カテゴリ

カテゴリ:医療

耳鳴りで悩んでいます -症状から考える耳鳴り-

カテゴリ:
ここ2か月くらい、静まり返っている場所にいると、常に耳が「キーン」と鳴っている状態が続いています。最初はPCの前で作業しているときに気づいたのですけど、段々と音が強くなってきたように思えます。

そこで今回の日記では、耳鳴りについて考えていきたいと思います。
長くなるので最初に結論を書いておきます。

結論 -耳鳴りはほとんど明確な原因は特定できない-
耳鳴り単体の場合、耳鼻科を受診しても原因がわからないことがほとんどだそうです。

耳鼻科のサイトや、鍼灸院のサイト(なぜか鍼灸院は耳鳴りに関する記述があるところがあります)などを複数確認しても、他にめまいなどの随伴症状があれば原因は特定できますがそうでないと原因がわからないようです。
理由はメカニズムがわかっていないからと書いてあることが多かったです。

尚、随伴症状がある場合はこれなんか参考になるでしょう。
耳鳴り疾患

私の場合は入り口でめまいがまずないので、耳鼻科疾患や脳神経系の疾患の可能性は低そうです。


自分だけがわかるか、人からもわかるか?
■自覚的・他覚的
耳鳴り種類
自覚的は、自分しか聞こえない耳鳴りです。
他覚的は血流などに起因するため、他人も聞くことができる耳鳴りになります。

他覚的耳鳴りは自覚的な耳鳴りと比べて稀なケースですが、患者さんに耳を近づけたり、聴診器を使ったりすると医師など第三者にも聞こえる耳鳴りが、他覚的な耳鳴りです。この音は一般的に拍動(ご自身の心臓の音が耳を通して伝わってくるもの)で、血流の異変や筋肉収縮が主な原因とされています。


耳鳴りのみの症状から考える分類
耳鳴り単品での場合の疾患については、論文や耳鼻科のサイトからの情報収集はできませんでした。
なので、鍼灸院の資料からわかりやすそうなのを転載します。

unnamed

■引用元:フルミチ鍼灸院 ブログ


高音性耳鳴りから考えられる病名
分類ができたら、耳鳴りのみから考えられる疾患名を調べることができました。

1・ストレス説
高度のストレスにさらされると耳鳴りが生じるようです。
主に鍼灸院などのサイトでこの主張がされていることが多く、つぼを刺激すると軽減するよという宣伝文句とともにこの説が載っています。

2・老人性難聴の初期症状
加齢によるもののほかに、運動不足や肥満、喫煙習慣、高血圧などが原因と考えられるそうです。

そういえば症状が悪化してきた3月末からコロナウィルスの騒動でジムが閉鎖され、急に運動習慣がなくなったなーとか今思っています。


低音性耳鳴りから考えられる病名
高音性の耳鳴りや難聴が中高年に発生しやすいのに対し、低音性は20~40歳台の比較的若い層に多く発生するようです。

これも原因ははっきりとしていませんが、ある耳鼻科のサイトでは要因をストレスもしくは寝不足の患者が多かったと書いています。

低音障害型感音難聴は独立した病気ではありません。難聴を起こす病気は『突発性難聴』と『メニエール病』に大別され、1回の治療で治れば突発性難聴、再発した場合はメニエール病とされています。

雑音性耳鳴りから考えられる病名
雑音性耳鳴りは複数の音が重なったような音が聞こえるのが特徴です。
聴覚過敏が要因として考えられているようで、関係が深い病気としてはメニエール病や片頭痛が考えられているようです。そうなると、めまいも併発するんでしょうね。書いてなかったですけど。

純音性耳鳴りから考えられる病名
高音でも低温でもない、ある一定の音がずっと聞こえている状態です。
これに関してはこれといった記載が見つけられませんでしたが、論文に「急墜型難聴などでは急墜する周波数 の前後で中枢における興奮 と抑制のバ ランスが興奮側に傾き純音性 耳鳴が生 じやす くなる」との記載がありました。
まとめ -色々調べた結果、やっぱりはっきりとした原因は不明-
これではないかレベルの記載はみられるものの、耳鳴りについては研究段階だと記載しているところが多くありました。
たまにこの音がしたらこの病気と言い切っているサイトもありましたが、医療系のしっかりとした根拠が記載してあるサイトでは言い切っているところは見つけられませんでした。

ですので、気になるなら耳鼻科へかかるのが良いかと思います。


■参考サイト:耳鳴りと耳の関係は? - ゾンネボード製薬
■参考サイト:耳鳴とは 難聴、耳鳴の原因となる病気 難聴、耳鳴 ... - 滋賀医科大学
■参考サイト:議論は しない 耳鳴り治療 - J-Stage

少しの尿だけで癌検診ができる「N-NOSE」

カテゴリ:
2019年より度々ニュースにでてきた新しい癌検査がやっと日本国内でうけられるようになりました。

少量の尿だけで検査できる -N-NOSE-
この検査は患者の尿を培養地に入れ、線虫をここに入れるとその反応で癌かどうかがわかるという大変シンプルな検査です。
d23081-5-101791-0

