カテゴリ

カテゴリ:ガジェット関連

初期費用を抑えつつ十分な機能をもつWi-Fi防犯カメラ「Arlo Pro 3」

カテゴリ:
先日、いつものように夜勤からバイクで帰ってくると、あれ?ガレージに鍵が刺さらない・・・
グリスを塗っても刺さらない・・・
なんか鍵の一部が凹んでいる・・・
これはあれですか?ピッキング未遂?
一応業者さんに来てもらうと、何かいたずらで突っ込まれた感じとのことでした。

防犯対策にカメラの設置費用について
そこで今回、防犯対策にカメラの設置を検討してみました。
すると高い・・・ 初期費用10万円は軽く超える。
何が高いかと思ってよく見てみると、設置工事費用が高い。

ある程度ちゃんとしたカメラは、録画用の本体を室内に、カメラをそこから有線で電源とともに引きます。そして角度を確認して設置。台数も2台以上設置することが多いようで、これをすると、15万円くらかかってしまいます。

無線のカメラを探してみる
無線のカメラを探すと色々なモデルがありますが、その中で良さそうなのを見つけました。
それが「Arlo Pro 3」です。

これのポイントは、充電式バッテリー駆動で4~6カ月持つというところ。
そして何とカラーで見れるナイトビジョンに対応していることです。
これ、メーカーサイトの使用例ですが綺麗でしょ?
720d1f8ced6236e4

Arlo Pro 3」は、下の写真のようなセットになっていて、右側がサーバ。
これを室内において置き、アプリ経由での確認や、Alexa対応のEcho端末とも連動します。
このサーバとの通信は2.4ギガヘルツ帯のWi-Fiに対応しています。
001

設置イメージもごつくなくって、いい感じです。
003

オプションパーツで太陽光パネルもあります。
008

とはいっても、我が家が設置するなら北側なので、あまり意味はありませんけどね。

価格はカメラシステム2台セットが5万9800円、3台のセットは7万8800円、追加用カメラは2万9800円となっています。我が家の場合、2台で十分なので次にもう一度いたずらされたら設置をしたいと考えております。



■関連記事:スマートにつながるWi-Fiセキュリティカメラ「Arlo Pro 3」

車にも自転車にも使える電動空気入れ 「ブラック・アンド・デッカー」の「トリプルパワーソース電動マルチ空気入れ」

カテゴリ:
欲しい。久しぶりに心の底から思いました。
なぜほしいかと言いますと、理由は3つあります。

非力なマツダの純正空気入れの代わりに
以前の日記「ダメじゃん、マツダのタイヤパンク応急修理キット!! ダメじゃん、TOYOタイヤ!!」で書きましたように、最近の車にはスペアタイヤがないのに、パンク修理キットが役にたたなくって、大変な思いをしました。

でもこれ、一応車の空気も入れられるって書いてあるじゃないですか。
BDCINF18B_A1

本当なら大変ありがたい。純正がダメなら、自分で用意するしかないと思っていたのですが、Amazonで車の空気入れられる商品みると、でかいのが多いんですよね。

なので、この小ささで本当に大丈夫かって心配なんですけど。

嫁さんのあまり乗っていない自転車のために
ロードバイクって家のだけかもしれませんけど、すぐに空気抜けるんです。
なので我が家のロードバイクは玄関の置物と化しています。

しかし、簡単に空気入れられるのなら、近所のドラックストアやジムに行くのに使えます。

一応標準でアタッチメントがあり、自転車にも空気入れられるようです。
BDCINF18B_A3_z

自分のバイクの空気圧調整用に
大型に限らず、バイクってガソリンスタンドの空気入れ使えないこと多いんですよね。
特に前輪は大口径のディスクブレーキがついているので、空気入れの先が入らない。

なので空気の調整に毎回バイク屋に行く必要があって面倒なんです。
これが使えるならば、是非自宅で使いたいですね。



他のウリ
電源が専用18Vリチウムイオン充電池、100Vコンセント、12V車載シガーソケットと、3種類の電源で使えるようです。

バッテリーで使用する場合は、ここの会社の他の工具と共用のリチウムイオン電池が使えるようですね。



発売時期
2020年の2月中旬を予定しているようですね。
楽しみです。

網膜投影型の眼鏡が発表されました -Bosch Light Driveテクノロジー-

カテゴリ:
VR、ARにつづいて網膜投影型のデバイスが投入され始めました。

網膜投影型は、イメージとしてはこんな感じに、眼鏡を通して実際の景色の上に必要な情報を表示するツールです。
focus

公式動画もアップされました。


用途として想定されているのは、スマホの通知やナビなのどの情報を直接投影することでスマホを開かなくても情報が確認できるツールを目指しています。

この網膜投影型は各社いろんな試作品を発表していますが、商用ベースで実際に購入できるのは2020年1月現在ではNorth社が2019年から発売している「Focals」があります。

