タグ

タグ:比較

カテゴリ:
最近のPCゲーム、容量でかいですよね。先日も、「Microsoft Flight Simulator」をインストールするためにプレイ中のゲームを何個か消す羽目になりました。150GBも容量あるんです。このゲーム。
他にも最近購入した「ボーダーランズ3」で75GB、「DEATH STRANDING」で80GBと、昔のゲームに比べて大容量化がすすんでいます。

そこでこのゲームをするためにゲームを消すという状況を打破すべく、SSDの刷新をすることにしました。

購入に踏み切った理由 その1 値段

私はSSDやHDDを購入する時、その時点の値段で3万円台のものを選択することが多いです。この辺りの価格帯はその時代のメインストリームよりも少し大容量となっているか、高品質で容量はその時代の普通のものが選べるからです。

今回購入した「WESTERN DIGITAL WDS200T1R0A」も、価格は3万3000円でした。

この値段で買えたSSDは、2012年で256GB(PLEXTOR PX-256M5Pro)、2015年で512GB(TOSHIBA THNSNJ512GCSU)でしたので、この8年間で容量は10倍になりました。

購入に踏み切った理由 その2 耐久性

SSDは当初、すぐに壊れるといったイメージがありました。そこでわざとWindowsのキャッシュをHDDに指定する方法など、SSD黎明期にはこういった情報を多く見ました。しかし我が家の一番古いSSDで8年経過していますが、特に不具合なく動いています。

データで見てみると、WESTERN DIGITAL の数年前のHDDの仕様書にはMTBF 100万時間との記載があり、今回購入した同じWESTERN DIGITAL の「WDS200T1R0A」ではMTBF 200万時間とかえって長くなっています。

我が家にあるSSDの仕様を表にしてみた
ここまで文章で書いてきた内容を表にしてみました。
購入年順に書いてあります。

種類 PLEXTOR PX-256M5Pro TOSHIBA THNSNJ512GCSU WESTERN DIGITAL WDS500G2X0C-00L350 WESTERN DIGITAL WDS200T1R0A
容量 256 GB 512 GB 500 GB 2000 GB
インターフェイス Serial ATA 6Gb/s Serial ATA 6Gb/s PCI Express 3.0 (Gen 3) 8Gbits/s Serial ATA 6Gb/s
読込速度 540 MB/s 534 MB/秒 3400 MB/s 560 MB/s
書込速度 460 MB/s 482 MB/秒 2500 MB/s 530 MB/s
平均故障間隔 (MTBF) 2,400,000時間 1,500,000 時間 1,750,000 時間 2,000,000 時間
発売 2012年 2015年 2019年2020年


表にしてみてわかるSATA形式のSSDの限界
こうやって表にしてみると、読み込み・書き込み速度は大きな向上はないですね。
また Serial ATA 形式の転送速度が6Gb/sとなっていますので、これ以上性能向上は難しんでしょう。


これに対し、2018年度性の「Western Digital WD Black WDS500G3X0C-EC」は、NVMe形式のM.2 SSDで、転送速度はおよそ6倍となっています。

これがPCI Express 4.0 (Gen 4)となると、更に倍の転送速度があり、同じ「Western Digital Black」のPCI Express 4.0モデルはシーケンシャルリード最大7,000MB/s、同ライト最大5,300MB/sとなっています。


とはいえ、NVMe形式のM.2 SSDはやはり高価ですし、転送速度が速い分、発熱もすごいそうです。


SSDは突然死のリスクに注意
いいことずくめに見えるSSDにも、やはり問題点があります。
その中でも最大なのがこれだと思います。

SSDは機械的な動きをしているパーツがない分、故障するときはいきなり動かなくなることが多いようです。

複数の書き込みを見ていると、フリーズするようになった、ブルースクリーンが出た、書き込みエラーが出たなどの症状がでて数日で完全に故障することが多い印象です。


これがHDDなら、怪しい動作音がし出したころから書き込みエラーとかが段々出てくる感じで、何となくああ、そろそろ逝くなという予感があります。

ですからSSDを使用するPCでは、異常がでたら早期にデータの退避をする必要がありますが、普通予備のSSDなどある場合が少ないので、定期的な交換が予防策として最善だと思います。


