タグ

タグ:庭

夏のコケを守る -セフティー3 自動水やり器を使ってみて-

カテゴリ:
家を建てて3年、毎年のようにコケが夏と冬に全滅に近いダメージを負ってきました。
コケが全滅する理由としましては、夏は水不足、冬は乾燥が要因だと情報を得ました。

そこで今年はコケをスギゴケから、風が抜けて乾燥しがちな南側をスナゴケ日照時間が少ない北側をハイゴケに変更しました。これで枯れることはなくなりましたが、やはり元気はありません。

そこで8月上旬についに前から気になっていた、「セフティー3 自動水やり器 SAW-2 」を購入しました。
自動水やり器は、タカギからも「自動水やり かんたん水やりタイマー」という製品がでていますが、こちらの製品には問題があります。
地下散水栓タイプには対応していないんです。

我が家の庭には地下散水栓しかなかったので、悩みましたが「セフティー3 自動水やり器」を導入することにしました。

実際にとりつけた画像がこれです。左下に見切れているのが地下散水栓です。
IMG_8630

最初、この台いらないのではと思いましたが、ホース耐圧のをえらぶと曲がらないので、高さがいりますから、結果的にこの台付きのを選択して正解でした。

操作画面は液晶になっていて、使い方も思ったより簡単です。
IMG_8631

Amazonのレビューでは水漏れの指摘がありましたが、ホースを切ってコネクタに着けるときに、ちゃんと断面をまっすぐ切ったうえで、奥まで押し込んで金具を取り付けると漏れなくなりました。

で、実際に数日散水した状態のコケの写真がこちら。
IMG_8629

IMG_8632

案外きれいに散水できています。
写真の設定は、1日4回 1回につき2分の散水設定にしてある状態で、8月末に撮影しました。
これを導入してほぼ1か月経過しましたが、水やりやらなくてよくなったので、楽ですね。

尚、この写真の構成には、以下の部品を組み合わせてあります。





何でこんなにたくさん買ったかといいますと、この「セフティー3 自動水やり器 SAW-2 」はタカギの「自動水やり かんたん水やりタイマー」と違い、散水機本体以外は全部別途商品を購入してくださいとなっていたからです。

ただ考えようによっては、好きな部品で組めるので、こっちのほうが自由度は高い気もします。

夏の植物の水やりで困っているかたや、長期の旅行をたびたびされるかたには、向いている商品だと思います。

猫との闘い 新ステージへ -第一ビニール ここダメシートを買ってみました-

カテゴリ:
2019年1月の日記「【猫撃退機】猫との果てしなき戦い」にて、私が庭の苔を守るために猫対策としておこなってきたことをまとめてみました。

2018年12月末より2019年4月10日頃までは「猫よけ 動物撃退機 獣害退治」の導入と、内臓電池をエネループにすることで被害がなくきておりました。
しかしここに来て、再び猫が私のコケに牙をむきました。

大きく荒らされた苔庭をなおし、念のため内臓電池も充電済みと交換しましたが、効果がありませんでした。

そこでもうここまでこれば、物理的な対策しかないと考えました。
そこで今回購入をしたのが、「第一ビニール ここダメシート 10枚パック」という製品です。
IMG_7784

ビニール製のとげのシートです。
第一ビニール ここダメシート」は中にシートが10枚入っていて、設置するとこんな感じになりました。
IMG_7785

奥の黒い部分が荒らされているところで、本当はそろそろ苔を新規に足そうかと思っていましたが、猫がここを掘らないことを確認するまでは、苔を買い足せません。

尚、この冬で少しずつ増やした苔がこの黒い部分で生きていますので、その上にこのシートを1枚設置し、周りの猫が通りそうなルートに連結させたシートを写真のようにおいてみました。

設置1週間経ちましたが、いまのところ被害はでていません。
警戒しているだけかもしれませんが、このまま効果あれば、もう1セット買い足したいと思います。

ちなみに価格は852円(2019年4月現在)ですので、シート1枚あたり85円と大変お安い商品です。
このまま夏まで問題なく苔を守ってくれることを期待します。

コケも枯れる夏

カテゴリ:
今年の夏は暑いですね。異常なほどに。
かつてこれ程苔が枯れたことはありませんでした。

IMG_6661

水をかなりしつこく撒いた後でもこの程度にしか復活しません。
IMG_6660

全体を見ると、ほぼ死に絶えています。
IMG_6659

この写真の坪庭は、日陰にあり直射日光あたらないので本来は苔の生育に向いているはずなんです。
そして川から採取してきた砂苔、ハイゴケも少しまぜてあるので何とか夏を乗り切ってきましたが、今年は別格の暑さだったようです。

そこで秋口に、「ハッピーモス」の苔を買ってみようと思っています。
ここの苔、メンテが楽なようで、厚さ約10mmのピートモス、あるいはヤシ繊維の上で生育しているので、土壌が一体型になっていて枯れにくいそうです。
matimage2

杉苔は定期的に手入れが必要なことで有名で、我が家でも定期的に入れ替え行っています。
そのことを思えば、少し高くても枯れない苔は魅力です。

アマゾンでも取扱いあるようですので、涼しくなったら注文してみたいと思っています。
※2018年8月現在、取り扱いありません。時期でないんでしょうね。

苔庭を目指して -杉苔は弱かった-

カテゴリ:
現在の家に引っ越しをして、苔庭を目指して杉苔の定着を図ってきました。

■過去の日記:苔庭をめざして -新築の庭改造計画-

あれから1年がたちました。一部では苔の定着に成功しておりますが、やはり杉苔はデリケートなようで、庭の一部では完全に枯れてしまいました。何度か入れ替えを行っていますが、どうしても日照がなく風が抜ける場所では枯れてしまいます。

