タグ

タグ:一眼レフ

身だしなみを整えるウサコッツ

カテゴリ:
普段よく見る光景なのですが、なかなか撮影はできないウサコッツの身だしなみを整える姿です。
ウサギのこの行為は、30秒~1分程度しかやらないことが多いので、一眼レフを構える時間もありません。

そしてスマホでは気づかれてやめてしまいますが、望遠レンズ(18-400mm)でたまたま狙っていて撮れました。

IMG_7808_R

IMG_7809_R

IMG_7810_R

IMG_7811_R

気づかれました。
IMG_7807_R


別の日の身だしなみの写真です。これも望遠レンズ(18-400mm)で撮影しました。
IMG_7831_R

IMG_7833_R

IMG_7834_R

IMG_7835_R

IMG_7836_R

終了したようです。
IMG_7837_R

ウサギは自然な写真を撮るのが難しく、いつもカメラ目線になってしまっていました。
望遠レンズのおかげで、ウサコッツの警戒範囲の外から撮影できるようになったので、今後も自然な写真が撮れたら公開していきたいと思います。

新しいレンズでのうさぎの写真(TAMRON 18-400mm)

カテゴリ:
前回の日記「ウサギを自然に撮影できる、TAMRON のレンズ(18-400mm)」にて撮影したウサコッツです。

この写真は3.5m程度(8畳間の大きさ)より撮影した、リビングで遊ぶウサコッツです。
この目線の向こうには、妻がいます。
今回のレンズでは遠距離から狙えるので、ウサギがカメラを意識していない写真が多く撮れました。

照明は室内灯のみ、撮影時間は夜の8時頃です。
IMG_7797_R
Canon EOS 80D / f5.6 露出1/30秒 ISO-6400 焦点距離128mm


この写真は私に気付いたのではなく、ウサコッツの習性と言いますか、縁がすきなので、隙あらば家の縁を噛んでやろうという決意がうかがえる写真です。
IMG_7798_R
Canon EOS 80D / f5.6 露出1/20秒 ISO-6400 焦点距離108mm


これ、今見るとピンボケしていますね。焦点距離的にはそこまで望遠ではないのですが、タムロンのレンズ、フォーカスが合うまでに時間がかかることがあるので、その時に動いたウサコッツを追ったのでぼけたんでしょうね。
IMG_7799_R
Canon EOS 80D / f5.6 露出1/30秒 ISO-6400 焦点距離138mm


これはその直後の写真です。これは綺麗にウサコッツに焦点あっています。
自然な表情がかわいいですね。
IMG_7800_R
Canon EOS 80D / f5.6 露出1/30秒 ISO-6400 焦点距離138mm


最大望遠(焦点距離400mm)での撮影です。このレンズ、使ってみて思ったのですが、望遠側は結構綺麗ですね。顔に綺麗にピントがあっていて、体はいいかんじにぼけています。
IMG_7802_R
Canon EOS 80D / f6.3 露出1/30秒 ISO-6400 焦点距離400mm


そこから少し引いてみました。今度はうさぎ全体にピントがあっている感じです。足先とかはぼけていますけど。
IMG_7804_R
Canon EOS 80D / f5.6 露出1/30秒 ISO-6400 焦点距離128mm


まだ少し撮影しただけですけど、このレンズ、よく言われるようにタムロンらしい柔らかい写真が撮れますね。
タムロンのレンズは10年ぶりくらいに使いますが、シグマとは違った、温かみがある写真がとれて満足しています。動物写真向けかもしれませんね。
 

尚、比較用に同じカメラ(Canon EOS 80D)で撮影した、シグマのレンズ(SIGMA  18-250mm F3.5-6.3)の写真も載せておきます。
81acfc72-s

撮影シーンが違いますので何とも言えませんが、毛の描写を見ると、シグマのレンズのカリカリ具合がなんとなくわかりますね。



このページのトップヘ

見出し画像
×