下の写真は、2020年に投入予定の「Focals 2.0」になります。より普通の眼鏡に近づいています。
202001061822977000


そして今回ご紹介するのは、2019年年末に発表された「Bosch Light Driveテクノロジー」についてです。
d5028-267-930934-0

これは従来型のが、眼鏡に装着しているデバイスより、プリズムを使って間接的にレンズに画像を投影するタイプが多かったのですが、今回の商品は網膜に画像を直接投影します。
d5028-267-667844-3

ですから、周りがすごく明るくても見えます。環境に依存しないタイプの網膜投影型ディスプレイになります。そしてこのデバイスは上の写真のように、本体は小さいので普通の眼鏡に仕込めます。調整は必要でしょうけど。

ただ直接網膜に長時間光を投影するので、目への負荷はどうなんでしょうか?
今回の商品に限らず、網膜投影型ディスプレイに関して、健康への影響に関する記事がないのが気になりますが、今のところ確認できず、理論上は問題ないということでしょうか?

いずれにせよ、このデバイスが普及すれば、現在のAppleWatchをはじめとするウェラブル端末の一歩先の製品になるのではと期待しています。

うさぎと掃除機 -ダイソンのコードレス掃除機の劣化について-

カテゴリ:
ウサギは可愛い。
IMG_9427

でも抜け毛が多い。
ウサギをマッサージしていると、毛がこんなに抜けます。定期的にブラッシングしてても。
IMG_9423

そして最近、この抜け毛がダイソンの掃除機で吸いきれなくなってきました。
MAXのパワーにしても、うちのV6はもはやウサギの毛を完全に取りきることはできません。

そこで家を新築後に一度も使用していなかった「Panasonic MC-SS220G」を使用してみることにしました。数年眠っていた実物の掃除機はこれ。
IMG_9361

そして掃除終わったカーぺットがこれ。
IMG_9362

見事に毛がなくなっています。こんなにきれいになると思っていませんでしたので、比較画像とるのを忘れたのが悔やまれます。

一応別件(クリアポッドが割れた)で問い合わせた時に聞いてみた情報によれば、ダイソンのコードレスの想定のバッテリー寿命は3年だそうです。我が家のダイソンは3年以上経過しましたので、バッテリーは既に死にかかっていると思いますから、吸引力の低下は仕方ないと思われます。

そこで最近は、ウサギが遊んでいるエリアは有線のPanasonicの掃除機で、それ以外のエリアはダイソンの掃除機で掃除することにしています。
ウサギの毛は絨毯に絡みやすいので、確実に吸うならバッテリーが元気なコードレスか、有線の掃除機がよさそうです。

外出中に実際に Amazon Echo でウサギを見守ったお話

カテゴリ:
我が家には2台の「Echo Spot」が置いてあります。
知らなかったんですけど、今は販売やめたんですね。これ。
amazonecho13

今は後継機の「Echo Show 5」しか売っていないんですね。これ、形好きだったのに。


今回はこのAmazonEchoシリーズのテレビ電話機能を使用して、仕事中や外出中にペットの様子を確認するお話です。
スクリーン付きのAmazonEchoシリーズには標準で画面の上に小さな穴があって、そこにカメラが装備されています。こちらの声もテレビ電話機能で相手に通じる上に、この機能、相手が通話を受けるとかしなくてもつながるのです。

でもそうなると、プライバシーがもれまくって怖いとお思いでしょうが、カメラ機能は普段は切っておくことができますし、「Echo Show 5」からはカバーが標準でついているので、物理的にカメラが写らないようにできます。
61mVw-IZ9QL._AC_SL1000_

そしてこの画像は、実際に外出中にウサコッツに呼び掛けているときのものです。
IMG_8991

呼びかけると、反応していますね。
IMG_8993

この画像は、ケージから2m程度離れた場所に台を設置して撮影しました。
見え方ですが、最初はぼやけて何も見えないのですが、30~60秒ほどかけて鮮明になってきます。

昼と夜で試したのですが、夜はさすがに何も見えませんでした。


これ、声は相手側には結構大きな音で聞こえているので、ペットを驚かさないように、使う場合はあらかじめ誰かにAmazonEchoの近くにいてもらって調整しておくとよいです。

これ一人で調整すると、ハウリングでかなりうるさいです。


いつもは外出から帰るとしばらく不機嫌なのですが、この機能を使って時々呼び掛けていたからか、怒ってはいませんでした。

このページのトップヘ

見出し画像
×