しかしながらその精度は高く、公式ページの表ではこのような精度があると言っています。

nn_promo03-03_img

検出できる癌は、胃、大腸、肺、乳、膵臓、肝臓、前立腺、子宮、食道、胆嚢、胆管、腎、膀胱、卵巣、口腔・咽頭の15種類です。
すごいのはステージ0、1の早期がんも検知することができる点です。

N-NOSE ができないこと
ここまで書いてきた内容だと、夢のような検査ですが、弱点もあります。
それは、15種類の癌のうち、どれに罹患しているかが判別できない点です。

また他の検査方法では、ステージ0、1の早期がんを発見できないことが多く、癌だとはわかったけどそのあとどうしようというのが現状です。

とはいえ癌があるとわかっていれば、医師にそのことを伝え、経過を見ていくうちに何の癌かわかる可能性もあり、無駄な検査ではないと思います。

実施している病院 -2020年3月現在-
「N-NOSE」単体での受付を行っているのは、「医療法人エミリオ森口 芝浦スリーワンクリニック」のみで価格は13800円(税抜き)です。

他にも公式ページにて名前が公開されている医療機関を転載します。

〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング1階プラザ111内

〒164-0012 東京都中野区本町2丁目46番1号 中野坂上サンブライトツイン3階

〒198-0024 東京都青梅市新町3-53-5

医療法人同愛会 小澤病院(4月受付開始予定)
〒250-0012 神奈川県小田原市本町1丁目1番17号

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-2-11

〒573-0032 大阪府枚方市岡東町12-3-402

〒814-0103 福岡県福岡市城南区鳥飼6丁目8番5号


残念ながら、東海地方にはまだ実施病院がありません。
今後東海地方でも検査ができる病院ができたら、行ってみたいと思っています。

脳の電極で、ゲームのキャラクターを操作する実証実験 -Final Fantasy XIV Played with Brain Implants-

カテゴリ:
以前の日記「攻殻機動隊の世界が現実に -電脳化最前線 2019-」にて、イーロン・マスクがこんな感じの電極を脳に埋め込んで、デバイスの操作をする実験をしていると書きました。

このようなデバイスを使用して、ゲームのキャラクターの操作に成功した事例があるようです。
07f7498b-s

まずは実際の動画をごらんください。

■Final Fantasy XIV Played with Brain Implants:


この添付の説明文章を読んでいくと、2004年に交通事故で肩から下が麻痺。その後ピッツバーグ大学(University of Pittsburgh) で脳にデバイスを埋め込んで、この操作法を学んだようですね。

このデバイスでは、4つの電極を頭に埋め込んで、ロボットアームの操作ができるようです。もう一つの機能として、感覚のフィードバックができるようです。私の翻訳が間違っていなければ、「僕は触感(皮膚の感覚)を電極を通して感じた最初の人間です。」と話していますので、多分そういう機能もあるんでしょうね。

またこの方はまだ腕が動くので、かつては他のアカウントでプレイをしていたようですが、腕や肩が痛くなるので、プレイしなくなったとも書いていますね。それでアカウントを1から作って、ソロで活動されているようです。
動画を見て驚いたのは、物理攻撃のみですが戦闘もこなしていることです。本人は歩いて、話すくらいの基本的なことしかできないとコメントに書いていますが、ある程度自由にキャラクターを動かせているので、きっとマクロの発動もできるように思われます。


ゲーム的な話はともかく、これは結構画期的なことですね。
日本で使用されている麻痺の人向けのデバイスは、視線誘導型で、一文字一文字見て、瞬きをして決定という気の遠くなるような作業を経て、文章を構成します。
C-98-ORIHIMEEYE-1-960x610

しかし考えるだけで操作に反映できるなら、こんな面倒な方法をとらなくても、より直接的に思考を操作に反映できます。

実際にチャット(ゲーム内での会話)もできているようなので、おそらく文字入力は問題なくできるのでしょう。


このニュース見て思いましたが、技術の進歩ってすごいですね。

コータック治療(放射線増感剤併用療法)による癌の新しい治療方法

カテゴリ:
最近ネットニュースで見かけた新しい癌の治療方法にコータック治療というものがあるそうです。

癌の治療の一つに放射線療法があるのですが、これを効きやすくする治療法だそうで、こんなイメージです。
img_sensitizer_1

この増感剤につかわれるのは、オキシドールとヒアルロン酸というなじみのある物質で、費用も安いのが特徴なのですが、保険適応でないので、薬剤は1回500円程度だそうですが、結果的に臨床試験扱いとなっているようです。

実際に治療を行っている病院の資料をみますと、乳がんに特に効果があるようですね。
■東京放射線科クリニック:https://www.troc.jp/pdf/troc_cancerMap02.pdf

2019年現在では、高知大学、大阪医科大学、名古屋市立大学などの病院で治療が受けられるようです。
症例数としては1000例程度が実施され、結果は良好と書いてありましたが、どの程度の成果が上がっているのか数値では確認できませんでした。

しかし薬剤自体が安く、また大学病院などは臨床試験として、コータックの部分は無償で行っているところもあるとのことですので、癌治療の一つの選択肢としてご相談されてみると良いかと思います。


■参考資料 慈恵病院 救急医療:http://www.jikei.ac.jp/hospital/daisan/pdf/TOMONIvol.4.pdf
■参考資料 国立がんセンター 放射線療法の基礎知識:https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/radiotherapy/rt_01.html

このページのトップヘ

見出し画像
×