カテゴリ

カテゴリ:ガジェット関連

Oculus Quest 2 専用眼鏡「WIDMOvr」を購入してみました

カテゴリ:
以前の日記で、「Oculus Quest 2」に「リーフツアラー」を使用していると書きました。
このリーフツアラー、確かに見えるようになるのですけど、元々が水中眼鏡用ですので、問題としてレンズが厚くレンズの淵の方がゆがむ、少し暗めになる、乱視には対応していないなどの問題点もありました。

そこで「Oculus Rift」の頃から存在は知っていた「WIDMOvr」というVR専用眼鏡を購入することにしました。

注文方法について -公式サイトでの入力項目-
しかしこの「WIDMOvr」は購入のハードル高めです。そもそもがポーランドの会社で、ここにネット経由で直で注文する必要があるからです。

ちなみに公式ページ。
レンズ
■URL:https://widmovr.com/

Quest2用発注ページ
VR眼鏡
■URL:https://widmovr.com/product/oculus-quest-2-prescription-lens-adapters/


入力するのは、以下の項目です。
数値は眼鏡屋さんがデータ持っているので、普段使っている眼鏡を買ったところに聞くと教えてくれます。
またJINSの眼鏡買った人は、アプリからこのデータ見ることが可能です。

1・SPH:近視または遠視のレンズ度数の強さを表します。
2・CYL:乱視のレンズ度数の強さを表します。
3・AXS:乱視のレンズはラグビーボールのような形をしており、ラグビーボールの頂点部をどの方向(軸度)にするかを決める必要があり、この傾きです。
4・Pupil distance:同行距離。測ってあるかどうかを聞いてきます。
5・PD:右目の中心(瞳孔)と左目の中心との幅です。
6・IPD preset:瞳孔間距離。これは入力しなくても勝手に入っているようです。
7・High index:高屈折率レンズを別途料金でオーダーするかという項目です。
8・Blue Light Protection:いわゆるブルーライトカットを別途料金でオーダーするかという項目です。


後は住所とカード番号を入れるくらいで、難しくないです。

使用感について
流石専用レンズ。全然疲れません。
特に目の前まで映像が迫ってくるようなとき、近くで焦点を合わせようとすると「リーフツアラー」ではレンズの淵が太くなっているためかなり歪んでピント合いませんでしたが、このレンズなら合います。

また乱視補正があるので、本当に綺麗に見えます。

キャップについて
Oculus Quest 2」では、レンズに太陽光が入る状態で放置するとレンズが焼けてしまいます。
ちなみに1~2分程度太陽光が強く当たる状態(屋外の日中など)で既にアウトだそうです。

そんな中、このレンズはキャップがついてきますので、それでレンズを保護できます。
これ、地味に便利です。

まとめ -結局、買いなのか?-
個人的な意見としては買いです。ただし到着に時間がかかります。
通常ですと、発注してから7営業日+航空便(3日程度)の時間がかかります。

現在はコロナの影響でこれが14営業日+航空便(3日程度)の時間がかかりますので、もし買うなら本体発注と同時に頼んでもだいぶん後に来ることとなります。

私の場合はたまたま「リーフツアラー」ありましたけど、到着までの間、「Oculus Quest 2」を眼鏡で使うのは煩わしいですね。



 

カテゴリ:
以前の日記「安くて使い勝手の良いペンタブレット KUMADORI」で書きましたペンタブレット、購入より半年でペンが2本もダメになりました。ペン先が沈んだままの状態となり、使用不能となるのです。

メーカー様は都度替えの新品のペンを送ってくれますが、流石に6か月で2回も送ってもらっては申し訳なく、別メーカーの商品に買い替えることにしました。

選定の理由
本当は同じXP-PENの商品でも「XP-Pen ペンタブ Deco Pro Medium」を買おうと思っていたんですけど、専用フィルムが在庫なかったんです。これは「RAYWOOD 筆や写楽 KUMADORI」を使ってみて思ったんですけど、ペンタブってプラスチックのペンでプラスチックをこするので、どうしても表面が削れてきます。フィルムなら貼りかえればいいんですけど、貼ってないと本体ごと交換しないといけません。

そこで条件をフィルムを同時購入できて、ファンクションキーが8つ程度あるものから選ぶことにしました。このファンクションキー8つというのは、これまで板タブデビューから半年、ほぼ毎日使用してきて使うキーがそのくらいだったからです。

主に「CLIP STUDIO PAINT PRO」を使っていたんですけど、ファンクションキーでよく使うのは、
1・拡大( / )
2・Alt(1のキーをクリックしておいて、Altを押しながら引っ張ると縮小になります)
3・ペン先(P)
4・ブラシ(B)
5・太さ(ブラシサイズ)を太くする( ] )
6・太さ(ブラシサイズ)を細くする( [ )
7・手のひらでつかんで動かす(Space)
8・アンドゥ(Ctrl+Z)

と丁度8つです。「RAYWOOD 筆や写楽 KUMADORI」は12個設定できますけど、結局最もよく使うキー8つを手が届きやすい位置において使いますので、それ以外のキーってあんまり使わないんですよね。

