カテゴリ

カテゴリ:IT関連

ドコモの新プラン「ahamo」はどうなの?

カテゴリ:
ドコモが発表した「ahamo」、かなりお安いんですがメリットとデメリットがあまり見えてきません。
現時点でわかっている範囲の情報をまとめて、個人的に乗り換えた方が得なのか考えてみました。

例によって検証長くなったので、最初に結論をまとめ、後でデータを乗せていきます。

まとめ
自力で何とかできる人向けのプランが「ahamo」の様です。
これまでのように、ドコモショップに行っても「ahamo」契約者はサポートは受けられません。

これまで店頭で対応していた各種申し込み、端末購入、機種変更、各種設定、故障・紛失時の手続きはすべて自力で行うことが前提のプランとなります。

後は回線速度が遅いので、外で重い動画を見る人には向かないかも知れませんね。家でwifi下でしか使わない人には向いていると思いますけど。


競合他社のプランとの比較
下図は「Business Insider Japan」よりの引用です。プラン内容としては、MVNO(仮想移動体通信事業者)に準じたものとなっているみたいです。

ahamo
 

回線速度の問題
回線は他のMVNO(仮想移動体通信事業者)と違って回線を間借りしているわけではないので、おそらくですが安定した通信が可能と思われます。

ただし最大通信速度が設定されていますので、受信は最大1Mbpsのようですね。

これに対しいわゆる3大キャリアの通信速度は、例えばauの4G LTEの場合ですと、最も回線速度が遅い地域で受信最大37.5Mbps/送信最大12.5Mbps回線速度が速い地域ですと受信最大75Mbps/送信最大25Mbps、都心部などでは受信最大100Mbpsとなっているようです。


この受信最大1Mbpsは、今の若い方は知らないかもしれませんけど、ADSL回線の一番遅い契約が1Mbpsでしたので、あの印象です。

1Mbpsでできること

音楽やナビアプリは問題なく使用できるようです。サイトも文字ベースのものは問題ないです。高画質の動画が埋め込まれているサイトは厳しい印象です。

動画視聴(中画質程度まで)
サイト閲覧
地図アプリ
LINE
Twitter
Instagram
音楽アプリ


1Mbpsでできないこと

下に書いてあること、できないわけではないのですが、快適ではないといった印象です。ゲームもものによります。

動画視聴(高画質再生時)
ショッピングサイトでの買い物
ゲームアプリ
アプリのダウンロードやアップデート




対応端末の問題
現時点でこのプランで使用できる端末が発表されておりません。SIMフリー端末が使えれば、iPhoneもアップルショップなどで買ってきて使えるかも知れませんけど、専用端末とかになってくると嫌ですね。

トラブルには自力で対応する
ここが最大のネックになるんでないでしょうか?
私は契約時も含め、基本的にキャリアショップに行かないので問題ないんですけど、困った時にショップに持ち込むという方法がとれません。

キャリアメールが使えない
Gmail使えば問題ないと思いますが、今使っているアドレスに思入れがあったり、アドレス変えるのが嫌な人は向かないでしょう。

ドコモの各種プランの割引対象外
シンプルにした分、家族割などを受けることはできません。
同様に新規契約扱いなので、長期契約割もありません。


以上が今わかっている内容です。個人的には回線速度が遅いのがデメリットとして大きいかな。なので乗り換えないという結論になりました。

Windows10 古いバージョンのサポートが終了します -2019年5月版以前のバージョン-

カテゴリ:
表題のように、2019年5月版「May 2019 Update」以前のWindowsのサポートが終了します。
Windows10のPC使用している人でまったく更新していない人は要注意です。

サポート切れると「不具合や脆弱性が修正されない」ことが一番の問題です。この状態でセキュリティソフト入れていても、Windows10自体のセキュリティホールが塞がれていなければ、全然意味がありません

でもこれ、実は今までも知らない間に過去のバージョンのサポート終了しているんです。

Windows10 サポート終了の予定表
Windows10では、各バージョンのサポート期限は約1年半(18カ月)となっており、半年サイクルで新バージョンに移行するので、一つ新しいバージョン出ると、一つサポートが終了するイメージです。

表で見るとこんな感じ。
バージョン名 バージョン番号 サービスの終了
Windows 10(初期ロット) 1507 すでに終了
November update 1511 すでに終了
Anniversary Update 1607 すでに終了
Creators Update 1703 すでに終了
Fall Creators Update 1709 すでに終了
April 2018 Update 1803 すでに終了
October 2018 Update 1809 すでに終了
May 2019 Update 1903 2020年12月8日
November 2019 Update 1909 2021年5月11日
May 2020 Update 2004 2021年12月14日
October 2020 Update 20H2 2022年5月10日

Windows10 自分のバージョンを確認してみよう
手順1:画面左下「スタート」をクリック
     ※下画像、Windowsマーク
手順2:「設定」をクリック
win1