ちなみにSSDの故障はデータを保存するNAND Flash部分は意外にも壊れていないことが多いそうで、それをコントロールするユニットが故障することが多いそうです。


まとめ
最近はSSDの値段が下がってメインの記憶装置としてしようできるほどとなりました。
対してHDDは10TBクラスが3万円(Western Digital Read)と、もはや何に使うんだろうという大容量化が進んでいます。

価格が下落してもやはり大容量=HDD、速度=SSDの図は変わらないようですが、耐久性はSSDも悪くないレベルまで来ている印象です。


 

カテゴリ:
2020/9/16、新型Apple Watchとして「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」が発表されました。
でも「Apple Watch SE」って何?何か機能が減ったの?イマイチわかりません。
そこで今回は9/18より購入可能となった「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」を比べてみます。

比較表


Apple Watch Series 6 Apple Watch SE
チップ S6 SiP
W3チップ
U1チップ(超広帯域)
S5 SiP
W3チップ
常時表示 ×
機能 血中酸素濃度センサー
電気心拍センサー
心電図測定
高心拍数と低心拍数の通知
転倒検出
高心拍数と低心拍数の通知
転倒検出
画面サイズ 40mmケース: 324 x 394ピクセル
44mmケース: 368 x 448ピクセル
LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ
40mmケース: 324 x 394ピクセル
44mmケース: 368 x 448ピクセル
LTPO OLED Retinaディスプレイ
ワイヤレス Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz、5GHz)
LTE UMTS(GPS+Cellularモデル)
Bluetooth 5.0
Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
LTE UMTS(GPS+Cellularモデル)
Bluetooth 5.0
価格 アルミニウムケース: 42,800円〜
ステンレススチールケース: 72,800円〜
チタニウムケース: 82,800円〜
29,800円〜

違いについて簡単にまとめ
Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」を比較すると、20%高速化されたと書かれています。バッテリーの持ちは双方ともに18時間と同等です。これ一見して同じなら「Apple Watch SE」でいいじゃんとか思う所ですが、大きいのはディスプレイの常時表示ではないでしょうか?あれ、バッテリー食いますからね。

更にセンサーがスペックダウンしての同じ稼働時間なのでバッテリー自体が小さいのか、「S6 SiP」チップが省電力化したのかどちらかではないかと思います。外観上のサイズは変わらないので、省電力化した説が有力ではないかと思っています。

ただ心電図とか要らないやとか、常時光っていると邪魔とか思う人には「Apple Watch SE」、価格がかなり抑えられているのでお勧めかと思います。

今回は色のラインナップが増えていて、しかもインパクトあるのがでてきましたね。





この2つなんか、かなり攻めた色遣いだと思います。赤、欲しいかも。

まとめ
今回の「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」、過去の「Apple Watch Series 5」や「Apple Watch Series 4」を持っている人ならあえて購入する必要は薄いかと思われます。

理由としましては、公式発表ではないのですが近々あるといわれているApple Watch OSのアップデートにて心電図が使用できるようになるといわれており、酸素飽和度の測定に看護師の立場として言わせていただきますと、それほど必要性を感じません。

呼吸器疾患、心疾患などの何らかの基礎疾患があり、酸素飽和度の測定が常時必要であれば購入するのも良いと思います。またはジムなどでトレーニング中の酸素飽和度を測りたいというニーズがあればよいでしょう。
しかし多くの普通に暮らしている人にはあまり必要のない機能かと思います。

Wifiの高速化も、そもそもそんなに高速の処理が必要なことをAppleWachで使いません。私自身、「Apple Watch Series 4」を2年ほど使っていますが、主な使用用途はお買い物の時と、スケジュール確認、計算機などがほとんどで、後はメールや電話の着信確認、天気アプリを入れて雨が降ってくる前にアラートが出るようにしているくらいです。

これら大変便利で持っていない人がこれから買うならお勧めしますが、普段の使い方から思うのは、多くの人はむしろ「Apple Watch SE」でいいんでないかと思います。

これからレビューが色々でてくると思いますので、皆様はそれもご参考に購入検討されてはいかがかと思います。

カテゴリ:
皆さま、ビックマック指数というのをご存知でしょうか?

