カテゴリ:
 私のNinjya1000には、純正のトップケースのステイがついています。これ、Kawasakiの公式アナウスでは、パニヤケースとの併用はできないとのことでした。これを避けるために、成約後に知ったのですが、GIVI純正のトップケースステイとパニヤケースなら併用可能とのことでした。

 しかし、成約後なのでどうにもなりません。 岐阜カワサキというお店で買ったのですが、納車までの変更は、返品料金がかかると言われたので、自分で取り付けることにしました。
 GIVIのサポート、Kawasakiのサポートに確認を取ろうとしましたが、親身になって聞いてくれたのはGIVIで、Kasawakiは知らないというだけで参考になりませんでした。GIVIによれば、穴の位置は一緒だと思うので、あくまで自己責任になりますが、つくかもという回答でした。

 通勤に使っているので、積載量の増加は急務であり、納車日に合わせ、Amazonで注文することとしました。



 納車日の夕方、早速取り付けをはじめます。まず困ったことに、ネジが硬い・・・ 取れない・・・

 10分ほど自宅の工具で何とかしようと頑張りましたが、どのネジも回らず、ねじ穴がつぶれることを恐れ、近所のカーマホームセンターに行きました。そこで、



 私が買ったのは、これの単品売りで「WISE SNCM20V」という6角レンチです。家にある工具セットより柄が長いため、力が入れやすくなっています。それにしても硬い。取り付けで6か所のボルトを外さなくてはならなかったのですが、その内2本はネジ穴がつぶれそうになりました。


 そして今度は、TE4100を取り付けます。しかし、ここで問題が・・・ 純正のステイは、中に筒状の金属が2つ入っていて、それでかさ上げをしてからネジを取り付けているのです。色々試行錯誤し、外側の筒は取り外し、中川の筒はそのまま使うと、丁度GIVIのステイと長さが合うことに気づきました。

 しかし、その取り付けが困難を極めました。というのも、ステイとNinjya1000の間に円盤状の大きめの金属があるので、それを支えながらネジを通し、絞めなければならないからです。この金属、ゴムパッキンがついていて、おそらくワッシャーのような役目をしているので、外すわけにもいきません。何度も中の金属が落ちましたが、30分かけて片側を何とか締めました。
 この締める際にもう一つ厄介なのが、マフラーの接続部にもステイを噛ませないといけないということです。これ、どっちから先にやっても、困難を極めます。いろいろやった結果、上のネジ2本をほんの少し締めたら、マフラーの部分のネジを通し、その後は順番に円を描くように締めていくのが良いようです。

S__6971401

 このように困難を極めたネジ締めでしたが、取り付け後は、きれいな仕上がりになり、積載量も増え、満足しています。買い出しも含め、総工程4時間の作業となりました。

S__6987784