杉苔で有名な寺院なども。数年に一度貼り換えを行うなどしているようです。多くの方が同じような苦労をなされているようですね。

sugigoke_up1

2017年の夏には、他の品種の苔を混合させようと近所の園芸店を回ったりしましたが、苔って売っていないんですね。売っていても杉苔のみのところが多いです。

そこで河原で採集を試み、少量ながら砂苔を入手。これは見事に杉苔の穴を埋めてくれました。しかし増えない・・・
これは砂苔は日向で乾燥した環境を好むためと思われ、北向きの土地の我が家では、日中日があたる場所でしか定着しませんでした。

zu057

現在の我が家の課題は、日陰で定着する苔を探す事です。
そこで改めて日照と苔の関係をわかりやすく図示したものを探してみました。
e_002
■日照量からみる苔の種類:モスファーム

これによると、「ホソバオキナゴケ(細葉翁苔)」「ヒノキゴケ」「シノブゴケ」あたりが良さそうですね。

これを念頭に岐阜エリアの川沿いを散策しながら苔の採集をしてみました。
この苔の採集、一応神社や公園では違法になることがあります。

また国有林などでは、特別保護地区、特別地域、普通地域、海域公園の区分があり、特別保護地区、特別地域では採集できません。

■岐阜市 自然公園に関する手続き:自然公園内における行為の規制について

一応採集にいった長良川の地域は大丈夫そうでありましたが、採集前に調べておかないと逮捕されます。

発見した苔はたぶんこれ。まだ苔の見分けがつかないので、その内鑑別のためにルーペでも手に入れないとと思っています。

■砂苔:
zu057
最近、杉苔とならんで人気がでてきた品種です。
乾燥に強く、繁殖力もあります。

育て方は明るく日の当たる砂質土や岩の上を好むので、水はけをよくし、湿潤させないようにすると良いようです。
杉苔とは混合で栽培し、シート状で販売されていることもありますので、杉苔の土台にもなってくれます。我が家では一部の場所で杉苔との共生に成功しました。


■シノブゴケ:
c9966ed3be979c947ffa7ec65afb5c20
シノブゴケは乾燥を嫌う品種ではありますが、元々山間部の岩の上などに自生しているので、乾燥にも耐えます。

育て方は、半日蔭~日陰で空中湿度の高い場所で良く育つようです。
今回の採集ではあまり量はとれませんでしたが、水をかけるといち早く立ち上がってきた苔です。


■ハイゴケ:
ハイゴケ
ハイゴケはハイゴケ科・ハイゴケ属に分類されるシダ植物で、かなり頑丈な品種です。

湿度があればどんな環境下でも育つようで、乾燥にも強いという、我が家に理想的な苔です。
好む環境は、直射日光の当たらない半日陰で、湿度を保つと良いようです。


これらを選んだのは、我が家の庭が風が抜け、乾燥しがちな環境下にあるのと、北向きの家で日照時間が少ないことを考慮したからです。
まだ一日ですが、今後うまく定着したら、徐々に増やしていこうと思っています。

ウサギにとって、砂利は灼熱地獄 その2 -日陰で放牧してみました-

カテゴリ:
前回は灼熱?の砂利の上で遊ばせてしまったので、今回は終日日陰になっているカーポートで遊んでもらいました。
事前にはだしであるいてみましたが、問題なさそうな温度です。

早速放牧開始。
IMG_4534_R

あんまりこちら側で遊ばせていないので、しばらく戸惑っていました。
IMG_4542_R

IMG_4543_R

しかし数分すると、動きだします。
IMG_4545_R

落ち葉であそんでいます。そういえば、室内飼いだったので、あんまり見たことなかったのかも。
IMG_4546_R

走り出します。今回はアクティブです。
IMG_4547_R

どうです?この躍動感。野性味が少し見えますね。
IMG_4548_R

IMG_4549_R

IMG_4550_R

IMG_4551_R

少し走ると、警戒します。うさぎなので、本能ですね。
IMG_4561_R

はじめての自転車との遭遇。興味津々です。
IMG_4563_R

IMG_4564_R

飽きました。

再びアクティブな様子をお楽しみください。
IMG_4566_R

IMG_4588_R

IMG_4589_R

IMG_4590_R

IMG_4591_R

IMG_4592_R

IMG_4593_R

こんな感じであそんでいましたが、日向には決して出ません。
境界線沿いを動いていました。
IMG_4583_R

たまに間違って日向に出ると、すぐに戻ってきます。
IMG_4604_R

IMG_4601_R

IMG_4607_R

さて、5分もたつと、家に帰してほしいのか、アピールにやってきました。

これは鼻でおしている瞬間です。
IMG_4609_R

それでも反応がないと、前足でかるく押してきます。
IMG_4613_R

IMG_4616_R

それでもだめなら、見つめてきます。
これは反則です。
IMG_4619_R

IMG_4625_R

しょうがないので、今日の散歩は終わりです。

このページのトップヘ

見出し画像
×