タグ

タグ:掃除

うさぎと掃除機 -ダイソンのコードレス掃除機の劣化について-

カテゴリ:
ウサギは可愛い。
IMG_9427

でも抜け毛が多い。
ウサギをマッサージしていると、毛がこんなに抜けます。定期的にブラッシングしてても。
IMG_9423

そして最近、この抜け毛がダイソンの掃除機で吸いきれなくなってきました。
MAXのパワーにしても、うちのV6はもはやウサギの毛を完全に取りきることはできません。

そこで家を新築後に一度も使用していなかった「Panasonic MC-SS220G」を使用してみることにしました。数年眠っていた実物の掃除機はこれ。
IMG_9361

そして掃除終わったカーぺットがこれ。
IMG_9362

見事に毛がなくなっています。こんなにきれいになると思っていませんでしたので、比較画像とるのを忘れたのが悔やまれます。

一応別件(クリアポッドが割れた)で問い合わせた時に聞いてみた情報によれば、ダイソンのコードレスの想定のバッテリー寿命は3年だそうです。我が家のダイソンは3年以上経過しましたので、バッテリーは既に死にかかっていると思いますから、吸引力の低下は仕方ないと思われます。

そこで最近は、ウサギが遊んでいるエリアは有線のPanasonicの掃除機で、それ以外のエリアはダイソンの掃除機で掃除することにしています。
ウサギの毛は絨毯に絡みやすいので、確実に吸うならバッテリーが元気なコードレスか、有線の掃除機がよさそうです。

ウサコッツのペットサークルを大掃除

ウサコッツの一番大嫌いなこと。それはたぶん掃除ではないでしょうか?
特に大掃除後は怒っています。
匂いがなくなるので、縄張りを侵された感が強いんでしょうね。

で、これが掃除前のまだ幸せだったウサコッツのお姿。
IMG_8798

すべて撤去後のペットサークル内。
この時点で、尿のにおいをとるために、「スチームクリーナー」も使用して、床もきれいに拭いてあります。
IMG_8821

なかのものを戻していきます。
配置は獣医さんに言われたように、わざと凸凹になるような配置にしてあります。
IMG_8823

私は大掃除の度に毎回配置を変えるので、掃除が終わってでてきたウサコッツは大変不満そうです。
なんか訴えています。
IMG_8831

一応裏手も見に行きます。
IMG_8826

表側の確認もします。
IMG_8824

通り抜けられそうか確認しているようです。
IMG_8828

この隙間を通ろうと思うけど・・・
無理ですね。
IMG_8830

この後、今回のレイアウトが気に入らなかったのか、この姿勢のまま途方に暮れていました。
しかも10分くらいも。
IMG_8832

でもそののちには走り回っていたので、まあ毎回恒例の抗議の姿勢をしめしただけっぽいです。

ウサギの尿が染みたカーペットをクリーニングする

カテゴリ:
うさぎをリビングで遊ばせていると、毎回困るのが尿問題です。
うさぎはしれっと、さりげなく尿をしていくので、その処理が大変です。

軽度の汚れなら、「リンレイ カーペットシャンプー」などでこすった後に、蒸しタオルとかでふくときれいになりますが、数日たって発覚した汚れは案外落ちません。

ちなみにこれね。
IMG_8778

もう尿が固まってしまっています。こうなると、「リンレイ カーペットシャンプー」でこすっても色は多少残ってしまいますし、匂いもします。

そこで、「アイリスオーヤマ スチームクリーナー」で清掃することにしました。
IMG_8779

これ、もともとは今の家建てる前に、風呂のカビを何とかするために購入しました。
かれこれ5年使用していますが、結構重宝しています。

スチームを当てて、雑巾でこすること3回、こんな感じできれいになりました。
写真は同じ場所です。
IMG_8780

コツは、少しカーペットの毛にスチームクリーナーのノズルをめり込ませることです。
そうすると、尿が浮いてきます。

そしてきれいになった部分を早速狙っているウサコッツ。
IMG_8784

ウサコッツの尿との戦いはこれからも続きます。

ウサコッツ、大掃除に怒る

カテゴリ:
先日、2連休(看護師にとって貴重な)があったので、ウサコッツのケージを徹底的に掃除することにしました。

ケージを外し、ペットサークルを三角形に配置、中にトイレとイケアでかったキャットハウスを配置しました。
まだ何も知らないので、落ち着いた表情です。
IMG_6618

そしてテラスにケージを出してきました。
IMG_6603

分解します。我が家のケージは、色々なオプションをつけてあるので、全部外すのは一苦労です。
IMG_6604

すべて外し、水洗いしました。ついでにウッドデッキも洗いました。
IMG_6606

すのこも洗剤つけてたわしで磨きました。
IMG_6607

掃除の後に、テラスを洗い流しているところの写真です。
IMG_6605

そしてケージを持って行かれて不機嫌なウサコッツ様には、夏なので冷やしミルクを提供。
IMG_6613

見慣れぬ飲み物に戸惑っている様子です。
IMG_6614

臭いを嗅いでいらっしゃいます。
IMG_6615

これ、少し飲んで毛づくろいしているところです。
この後、このミルク飲み切りました。
尚、ミルクはウサギ用のものを使用しています。
IMG_6617

外でケージが乾くまで落ち着かないのか、キャットハウスでストレス発散しているようです。
変形していますね。
IMG_6514

そしてたまに抗議にやってきます。
もう完全にクレーマーです。
IMG_6685

3時間ほど日光にさらし、掃除を終えました。
この後しばらく、臭いがしなくなって落ち着かないのか、ずっとケージの前をうろうろしていました。

そして翌日にはケージ内のいつもの定位置に寝そべっていました。

教訓:臭い重要

ウサギの毛を掃除するには、コロコロ最高

カテゴリ:
家を新築し、1年半が過ぎると掃除しても絨毯の目地に入り込んで取れないウサギの毛が目立つようになりました。
ダイソンの掃除機で吸っても、どうもうまくとれません。

そこでコロコロつかってみることにしました。

探してみると、激落ちくんのシリーズもあるんですね。今度買ってみよう。

ちなみに掃除前はこんな感じ。
IMG_6078

写真だとわかりにくいですが、所々によくみると毛があります。
これ、掃除機かけた直後なんですよ。

早速掃除開始。
犯人も見守ります。
IMG_6083

もくもくと作業していくと、少しずつ綺麗になってきました。
コロコロすげー。

ちなみにコロコロ、正式名称は「粘着カーペットクリーナー」だそうです。
1983年からあるそうです。

犯人、まだ見守っています。
IMG_6081

無視して掃除。そのうち、がりがりしてきたので、頭をなでてきました。
IMG_6082

そして再び掃除。ウサコッツはまだこっちを見ています。
IMG_6080

気にせず掃除していると、こんなきれいに。
IMG_6079

わかりにくいかもしれませんが、毛はなくなりました。今度からは掃除機+コロコロで掃除しようと思いました。

このページのトップヘ

見出し画像
×