あとはペン自体にキーが2つ設定できますので、これに消しゴムと、決定キーを設定しました。


この条件で探していると、ちょうど専用フィルムがセットになった「XP-PEN ペンタブレット Decoシリーズ イラストコンテスト記念セット Deco01 V2」を見つけましたので、これにすることにしました。値段も6000円と手ごろです。

実際に使ってみて
届いてみて驚いたのはフィルムです。上部のみ固定なのですね。昔の古いWACOMのタブレットもこの形式で表面のフィルム変えやすかったので、これはこれでいい気がします。

描き心地は固めで、たまにノートPCで使っている「Wacom Intuos Small TCTL4100/K0」に近い感じです。「RAYWOOD 筆や写楽 KUMADORI」の柔らかく沈み込む描き心地に慣れてしまっていますが、その内なれるでしょう。

ペンの反応は悪くないです。

ショートカットキーはドライバを新UIベータ版にしないと、「CLIP STUDIO PAINT PRO」では何故か反応しませんでしたので、ご注意ください。

耐久性はわかりませんので、次回ペン先交換時に交換簡単にできたのかを追加レビューしたいと思っています。

まとめ
XP-PENのタブレット、今のところつくりもしっかりしていて使い心地も良好です。
後は耐久性次第ですね。


ブラウンのハンドブレンダー「マルチクイック 7 (MQ7035XG)」を買いました

カテゴリ:
私には長らく悩んでいたことがありました。妻が結婚前から使っているミキサー、使いにくいと。
アーモンドも挟まってしまって砕けず、一度に攪拌できる量が少なすぎると。

そして先日ジョーシンに行ったときに出会ってしまいました。ハンドブレンダーというものに。

ミキサーとフードプロセッサーが一つに
最近のハンドブレンダーは、アタッチメントを使用することで「混ぜる」・「刻む」・「潰す」・「泡立てる」ができます。

私の購入した「ブラウン マルチクイック7 MQ7030XG」は、下の写真のセットになっています。
MQ

鍋などに直接左側の本体を突っ込んで攪拌もできますけど、真ん中の黒いアタッチメントを使用すると砕く、刻むができ、右下のおろし金を真ん中の黒いアタッチメントにセットすれば大根おろしもつくれます。

400Wのパワーがあるので、スムージーなら1杯3秒程度で作れます。

本体の重さ:890g
回転調節:スマートスピード搭載
回転回数:約13800回転
チョッパー:500gまで
定格時間: 1分(泡立て3分)


何故ブラウンを選んだのか?
ハンドブレンダーは購入前に調べていくと、競合機種として以下がありました。
最終選考まで残ったものは少し詳しくポイントを解説しています。
最終的に今回の機種を選んだのは、パワーと使いやすさです。


1.パナソニック ハンドブレンダーMX-S301-K
国産のパナソニックの商品です。特徴はパワーは低めながら、動作モードが高速と低速、間欠の3つから選べることですね。連続稼働時間は1分、その後は10分休ませる必要があるとのことです。パナソニックらしい、優等生っぽいけどイマイチ特徴に欠ける商品です。
安全性には気を配っていて、ブレーカー・サーモスタットが連続使用時の本体の故障を防ぎます。

本体の重さ:780g(ブレンダー使用時810g)
回転調節 :2段階
回転回数:
チョッパー:200gまで
定格時間:1分(泡立は2分)




2.ブラウン マルチクイック9 MQ9035X
これは最後まで悩んだ1台です。同じブラウン製の最上位機種ですが、500Wモーターを搭載しているので、アボガドを種ごと粉砕できるパワーがあります。半面、おろすアタッチメントはなく、大根おろしなどでは使用できません。
実際に使用して比較検証していた人のブログを見ると、「パナソニック ハンドブレンダーMX-S301-K」は細かく繊細な仕上がりになるのに対し、こちらは固いものでもいけるけど、繊細とは書いていませんでした。

実機を「ブラウン マルチクイック7 MQ7030XG」と握り比べると、「ブラウン マルチクイック9 MQ9035X」の方が重量が110g重いのと、グリップ形状の違いで、「ブラウン マルチクイック7 MQ7030XG」の方が持ちやすいです。

このマルチクイックシリーズは、握り方で歯の回転速度が変わるので、「ブラウン マルチクイック9 MQ9035X」の形状ですと本体を支えるためにスイッチを強く握ってしまいがちになったので、こちらは最終的に選びませんでした。


本体の重さ:1000g
回転調節:スマートスピード
回転回数:約12800回転
チョッパー:200g/500gまで
定格時間: 1分(泡立て2分)




実際に使ってみて
購入後1ヶ月が経過しました。毎日は使っていませんが、数日おきに使用しています。
ブラウンではこのブレンダーを使ったレシピを下記サイトで公開しています。

■URL:https://www.braunhousehold.com/ja-jp/recipes

ここにでてくるスープやスムージーはよく作りました。
付属の専用計量カップ(600 ml)は便利ですね。あれ、高さがあるのと丁度の大きさなので効率的にかき混ぜることができます。