手順3:「システム」をクリック
win2

手順4:左下「バージョン情報」(既に最新版の場合、詳細情報となっています)をクリック
     画面右側の「Windowsの仕様」部分にバージョン情報があります。
win3


バージョン古かった時の更新方法
手順1:画面左下「スタート」をクリック
     ※下画像、Windowsマーク
手順2:「設定」をクリック
win1

手順3:「更新とセキュリティ」をクリック
win4

手順4:「更新プログラムをチェック」をクリック
win5

まとめ
Windows10は更新無料です。ですのでまめに更新しましょう。

 

ショートメール(SMS)での詐欺が増えています

カテゴリ:
スマートフォンの普及により、ショートメール(SMS)での詐欺が増えています。

特に迷惑メール防止のアプリやサービスなど入れている人は自分は大丈夫と思いがちです。しかし近年はメールよりもSMSがフィッシング詐欺で狙われやすくなっています。その仕組みと被害について今回は解説していきます。

今回この日記を書いたのは、実際に親族がSMS詐欺にひっかりそうになっていたのを見たので、注意喚起をできたらと思い、できるだけ最新の情報を基にまとめました。


この日記の最後の方に実際の詐欺SMSの文例画像をつけましたんで、一通り読んだら見てみてください。

なぜSMSが狙われやすいのか?(2020年11月版)
一番は手軽なことでしょう。マルウェアを経由して、他人の携帯よりランダムに生成した電話番号に片っ端からSMSを送信したり、使い捨ての携帯よりランダムに生成した電話番号に片っ端からSMSを送信したりするBot攻撃が使えるからです。

その中のURLをクリックすると、その携帯番号は生きていることがプログラム側に通知され、その後は闇サイトで売買されるリストに掲載され流通します。そうすると、どんどん色々な詐欺メールが更に送られてくる悪循環に陥ります。

図で見るとこんな感じです。

n8
■引用元:Internet Watch

ポイントは迷惑メール防止のソフト、サービスもSMSに対しては文面の判別をしていないことと、送信元を偽装しやすい点でしょうか?


どんなタイプの詐欺にあうのか?(2020年11月版)

個人情報を取得する

これは昔からある王道の詐欺です。個人情報って別に知られてもとか思うかもしれませんが、例えば以前日記で書きました「ドコモ口座」を通じて預金が不正に引き出された事件では、こういったフィッシングサイトに誘導されて個人情報を入力した人たちの情報が利用されたと言われています。

マルウェアに感染して意図せず詐欺に加担する

とくにAndroidを使用しているユーザは、アプリのインストールに制限がないため、マルウェアの被害に遭いやすいと昔から言われています。これに対し、iPhoneは最近まではAppleStoreを通じてしかアプリのインストールを許可してこなかったおかげで、このような被害はほとんどなかったと言われています。
しかし「サプライチェーン攻撃」と呼ばれる、アプリの配信元のPCをハッキングし、ここから認証を通っているアプリにマルウェアを仕込む方法が最近見られるようになってきました。

このマルウェア、種類は大きく分けてこんなものがあります。
kagoya201906-1
1.トロイの木馬タイプ
このタイプは多分iPhoneには少ないように思われます。何をするものかと言いますと、バックドアと呼ばれる簡単に端末を操作できる入り口を作っておいて、そこから使用者に気づかれないように端末を遠隔操作します。
これで困るのはカメラを乗っ取られた場合です。カメラを乗っ取られると、携帯がある空間のものは犯罪者にすべて筒抜けになります。個人情報につながるものは、例えば自宅を常時覗かれる状態だとすると簡単に漏洩しますよね。
2.スパイウェアタイプ
このタイプはユーザーが端末に入力した情報(パスワードなど)を記録し、送信します。または個人情報っぽいデータを収集し送信するなどします。このタイプは口座からお金が引き落とされたり、小額ずつ何度も換金できそうな商品を勝手に購入されたり、犯罪者のプリペイドカードに勝手にお金をチャージしたりします。

3.コンピュータウイルスタイプ
このタイプも多分iPhoneには少ないよ思われます。何をするものかと言いますと、自分の複製を作成し、第三者に送信したりして感染を広げます。

4.ワームタイプ
このタイプも多分iPhoneには少ないよ思われます。何をするものかと言いますと、対象の端末内で自己増殖し、端末を乗っ取ったり、操作不能にさせたりします。データと引き換えに身代金を要求するようなタイプはこれにあたります。

実際の文例(2020年11月版)

1.ドコモバージョン その1
02_s

2.ドコモバージョン その2
01_s


3.ソフトバンクバージョン
fig_image1


4.佐川急便バージョン
https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO3791892019112018CC0001-4

