タグ

タグ:品種

ARBA公認品種 No.37 パロミノ(Palomino)

カテゴリ:
palomino-rabbit

〇品種の由来:
ARBAへの登録は1957年。
突然変異種との記載や、毛色と筋肉質な姿を目指して品種改良されたとの記載があり、どちらが本当かわかりません。アメリカ版のWikiにも情報は少なく、ワシントン州で発生したと記載があるのみです。Wikiには狙って改良したような記載もあるので、特徴であるゴールデンな毛色を目指したのでしょう。

尚、Palominoとは、英語で「たてがみと尾が銀白色でその他はクリーム色の馬」をさす様です。


〇体格と特徴:
金色の毛色が特徴です。
体重は5kg前後と比較的大型の品種です。


〇性格:
情報があまりなく、不明です。

 
〇育て方のポイント:
情報があまりなく、不明です。

 
■実際の動画: Palomino rabbit binkies 5-29-11
 

ARBA公認品種 No.36 ニュージランド(New Zealand)

カテゴリ:
b54335364704ee0ff33ac7cf54ae067d
〇品種の由来:
ARBAへの登録は1920年。
名前がニュージーランドなのに、アメリカ原産(オハイオ州)だそうです。
元々は家畜用として飼われていた品種で、最近ペットとして飼われるようになりました。
日本の白ウサギの元となった品種だそうです。

〇体格と特徴:
体重は約5kgと大柄。
日本白色種に比べ耳が短く、頭部から全体にかけて丸みを帯びています。
丸みを帯びたフォルムは大型種では珍しいようですね。

尚、カラーバリエーションには白、赤、黒があります。
冒頭の写真は白ウサギです。
赤ウサギは大型ウサギの品種改良の際によく用いられ、大型ウサギの原種のひとつと言えるそうです。


〇性格:
性格はきついようで、その理由として、主な用途が家畜用と実験動物であったので、ペット用の様に、性格を選択して掛け合わせるなどされてこなかったことが考えられます。

とはいえ、「チェッカード・ジャイアント」などのように、わざと攻撃性を高めたウサギという訳ではなく、自立した大人のウサギという感じで、媚びてこないのがキツイと感じるようですね。
ですので、抱きウサギ化などは難しく、飼っても一緒に遊ぶことはできない感じだそうです。

 
〇育て方のポイント:
ペット用のウサギは、牧草由来のエサ以外のものを食べてもわりと平気なこともありますが、このウサギはどちらかというと野生に近いせいか、あまり変わったものを食べるとお腹を壊します。
我が家のウサコッツが好きなウサギ用のドライフルーツなども食べられないようですので、注意しましょう。
基本はペレットと牧草を、体重などを見ながら適切な量与えていくのが良いようですね。

 
■実際の動画: New Zealand bunnies born yesterday and meat rabbit updates

ARBA公認品種 番外編 -日本に生息する野生のウサギたち その4/4 アマミノクロウサギ-

カテゴリ:
mig

〇品種名:奄美野黒兎(アマミノクロウサギ )
〇生息地:奄美大島と徳之島にのみ生息。
〇体格と特徴:
体長:45㎝前後
体重:2㎏前後

奄美大島と徳之島だけに生息している原始的なうさぎで、生きた化石とも呼ばれるウサギの原型に近い種類です。特別天然記念物に指定されています。
耳は小さく、全体的に褐色で、暗い色をしているため、このウサギも大きなネズミに見えなくもないです。
もう一つの特徴として、うさぎ跳びが苦手です。後ろ足が短いのが原因だそうで、どちらかというとモグラなどのように穴を掘るのが得意だそうで、ここまでくると、もうウサギじゃないんではないかと思ってしまいますが、一応ウサギのカテゴリーに入るようですね。

■参考資料:ウサギの基礎
■参考資料:環境省 アマミノクロウサギ

ARBA公認品種 番外編 -日本に生息する野生のウサギたち その3/4 エゾナキウサギ-

カテゴリ:
1193769_m

〇品種名:蝦夷鳴兎(エゾナキウサギ )
〇生息地::北海道中央部、北見山地や大雪山系、夕張山地、日高山脈などの、主に800m以上高山帯のガレ場に生息する。岩のすき間で生活をする。
〇体格と特徴:
体長:10㎝~20前後
体重:60g~150g前後
見た目はもうほとんどネズミ。ウサギ成分は見当たりません。
ポイントは鳴く事。ウサギは通常、鼻を鳴らすことはあっても鳴かないので、鳴き声を発するウサギは珍しいです。鳴き声は甲高く、キーキーなくようです。
またこのウサギは縄張りを持ち、つがいで行動し、その縄張りもほとんど共有しています。

■参考資料:ウサギの基礎

ARBA公認品種 番外編 -日本に生息する野生のウサギたち その2/4 エゾユキウサギ-

カテゴリ:
夏バージョン:
ezoyukiusagi

冬バージョン:
ezo

〇品種名:蝦夷雪兎(エゾユキウサギ)
〇生息地:主に北海道に生息し、低い山などにいるようです。
〇体格と特徴:
体長:55㎝前後 
体重:3kg前後 
ニホンノウサギと同様、巣や群れは作らず、遊牧民のような生活をしている。夜行性で昼間は寝てすごすそうです。
時速80kmで短時間、短距離なら走れる速さを持ちます。
足裏の被毛が発達しており、雪でも沈み込まない様になっています。

このページのトップヘ

見出し画像
×