oculus Rift -いらない眼鏡を簡単装着-」に書いたように、いらない眼鏡を分解してはめ込んでいました。これで見えることは見えますが、長時間プレイすると、眼鏡が少しずつずれてくるんですよ。

この少しのズレ、結構ストレスになるんです。そこで、今月は小遣いにまだ余裕があったので、リーフツアラーを買ってみることにしました。

リーフツアラー 度付き レンズ 水中マスク用 レンズ フレーム RA0508
この画像の商品が「リーフツアラー レンズ フレーム RA0508」です。
レンズは別売りとなっていて「リーフツアラー レンズ RA0507-6.0」を購入します。左右兼用ですので、必要な度のものを選んでください。


これ、Oculusに限らず、HTC VIVEにも使えるようで、VRゴーグルと親和性が高い商品だそうです。
ただ2つ大きな欠点があるので、導入に二の足を踏んでいました。

1つめは、乱視に対応していないこと。
2つめは、レンズに触れるくらいの位置にセッティングするので、VRゴーグルが傷つく可能性があることです。

乱視については色々悩みましたが、ジムで使っている水泳用のゴーグルが乱視なしでも見えているので、ダメもとでトライしてみることにしました。
ちなみに私の度数はこんな感じ。最近かった「JINS」という眼鏡屋さんは、購入した眼鏡の度数をアプリでみることができるので、これを参考にレンズを選びました。
IMG_6349

私はいままで眼鏡屋で乱視が強いといわれてきましたが、「CYL」(乱視の度数)を見ると、実はそんなに強くない乱視だったようです。

レンズの度数は、左-2、右-3を購入してみました。
IMG_6348
※一番左がフレーム、右二つはレンズです。


これを選んだのは、既に「リーフツアラー レンズ フレーム RA0508」を使用している人のブログを複数みると、焦点距離が近いので度数は低めで大丈夫と書いてあったからです。


しかし実際に使ってみると、どうも視界がぼやけます。
多分、乱視の影響もあるんでしょう。

そこでもう一枚レンズを買い足し、左-3、右-4という構成にしてみました。
レンズは左右兼用ですので、買い直しは「-4」1枚のみです。

すると、かなりクリアに見えるようになりました。
私の乱視の度数「-0.75」「-1.25」程度の乱視なら、近視用の度数をあげることで何とかカバーできるようです。


そしても一つの問題、傷です。
傷は9ヶ月使ってきて、レンズの違和感で長時間使えない状態が続いていたので、傷はしかたないと割り切って使うことにしました。

一応レンズの保護フィルムもあるようですが、現在はAmazonでは取り扱いを停止しています。

装着してみるとこんな感じです。
IMG_6425

横から見ると、ほぼレンズに触れる距離なのがわかります。
もう少しアップで撮ってみます。
IMG_6424

この距離感なので、装着していて邪魔な感じは一切ありません。
フレームがこんな感じですので、爪がしっかりとレンズをホールドしていますから、そんなに動いて傷つくような感じは今のところありません。
IMG_6351

装着して一週間くらい経ちますが、今のところ、買ってよかったと思います。


尚、通販で購入する場合、私は最初「Yahoo!ショッピング」経由で購入しましたが、到着まで1週間かかりました。
後でAmazonでも売っていることに気づいて、プライム会員な私は、お急ぎ便で購入した所、送料無料で翌日には到着しました。

しかも発送元は同じ販売店で、Amazonにはカラーバリエーションでグレーのフレーム(Yahoo側は売り切れ扱い)もありました。
同じ店が発送しているのに不思議ですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×