タグ

タグ:毛玉症

ウサギの毛を掃除するには、コロコロ最高

カテゴリ:
家を新築し、1年半が過ぎると掃除しても絨毯の目地に入り込んで取れないウサギの毛が目立つようになりました。
ダイソンの掃除機で吸っても、どうもうまくとれません。

そこでコロコロつかってみることにしました。

探してみると、激落ちくんのシリーズもあるんですね。今度買ってみよう。

ちなみに掃除前はこんな感じ。
IMG_6078

写真だとわかりにくいですが、所々によくみると毛があります。
これ、掃除機かけた直後なんですよ。

早速掃除開始。
犯人も見守ります。
IMG_6083

もくもくと作業していくと、少しずつ綺麗になってきました。
コロコロすげー。

ちなみにコロコロ、正式名称は「粘着カーペットクリーナー」だそうです。
1983年からあるそうです。

犯人、まだ見守っています。
IMG_6081

無視して掃除。そのうち、がりがりしてきたので、頭をなでてきました。
IMG_6082

そして再び掃除。ウサコッツはまだこっちを見ています。
IMG_6080

気にせず掃除していると、こんなきれいに。
IMG_6079

わかりにくいかもしれませんが、毛はなくなりました。今度からは掃除機+コロコロで掃除しようと思いました。

うさぎの換毛期 冬気への生え変わり

カテゴリ:
先の日記にも書きましたが、ウサコッツがふわっとしている。
そうです。換毛期が来たんです。いわゆる冬毛に生え変わる時期です。
ケージ内への抜け毛の量も増加しています。掃除が大変です。

kanmounenpyou
※引用元:http://www.usagitoissho.net/rabbit/about/kanmouki/rabbitKanmouki.html 

上の 表を見ると、既に換毛期は終了していることがわかります。

ウサギの換毛期については、春先の日記にもかきましたので、詳しくは書きませんが、注意点などまとめ直します。

この時期に気を付けることといったら、毛玉症です。
抜け毛が多く、毛づくろいの際に、胃の中に毛をためてしまう現象です。

数珠のような便が出始めたら注意が必要です。ブラッシングの回数を増やしましょう。
毛玉症の対策にはブラッシングが一番だそうです。

それにもう一つ、我が家では効果は定かでないですが、メーカーは効果があるといっているドライフルーツをあげています。


これ食べているせいか、排便は良好です。量も形もあまり変化なく来ています。

ブラッシングは背中はいいのですが、お腹はやはり触られるのを嫌うようです。我が家でも同じなので、慣れない方は2名で行うと良いでしょう。

カテゴリ:
 我が家のウサコッツは、ここ数週間、軟便気味と泥状便がつづいていました。原因として、これが確実というものはありませんが、調べていくと、段ボールを食べることで、毛玉症ににた症状がでるようです。

 下の参考資料によると、段ボールや新聞紙が胃の中にとどまり、最悪の場合、閉塞を起こしてしまうようです。

■参考資料:ウサギの食事 改訂版 すすきの動物病院

 これを踏まえ、我が家ではウサコッツが大好きな段ボールのおもちゃで遊ぶのを一時的に中止しました。というのも、我が家のウサコッツ、結構な勢いで段ボールを食べてしまいます。小さめのAmazonやヨドバシの配送用段ボールなら、数日で1/3程度の大きさになってしまいます。
 食べるだけなら問題ないのですが、明らかに牧草の消費量が減っているのと、元々嫌いなペレットを食べなくなりました。段ボールでおなかが膨れてしまっているのでしょう。
 
 そして段ボールを撤去して1日目、牧草の食べる量が増えました。大嫌いであんまり食べなかった下のペレットも段々と食べる量が増えていきました。



 1週間もすると、糞の形状は元々のコロコロうんちに戻り、下痢も見られなくなりました。食事量は増加し、牧草は下の牧草フィーダーが2回空になるほど食べています。


 段ボールを取りあえてしばらくは不機嫌でしたが、食生活と排便が元に戻ってよかったと思っています。

このページのトップヘ

見出し画像
×