ビッグマック指数とは、イギリスの経済誌「The Economist」(エコノミスト)が毎年発表している経済指標で、基本的には同一商品、同一品質であるビックマックの価格を比べることで各国の物価を比べようというものです。

今回、この指数を参考に日記を書いたきっかけですが、2019年春にグアムに行って、その物価上昇に驚いたので、物価、治安、渡航費用を含めて旅行しやすい国を調べてみようと思いました。今回は近場の東南アジア、オセアニア、インドで検証していこうと思います。あまり遠いと、費用だけでなく、休みもとれませんしね。

わかりやすく表にするとこんな感じです。
国名 ビックマック 渡航 外務省総合
グアム 612.98 54,800 なし E(10)
シンガポール 474.44 59,800 なし D(11)
韓国 448.58 20,800 なし B(19)
タイ 399.11 54,800 なしB(19)
中国 344.5 45,800 なし B(21)
ベトナム 313.86 72,800 なし C(16)
フィリピン 291.17 62,800 1~2 B(20)
インド 279.62 119,800 1~4 D(11)
台湾 252.75 39,800 なしA(25)
※渡航費用は、HISの同じ日発、4日間のツアー旅行費用
※中国は香港、タイはバンコク、フィリピンはセブ島、インドはバリ島の費用
※ビックマック指数は2019年のものを使用


総合評価の判断は以下の基準でおこないました。
ビックマック価格・・・200~249円 10点/250~300円 9点 以降50円あがるごとに1点減点
渡航費用・・・0~39999円 10点/40000~44999円 9点 以降5000円あがるごとに1点減点
渡航勧告・・・危険度 なし 5点 以降、レベル1で1点減点。レベル4で4点減点。

A(23~25) / B(19~22) / C(15~18) / D(11~14) / E(8~10)


■渡航・滞在費共に高いが、高額商品はお得かもなグアム:
こうやって点数化してみると、グアムの物価の高さと渡航費用がLCC撤退によりあがったことが、旅行費用の高さとしてはねかえってきている印象です。しかしグアムには一つだけ利点があります。消費税がないことです。これはハワイは正式なアメリカの州なので州税としての消費税がありますが、グアムは準州なので2019年時点では消費税0%です。

■総合的に最もお安く旅行できる台湾:
総合的に評価が高いのはやっぱり台湾です。物価あがったとはいえ、比べてみると他の国よりもまだ十分に安いようです。台湾は消費税5%です。

■買い物もあまりお得でなくなった、物価が高い韓国:
韓国は物価が思ったより高く、日本の1.2倍の物価となっています。消費税も10%となっており、もはや高額な買い物するならグアムの方が安いような気がします。
実際に2017年に日本の羽田、グアム、韓国で見てきて比較した方のブログを見つけ、それを参考にすると、有名ブランドはアメリカのブランドはグアムが最も安く、EU圏のブランドは各国横並び+消費税(なのでグアムが一番安かった)となっているようです。

■旅行先での費用は断然安いが行くのにお金がかかる、タイと中国:
タイ・中国は渡航費用の問題があるものの、物価が安いので買い物には向いている感じですね。
タイは消費税7%、香港は消費税0%です。


このような感じとなっていました。
2019年、海外旅行をお考えの方のご参考になれば幸いです。

Netflixの値上げを機に、fuluへ戻って参りました -2018年10月現在の比較-

カテゴリ:
2018年夏、Netflixの値上げが実施されました。
これにより、Netflix 1200円(HD画質・同時2画面)fulu 933円(HD画質・同時1画面)となり、改めてNetflixとの契約を継続するか考える機会になりました。