一応鍋に入っている具材も直接攪拌できますけど、ある程度細かくなるまでは結構具材が逃げるんです。
なので鍋に直接使用するときは、垂直に鍋の底に押し当てるようにして使用しています。
これをこまめに繰り返していくと、綺麗に粉砕できます。底が広い鍋を使用すると具材が横に逃げやすくなるので、底が狭く高さがある鍋の方が使いやすいです。


チョッパーは凍っているものを砕くのは非推奨のようですけど、解凍しきれていない鶏肉とかを粉砕した時にも問題なく粉砕できました。意外に頑丈です。前モデルでは一カ月もせずに接合部が壊れたというレビューを複数見ましたが、一応故障なく使用できています。
ミンチの作成、みじん切りなどは大変楽になりました。
このモデルより大根おろしもできるようになりまして、大変便利です。


気にしていた連続稼働時間ですけど、1分も全開で回すことは今のところありませんでした。
パワーがあるので、長くても30秒ほどで粉砕可能です。


粉砕するときに握る強さで回転速度が変わるのは結構便利ですね。


まとめ
買ってよかった。この一言につきます。
ミキサーとしても優秀で、パワーもあるので使いやすいです。


カテゴリ:
タイトル通り、近日アップデートの「watchOS 7.3」から心電図アプリが使えるようになるそうです。
だいぶん待ちました。やっとです。

対応は「Apple Watch Series 4」以降となります。

詳しくは下記記事参照してください。


RSタイチ e-HEAT プロテクション グローブ RED(RST639)を買ってみました

カテゴリ:
通勤にバイクを使っていると、冬の指先の寒さ堪えますよね。
そして今年は寒い・・・ 気がする。冬用のグローブ使っていますが、とにかく寒い。

そこでバイクワールドの初売りで30% Offとなっていた電熱グローブの導入を決意しました。
購入して1ヶ月通勤で使ってみてのレビューです。

購入したモデルについて、使用感も含めたレビュー
最終的に購入したのは、色もサイズもこれになります。

バッテリー
バイクワールドの店員さんの説明では、このグローブ、今年モデルよりバッテリーの持ちがかなりよくなったとのことでした。以前のモデルがどのくらい持ったか知りませんけど、今年モデルのは公式サイトでこのように紹介されています。
e^heat
実際の温かさ
今年は特に正月前後で私の住んでいる付近でも-4℃まで落ちることありました。この状態で使用していましたけど、ノーマルで十分に温かかったですね。
最初に温めるまでに電力喰うので(多くの人は最初ハイパワーで使うそうです)、私は使用する数分前より室内で電源を入れています。そうすると、外で冷え切ってから温めるより効率いいです。氷点下で長時間乗ると温度下がってくることもありますが、その時に少しだけハイパワー使う感じで問題なかったです。
サイズ感
私、Mサイズで少しぶかぶかなんですけど(むしろSサイズでもいける)、お店の人はMを薦めてきました。理由としましては、スロットル、クラッチ操作をするのにあまりきっちりサイズだと引っ張られて使いにくいとのことでした。
確かにクラッチ握ると思いましたが、親指が丁度いい感じになっていました。
使いやすさ
操作はボタン一つです。
e^heat2

グローブにあるこのしるしを長押し(2秒)でスイッチONとOFF、その後スイッチを押すたびにモードが変わります。グローブはめたままで操作できるので、信号待っている間にでも熱かったり寒かったりすれば長押し後にモード変更できます。
光っているので、夜でもしっかりと見えますよ。
e^heat3
バッテリー直つなぎでも動作します
一応このグローブ、専用バッテリーか車載バッテリーにつなぐこともできます。
これを別途購入する必要があります。

バイクワールドの人に聞くと、これ、ハンドル側から通すと使いにくいので多くの人はシート下からコード出して使っているようです。私は使っていませんけど、バッテリー直結で使うと温かさは増すようですね。ただ接続が面倒なので、通勤使いなら専用バッテリーを薦められました。

これにはもう一つ理由があって、コネクタで接続するバッテリー給電方式は雨の日には防水に不安がのこるとのことでした。


競合他社モデルにつきまして
デザインでいれば、個人的にはコミネの方が良さそうに見えました。
ちなみに最後まで比較検討に残っていたのはこのモデル。

これもバイクワールドの人に聞いてみました。
バッテリーの持ち
これがタイチと比べて断然悪いそうです。
給電方式
タイチと同様に2方式に対応していますけど、問題は専用バッテリー以外の給電方式がシガーソケット・・・ デザインは気に入っていたのでシガーソケットつけようと思ったんですけど、通勤で使うならハンドルに固定して前から取り廻すシガーソケット式は使いにくいとのことでした。

まとめ
話を聞いている限り、バイクワールドの人はコミネをなんで置いているんだろうと思いました。
タイチの良い点は言うのに、コミネのおすすめポイントはないっぽい話し方でした。

そして実際に使ってみても、タイチは特に問題なく、むしろ使いやすいです。

この時期、少しごついですがゴミ出しなんかでも手先寒くなるので使ったりしています。
買ってよかった一品ですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×