5.クロネコヤマトバージョン
20181213_ya_001

6.Amazonバージョン
EhM3t-XUcAAUyfM

7.よくあるバージョン
9

まとめ
このように、SMSの詐欺は拡大をみせつつあり、被害も拡大傾向です。
そこで以下の点に留意しましょう。

〇SMSで個人情報を入力させることはない
 ※会員登録した瞬間に飛んでくるメール以外ではほとんどが詐欺
〇本物っぽいサイトに誘導されても、そこから入力しない
 ※一旦Googleなどで検索して、自分で探したサイトより操作しましょう
〇SMSやメールは不安なら開かない
〇URLが本物っぽくても、クリックしない
 ※URLは意外に偽装できます。SSLですら最近は偽のものがあります。

ネットは便利な反面、十分な知識がないと詐欺にひっかかりやすくなります。気を付けましょう。



■参考サイト:






FaceAPPと、SODA Natural Beauty Camera で遊んでみた -40台半ばのおじさんはどこまで女っぽくなれるのか挑戦-

カテゴリ:
最近話題のFaceAPP、無料で遊んでいると女性化はできるのですが、なんだか男臭さが抜けきれない感じです。そこで、「マツコの知らない世界」で紹介していた女子高生が使う写真アプリを使って少し写真をもってやればもっと女らしくなるのではないかと思い、挑戦してみました。

FaceAPPのみで修正
FaceAPPで無料でできることは、女性化とロン毛化、後は年齢いじるくらいです。
メイクも一応あるのですが、かなり濃いメイクになるので違和感がすごくあります。

ですので、今回はこの元画像を
元が象

FaceAPPのみしてみました。
加工

やはり違和感があります。この違和感、おそらく顔の大きさと眉毛にあると思いました。
そこでここから先は「SODA Natural Beauty Camera」へ加工を引き継ぎます。


SODA Natural Beauty Cameraでの加工
SODAは本来は撮影した画像をその場で加工することを目的としている、SNOWを作っている会社がリリースしているアプリなんですけど、実は加工のみでの仕様もできます。

矢印の部分を選択することで、iPhoneに保存している画像を選べます。
a4487d01-249a-4752-a0af-a149f1e08acc

そこで先のFaceAPPで保存した画像を選択します。
そして画面下にある各種加工用のメニューを選択します。
1c0db7c7256c2d9dbb4513e0b1b9dca9

今回はスタイルとビューティーを使用しました。
スタイルとは、下のフィルタから自分が加工したい雰囲気を選ぶと、メイクと画像加工を一括でやってくれます。
8b2cf949-1020-405a-9b33-982c175c9d69

細かく修正したければ、ビューティーで写真をいじれます。5a73b15f-0615-41fe-b7d5-6cc59d95a8a5


今回、私はスリムのフィルタと眉毛の太さフィルタのみを使用しました。
スリム化は20%ほど、眉毛は50%細くしました。

そこにスタイルのMilky3フィルタを適用。できた写真がこれです。
加工2

いそう。こんな人。

全身写っている写真を加工
この元画像が・・・
12225250363932

ああ、いそう。こんな人。
12225250392329

足先や手先が血管浮いていて男なのですけど、いそう。

まとめ
単品では思ったより女性化しませんけど、アプリを組み合わせると結構違和感なく女性化できます。
今後も自撮りして遊んでみようと思います。

写真の顔のモザイク、ついに完全に外せる時代に -デューク大学のPulse-

カテゴリ:
このブログでは、時折顔にモザイクをかけて写真を掲載していますが、そんな処理が意味のない時代が迫っているようです。

Pulseのモザイク除去
まずはデューク大学が公開している画像処理のイメージ画像をごらんください。
顔モザイク2-w1280

この写真、一番上が元画像、真ん中がモザイクをかけた状態、下はそこから「PULES」を使って画像を復元したものです。元画像と比較しても、あまり変わりのないレベルで復元しています。

大きな画像で見てみても、そのすごさがわかります。
顔モザイク-w1280

Pulseのしくみ
従来のモザイクの除去手順は、解像度をあげていくことでモザイクの解除を試みていましたので、ぼやけた画像しか手に入りませんでした。

しかし「Pulse」ではGANと呼ばれる「敵対的生成ネットワーク」を使用することで、画像を生成しています。GANは2つのネットワークで画像を生成させ、本物と比較しより近いほうを本物として採用します。
下図がそのイメージ図です。
is20tech001zu004-1

この2つのネットワークで画像生成を競わせることでランダムに多量の画像を生成し、その中から最も本物に近いものを採用しています。

ですので、ここから導き出される正解は、想像上の産物でもありますので、副作用としてはありもしないものが追加されることがあります。例えばまつげが長くなったり、眉毛が太くなったりするようなものです。

それを考慮しても、モザイクの画像の人がどんな顔をしているんだろうという問いには十分にこたえられるレベルにはあるようです。

今後この手法で数多くの画像データを処理することでデータが蓄積され、精度も増していくと思います。
そうなると、ブログのモザイクの方法も考えないといけませんね。





このページのトップヘ

見出し画像
×