タグ

タグ:太陽光発電

テスラの太陽光発電用蓄電システム -100万円を切る価格で2020年に登場-

アメリカの自動運転の電気自動車などで有名なテスラが、日本向けに「パワーウォール」という太陽光発電システムを発売するようです。
Powerwall

本体価格は13.5kwhで82.5万円。これに系統電力接続をコントロールする「バックアップゲートウェイ」(16.5万円)と組み合わせた価格は99万円(工事費などは別。いずれも税抜)となります。

国産のものですと、同程度の容量で200万円を超えますので、結構お買い得な感じです。


またテスラらしいのが、スマホとの連携も考えられていることです。
テスラをはじめ、欧米の企業はスマホとの連携に前向きです。日本企業にも見習ってほしいです。
tesu

とはいえ、やっぱり蓄電装置は高いですね。
蓄電装置はようは巨大なバッテリーなので、10年で買い替えることも考えると、災害時や夜間電力費用の削減を狙うのでなければ、まだまだ導入に躊躇する金額です。

しかし選択肢が増えるのは良いことだと思いますし、これを機会に、価格競争が始まって日本製の蓄電池も価格が下落してくれると嬉しいですね。

■テスラ 公式:パワーウォール

カテゴリ:
我が家のウサコッツは、通年でエアコンをかけっぱなしにしており、新しい家でもそうする予定です。
そこで気になるのが電気代。
今のところは、太陽光発電でどうにか電気代を押さえられないか考え中です。

先日、住宅展示場で、我が家の設計思想ならおおよそ4~6kwのパネル設置で賄えるのではないかという話がでました。
なので、それを元に、信頼性とコストを考えて、現在3つに候補を絞っています。


〇高価だけど、性能が良いパナソニック
1KWあたり単価は約50万円とかなり高い部類。三菱系のHITパネルを継承したもので単結晶とアモルファスのハイブリッドの太陽電池。変換効率が高い。

・1KWあたり平均相場:48万~50万円
・1KWあたり年間発電量:1204KWh
・保証期間:機器10年、出力20年
・4KW構築に必要な面積:20.93㎡

〇コスパに優れ、デザイン性もよいが、発電効率の悪い京セラ
1KW単価は40万円前半。耐久性は高いようで、日本最初の住宅用太陽光発電は京セラで28年経過した現在でも現役で当時より9.3%の出力低下程度で稼働しているとのこと。
・1KWあたり平均相場:40万~42万円
・1KWあたり年間発電量:1109KWh
・保証期間:10年(有料15年)
・4KW構築に必要な面積:27.08㎡


〇とにかく頑丈な三菱電気
1KWあたり価格は40万円前半。生涯発電量とうたっている位、耐久性に自信がありそう。
・1KWあたり平均相場:40万~45万円
・1KWあたり年間発電量:1149KWh
・保証期間:20年
・4KW構築に必要な面積:25.8㎡


この中で、土地、屋根の面積などが決まれば、実際に搭載するのを選びたいと思っています。
今のところ、京セラのサムライシリーズが良いかなと思っています。デザイン性が唯一高いし、和モダンのコンセプトにあいそう。

このページのトップヘ

見出し画像
×