タグ

タグ:感情

カテゴリ:
いつもはデータを元に書いている事が多い日記ですが、今回は距離感について書いてみようと思います。

これまでに反抗期の愛着形成を失敗して、なつかずに困っている飼い主さんの話を何個か見ました。
またウサギは抱っこできない子の方が多い様で、これも反抗期頃のしつけのやり方が影響している所がありました。


我が家では、「ウサコッツ、1歳を迎えての振り返り【反抗期編】」で書いたように反抗期を乗り切り、その後は良好な関係を築いていると思っています。
私達夫婦を脅威と認定していない証に、最近では滅多なことでは逃げません。


我が家のウサコッツの距離感のとり方には、以下のような特徴があります。

〇かまって欲しい時:
自分で寄ってきます。この時、抱っこしようとすると逃げますが、本当に嫌がっている場合は、全力でケージ内に逃げ込みますが、かまって欲しい時には、ゆっくり掴まりそうな速度で逃げて、すぐに戻ってきます。

もう一度戻ってきた時には抱っこしても嫌がりませんし、その後30分でも1時間でも抱っこできます。


〇1人で遊びたい時:
ウサコッツは、見てて欲しいけど、ペットサークル内で自分で遊びたい時があります。
そういう時は、最初、かまって欲しい時と同じような反応をしますが、抱き上げようとすると、素早く走って逃げます。

しかし、ポイントがあって、ケージ内にまでは戻りません。

そして私が去っていこうとすると、素早く近くに走り寄ってきます。
この時に頭をなでてやると、自分が好きなおもちゃの方に走って行って、古着を掘ってみたり、ヘルメットのバイザーを持ち上げてひきずったりして遊んでいます。

この状態の時は、近くにいて欲しいので、そばで何かしていると、定期的に頭をなでられにきます。
また見てないと、遊ぶのをやめてしまう事が多いので、暖かく見守ってあげると、楽しそうに遊んでいます。


〇抱っこされている時の反応:
頭をなでていると、ずっと腕をなめてくれる時があります。この時は大変リラックスしている時で、30分でも1時間でも抱っこできます。
なめていない時でも、顎を私の肘に載せている時も、リラックスしているようです。

反対に抱っこを嫌がっている場合、腕の中でもホリホリしてきますのですぐに判ります。

また抱っこしていて飽きてきた時には、怒られない程度に甘噛みします。この甘噛みが、ウサコッツの距離感のとり方のようで、今まで怒られてきたことを踏まえ、怒られないラインを自分なりに学習したのでしょう。頭いいなあと思います。


〇エサが欲しい時:
これは分かりやすく、すごい勢いでケージ内の壁にとりつけてあるヘチマをかじっています。
それでもほおっておくと、今度はエサ鉢を、悲しそうな音を立てながらひきずります。
特に朝方は、寝坊すると、この悲しそうな音で起こされます。


〇怒っている時:
これは段階があります。

鼻をぶっぶっっとならしているだけなら、「なんかむかつく」程度です。

背伸びするような感じで、鼻をぶっぶっっとならしていると、「マジむかつく」程度です。
この時は、噛まれたとしても、甘噛み程度です。

「マジむかつく」に、爪での攻撃や、出血を伴うほどの噛み方をする場合、「マジありえないんですけど」になります。
ちなみに反抗期は、この「マジありえないんですけど」が24時間続いて、ケージ内の何を触っても攻撃されます。

割合としては、「なんかむかつく」が7割、「マジむかつく」2割、「マジありえないんですけど」1割くらいな感じです。
「なんかむかつく」程度の怒り方であれば、まあ嫌がっているというよりは、じゃれている感じもしています。
「マジむかつく」になったら、話を聞いてあげるといいと思います。

【感情】ウサギの箱座り

カテゴリ:
今日、別の調べものをしていて知ったのですが、このウサコッツの座り方、箱座りと言うそうです。

S__7258116
 
文章で書くと、うさぎが前足を体の内側に折り畳んで座っている状態です。

写真で見ても分かりますが、眠たそうにしていて、リラックスしている感じです。
これ、実際にリラックスしているときによく見られるそうで、この体勢は、直ぐに動けない状態なので、自分が襲われる危険性がないとウサギが判断して安心しきっている様子です。薄目になっていれば、ほぼ寝ています。

この体勢、ひとつ注意したいのは、具合が悪くてもこの座り方をするそうなので、表情などには注意が必要ですね。 

カテゴリ:
最近、妻や私をウサコッツが噛む動作をするようになりました。
以前、反抗期にもこのような事がありましたが、私を噛む時は、以前の様に殺気がありません。

そこで、ウサギの噛むという行動について今回は考えたいと思います。
ウサギの販売店さんの複数のブログなどを見ていくと、概ね噛むという動作は以下の意味があるようです。