結果的にNetflixの契約を停止し、fuluへ契約を切り替えました。
その際にしらべた2018年10月現在の情報を、今回の日記では比較したいと思います。


まず簡単に比較できる部分を表にしました。
Netflix fulu
価格 1200(HD) 933(HD)
同時接続 2 1
作品数 5462 40000
独自作品
提携 フジ 日テレ
※作品数はNetflixはファンサイトよりカウント、fuluは公称

となっています。


そしてここからは、双方使用してみての感想です。

ダウンロード

まずNetflixは、やはりオリジナルコンテンツが豊富です。
ドラマも質が高く、特にアメリカ本国で作成されたものについては、高品質なドラマが多くあります
反面、他社のドラマコンテンツはfuluに比べ、やや少ないイメージです。

オリジナルアニメコンテンツは増やしていると言いますが、日本で作成されたものは半分程度でないでしょうか?
アメリカで作成されたものも含めると、数は確かに増えつつあります。
その影響か、fuluに比べるとアニメコンテンツは少ないイメージです。

ダウンロード (1)
fuluですが、こちらは以前も契約していて、日テレ買収を機に解約しました。
今回再契約してみて、コンテンツが増加しているのと同時に、CNN、BBC、MotoGPなどのライブ配信が始まっており、以前よりよくなったイメージです。

海外ドラマはやはりこちらの方が本数が多いですね。
アニメも多い印象です。

本数はまだ少ないですが、オリジナルコンテンツも増加中です。


でもこうやって書くと、fuluが良いのではと思われる方が多いと思いますが、fuluデメリットあります。
それは同時接続が1つしかできないことです。

Netflixの場合、HD画質のプランでは同時接続が2つまで可能なので、家族がそれぞれ違う番組を見ることも可能です。
対してfuluでは、同じことをしようとすると、もう1つライセンス契約する必要があります。


以前はこれ、fuluも管理があまく、同時接続できましたが、どうやら日テレに日本法人が買収されたのちに、管理が厳しくなったようで、同時に接続すると警告メッセージと共に接続が切れるようになりました。

我が家の場合、Amazon Prime Videoの契約もありますので、同時に見なければいいのですけど、家族が多い場合はNetflixの方が安くつく場合もあります。
Netflixでは、800円(SD画質・同時1画面)、1200円(HD画質・同時2画面)、1800円(4K UHD + HDR画質・同時4画面)となっており、2画面以上同時接続するなら安くなります


このようなメリット、デメリットありますが、最終的に重要なのは見たい作品があるかどうかです。
皆さまも契約もしくは乗り換えをお考えの場合、初回であれば体験1ヶ月無料ですので、少し使ってみて使い勝手が良い方を選ばれると良いかと思います。

【ピレリ ANGEL ST】新しいバイクのタイヤ、曲がれない

カテゴリ:
Kawasaki Z1000を購入し、10ヶ月で走行距離5200km、純正タイヤの溝が消滅しました。

■フロント アップ:
IMG_3511

IMG_3512

見事にスリップサインまで削れています。
ちなみにこのスリップサイン、妻は知りませんでしたので、解説サイトのリンク載せておきます。

■Toyoタイヤ スリップサインについて:http://toyotires.jp/tire/tire_02.html

簡単に言うと、これ以上のると、危ないよってサインです。


そして今回交換したのが、ピレリ ANGEL STというタイヤです。
岐阜の「BIKE WORLD」にて、前後39000円(税込)+工賃4860円(税込)で交換しました。
前のタイヤの処分料も600円とられました。

■ピレリ ANGEL ST 公式サイト:http://www.pirelli.com/tyre/jp/ja/motorcycle/sheet/angel_st.html

装着すると、こんな感じです。

■フロント:
IMG_3514

■リア:
IMG_3513

このタイヤ、今まで色々なタイヤを使ってきましたが、あまりの曲がらなさに驚きました。
感触としては、直進安定性がありすぎて、しっかりとした体重移動をしないと曲がるきっかけを作れない感じです。
それでいて、一定角度まで傾くと、そこから加速度的に傾きが増すので、なんとも乗りにくい。