〇かまって欲しい
こういう時は、甘噛みをします。

〇怒っている
かまって欲しい時の噛み方と明らかに違うのは、血がでるほどの力で噛んでくる事です。
反抗期はこんな感じで、眼も怒ってました。

〇においを嗅いでから噛む
臭いで対照を確認し、噛んでみて更に何かを確認しています。
エサや、新しいかじり木などのおもちゃなどを噛む時は、こんな感じです。

〇相手をねじ伏せようとしている
これをやる時は、ウサギもかなりの覚悟で攻撃しています。
相手にのしかかり(マウンティング)、更に血が出るほど噛む時は、かなり怒っています。


この情報を改めてみて、今日怒ってしまったのを後悔しています。
遊んでほしかったのね、ウサコッツ。

【感情】ウサコッツの怒りの表現

カテゴリ:
 まず、これを見てください。わかりますでしょうか?

S__7258168

 これが、普段のケージ内です。

S__7258116

 ケージ内のお部屋?が、ケージの真ん中に来ていて、しかも45度回転しているのがお判りでしょうか?餌鉢も真ん中まで移動させています。こんな感じでケージ内が荒れているときは、我が家のウサコッツ、怒っているんです。鼻も慣らしますし、前足でアタックしてくることもあります。


 この時は、妻がウサコッツをほおっておいて、実家に泊まりで遊びに行ってしまったことに怒っていたようです。私も夜勤で不在でしたので、ウサコッツは私の夜勤入り前に餌をもらって、小屋を掃除してもらってから18時間もかまって貰えませんでした。下は目が怒っているウサコッツです。

S__7258170


 ここで面白いのは、同じころに朝帰ってきてウサコッツに話しかけましたが、妻には怒ってドライフルーツも受け取らないのに、私からは餌も受け取るし、撫でても怒こりませんでした。 
 どうもウサコッツは、私がなんかの用事で出かけて行ったのに対して、妻が遊びに行ったのを雰囲気で感じたのでしょう。


 ウサコッツだけかもしれませんが、仕事に出かける前には必ずドライフルーツをあげているうちに、うちの子は特定の服を着ると、ドライフルーツを受け取りにやってくるようになりました。同じように着替えても、部屋着の場合にはそのような行動は見られません。 
 なので、仕事とまでは判らないでしょうが、服装から、仕事とかの用事ではないと悟ったのでしょうか?

 他にもウサコッツは、私たち夫婦の生活パターンを把握しているような気がします。というのも、日勤、夜勤はお互い決まった時間にでていくことが多く、 日勤で朝起きている時は、あまりケージから出してと催促しません。
 しかし、休日などで遅く起きると、その場合はケージから出すように催促してきます。

  このように、私が感じているだけかもしれませんが、服装、時間で判断して、妻が遊びに行って私を見捨てたと思ったのでしょう。
 ウサギって、ルールを覚える生き物だと育児書に書いてありましたが、おそらくこういうことを言っているんだなって最近思いました。


 最後に、夜勤明けでウサコッツに餌をあげたときの写真で本日はお別れします。最初怒っていたのですが、餌の誘惑に負けて、餌を食べているところの写真です。
 
S__7258171

S__7258172

カテゴリ:
以前、「ウサコッツの愛情表現【舐めるという行為】」というタイトルで日記を書きましたが、今回、ウサギの生態についてまとまった資料を見つけましたので、そこから抜粋しまとめたいと思います。

 まず、ウサギは放っておけば相手からよってきます。特に子ウサギは自然によってくるようになるので、なでてやることで信頼関係を築いていくのがよいようです。うちのウサコッツも、こんな感じで最初は交流しました。
 これが成体や老体では警戒心を持ち、馴れるまでには時間がかかるようです。ウサコッツを選んでいるときに、1歳のウサギとふれあったときは、かなり警戒心が強く、かなりひっかかれましたし、抱くことはできませんでした。

 こうして信頼関係ができてくると、自分をかわいがってくれる飼育者、仲間と認識したウサギなどに対して愛情表現を行うようになります。例えば、人に対して足元に寄ってきて、下顎や顔を擦りつけたり、足元 をくるくる回ったりする行動がこれにあたります。これは「チンマーク」とよばれる行動だそうです。
 指を舐めるなどの行為は、以前の「ウサコッツの愛情表現【舐めるという行為】」で書いたように、愛情表現であることが多いようです。

 怒りの表現については、耳介を後方へ倒して「ブーブー」声を出して怒ることがあります。先日、体を拭いていたらこれをやってました。これがエスカレートすると、噛みつこうと威嚇姿勢をとったり、突進したり、後肢で地面を叩く行為「スタンピング:通称ウサダン」が見られます。
 何もないのに頻回に噛みつく場合には、噛みつく相手を自分より下にみていることがあるそうなので、早めに序列の確立をする必要があります。

 要求があるときは、餌容器や玩具を投げて音を立てることがあります。こういった時は、餌が欲しいか、なでて欲しい時が多いようです。

■参考資料:ウサギの基礎知識

このページのトップヘ

見出し画像
×