今までで一番乗りにくいと思った、「メッツラー Sportec M5」以上です。
メッツラーも曲がりにくいタイヤでしたが、体重をかけると、一定の速度で傾いていきます。なので、体重の預け方も一定ですみましたが、「ピレリ ANGEL ST」では、傾き始めたら体重を少し抜かないと一気に傾いていきます。

とはいえ、これは好みなんでしょうね。クイックに傾くということは、コーナーリングでは慣れれば有利なんでしょうし。しかし、今まで使ってきたどのツーリングタイヤとも特性が違い、戸惑っています。

尚、しばらく使用してみて、また感想が変わったので、その記事も貼っておきます。
該当記事:【ピレリ ANGEL ST】ツーリング向き設定でした


ちなみに、ここ5年で使ったタイヤの感想を簡単に書いておきます。あくまで個人の感想なので、参考程度に見てください。

1.メッツラー Sportec M5(http://www.metzeler.com/site/jp/products/tyres-catalogue/Sportecm5.html):
このタイヤは、買う前から曲がらないと言われていましたので、曲がらないのも納得です。直線安定性は良いのですが、グリップが致命的になく、ZX-9Rで使っている時、シフトダウンの度に一瞬滑っている音がしていました。 ※3000~5000回転で繋いだ場合
ただグリップしない分、耐久度は大変良く、私の荒い乗りかたにも耐え、15000kmでスリップサインがでていました。片べりもまったくしませんでした。
ダウンロード (5)

2.ミシュラン Pilot Road 2:
このタイヤは、ツーリングタイヤとレーシングタイヤの両面の性格を持っていますが、どちらかというと寿命重視です。しかし、センターの減りが早く、「メッツラー Sportec M5」ほどの寿命はありませんでした。ネットの情報では15000km程度持つとのことでしたが、10000kmでスリップサインが出て買い換えました。
このタイヤはもっとも片べりがひどく、左側がえぐれていました。私は右より左側の方が倒しこみ角度が大きいのが原因とは思いますが、メッツラーの頑丈さを思うと、同じツーリングタイヤなのに残念な感じです。
PilotRoad2big2


3.ミシュラン Pilot Road 4:
このタイヤは1回しか使っていません。Pilot Road 2に比べると、柔らかさが増し、直進安定性が増した感じでした。倒しこみはPilot Road 2よりもやりやすかったと思います。しかし柔らかくなった分、寿命が短くなったようで、9000kmしか持ちませんでした。
ちなみにこいつも片べりします。
ダウンロード (6)
4.ブリヂストン BT023 SportTouring:
ツーリングタイヤではこれが一番減りが早かった気がします。8000km持たなかった感じです。特にリアは、ZX-9Rのトルクを受け止めたためか、台形に減りました。おかげで曲がらない。ただ乗り心地や、レイン性能は良かった気がします。
後、ある速度を超えるとタイヤの液状化が中心線上におこります。なので、グリップ力はここ5年で使用したタイヤの中で最もある部類ですね。
ダウンロード (7)

5.ダンロップ ROADSMART 2:
このタイヤは、「BT023」よりはマシでしたが、10000km持ちませんでした。確か9000kmくらいで交換したかと思います。

ダウンロード (8)

以上をまとめると、ピレリは一部まだわかりませんが、同じツーリングタイヤを比較した場合、

◇耐久度: メッツラー > ミシュラン > ダンロップ > ブリヂストン
◇ジャイロ効果(直進安定性): ピレリ > メッツラー > その他
◇片べりのひどさ: ミシュラン > ダンロップ > ブリヂストン > メッツラー
◇倒しこみのしにくさ: ピレリ > メッツラー > その他

というような感じでしょうか?
今度は「メッツラー ROADTEC Z8M INTERACT」がいいかもと思っています。 

このページのトップヘ

見出し画像
×