タグ

タグ:病気

耳鳴りで悩んでいます -症状から考える耳鳴り-

カテゴリ:
ここ2か月くらい、静まり返っている場所にいると、常に耳が「キーン」と鳴っている状態が続いています。最初はPCの前で作業しているときに気づいたのですけど、段々と音が強くなってきたように思えます。

そこで今回の日記では、耳鳴りについて考えていきたいと思います。
長くなるので最初に結論を書いておきます。

結論 -耳鳴りはほとんど明確な原因は特定できない-
耳鳴り単体の場合、耳鼻科を受診しても原因がわからないことがほとんどだそうです。

耳鼻科のサイトや、鍼灸院のサイト(なぜか鍼灸院は耳鳴りに関する記述があるところがあります)などを複数確認しても、他にめまいなどの随伴症状があれば原因は特定できますがそうでないと原因がわからないようです。
理由はメカニズムがわかっていないからと書いてあることが多かったです。

尚、随伴症状がある場合はこれなんか参考になるでしょう。
耳鳴り疾患

私の場合は入り口でめまいがまずないので、耳鼻科疾患や脳神経系の疾患の可能性は低そうです。


自分だけがわかるか、人からもわかるか?
■自覚的・他覚的
耳鳴り種類
自覚的は、自分しか聞こえない耳鳴りです。
他覚的は血流などに起因するため、他人も聞くことができる耳鳴りになります。

他覚的耳鳴りは自覚的な耳鳴りと比べて稀なケースですが、患者さんに耳を近づけたり、聴診器を使ったりすると医師など第三者にも聞こえる耳鳴りが、他覚的な耳鳴りです。この音は一般的に拍動(ご自身の心臓の音が耳を通して伝わってくるもの)で、血流の異変や筋肉収縮が主な原因とされています。


耳鳴りのみの症状から考える分類
耳鳴り単品での場合の疾患については、論文や耳鼻科のサイトからの情報収集はできませんでした。
なので、鍼灸院の資料からわかりやすそうなのを転載します。

unnamed

■引用元:フルミチ鍼灸院 ブログ


高音性耳鳴りから考えられる病名
分類ができたら、耳鳴りのみから考えられる疾患名を調べることができました。

1・ストレス説
高度のストレスにさらされると耳鳴りが生じるようです。
主に鍼灸院などのサイトでこの主張がされていることが多く、つぼを刺激すると軽減するよという宣伝文句とともにこの説が載っています。

2・老人性難聴の初期症状
加齢によるもののほかに、運動不足や肥満、喫煙習慣、高血圧などが原因と考えられるそうです。

そういえば症状が悪化してきた3月末からコロナウィルスの騒動でジムが閉鎖され、急に運動習慣がなくなったなーとか今思っています。


低音性耳鳴りから考えられる病名
高音性の耳鳴りや難聴が中高年に発生しやすいのに対し、低音性は20~40歳台の比較的若い層に多く発生するようです。

これも原因ははっきりとしていませんが、ある耳鼻科のサイトでは要因をストレスもしくは寝不足の患者が多かったと書いています。

低音障害型感音難聴は独立した病気ではありません。難聴を起こす病気は『突発性難聴』と『メニエール病』に大別され、1回の治療で治れば突発性難聴、再発した場合はメニエール病とされています。

雑音性耳鳴りから考えられる病名
雑音性耳鳴りは複数の音が重なったような音が聞こえるのが特徴です。
聴覚過敏が要因として考えられているようで、関係が深い病気としてはメニエール病や片頭痛が考えられているようです。そうなると、めまいも併発するんでしょうね。書いてなかったですけど。

純音性耳鳴りから考えられる病名
高音でも低温でもない、ある一定の音がずっと聞こえている状態です。
これに関してはこれといった記載が見つけられませんでしたが、論文に「急墜型難聴などでは急墜する周波数 の前後で中枢における興奮 と抑制のバ ランスが興奮側に傾き純音性 耳鳴が生 じやす くなる」との記載がありました。
まとめ -色々調べた結果、やっぱりはっきりとした原因は不明-
これではないかレベルの記載はみられるものの、耳鳴りについては研究段階だと記載しているところが多くありました。
たまにこの音がしたらこの病気と言い切っているサイトもありましたが、医療系のしっかりとした根拠が記載してあるサイトでは言い切っているところは見つけられませんでした。

ですので、気になるなら耳鼻科へかかるのが良いかと思います。


■参考サイト:耳鳴りと耳の関係は? - ゾンネボード製薬
■参考サイト:耳鳴とは 難聴、耳鳴の原因となる病気 難聴、耳鳴 ... - 滋賀医科大学
■参考サイト:議論は しない 耳鳴り治療 - J-Stage

2020年、今年の抱負(ウサギに関する)

カテゴリ:
2015年3月25日生まれのウサコッツも、2020年の誕生日を迎えると、人間換算で52歳!

ウサギの月齢 人間の年齢
1ヶ月 1歳
2ヶ月 3歳
3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
9ヶ月 13歳
1年 17歳
1年3ヶ月 20歳
1年6ヶ月 23歳
2年 28歳
2年6ヶ月 32歳
3年 36歳
3年6ヶ月 40歳
4年 44歳
4年6ヶ月 48歳
5年 52歳
5年6ヶ月 56歳
6年 60歳
6年6ヶ月 64歳
7年 68歳
7年6ヶ月 72歳
8年 76歳
8年6ヶ月 80歳
9年 84歳
9年6ヶ月 87歳
10年 92歳
10年6ヶ月 96歳

もう飼い主より年上になってしまいました。
まだまだ元気に走り回っていますが、昨年(2019)は子宮の腫瘍(良性)や肩の膿瘍(良性)があり、2度の手術を経験しました。不正咬合こそありませんが、少し前歯が前方に出つつあるという指摘と、腰痛の気があるとの指摘も受けました。
IMG_9198 - コピー

ウサギの寿命は一般的には5~8年と言われていて、1歳まで成長期、4歳まで維持期、7歳まで中年期、7歳以上は高齢期という分類になるそうです。

中年期に差し掛かると様々な病気が現れる可能性が高くなります。

ですから、今年は病気の早期発見に努めるため、獣医さんに通うとともに、私たち飼い主側でもウサコッツの状態を目で見て手で触れて観察したいと思います。
昨年の膿瘍の時には、目で見ても異常に気付くのにかなり時間がかかり、触って初めて腫瘍であると確信しました。そして実際に膿瘍(良性の脂肪種)であったわけですが、これが悪性なら今頃ウサコッツは生きていなかったかも知れません。

ですので、獣医さんに任せきりにせずに私たち自身もウサギについて学んでいきたいと思います。

ウサコッツの新たな病気 -腰の骨の異常-

ウサギの骨格ですが、このような感じになっています。
setumeituki-990x556

引用:うさぎのハート

今回、ウサコッツの手術にあたっての術前検査で腰椎L6番の骨に、異常がみつかりました。
レントゲン画像をみてみてください。赤い丸の部分です。
IMG_9198 - コピー

突起があるのが見えますでしょうか?ほんの少しなのですけど、とがっているものが、左に向いています。これは通常ないはずのもので、腰に負担がかかっているうちに骨の一部が変形したと獣医さんの診断がありました。


原因としては、段差が多い場所で、腰に負担がかかるような場面が多くあった場合に起こるそうです。
心当たりは、すごくあります。

といいますのも、ソアホック予防で、前回獣医さんにできるだけ凹凸のある環境をと言われ、思いっきり凹凸をつけてしまいました。前回のレントゲンでは指摘されなかったので、多分原因は私です。
ごめんね、ウサコッツ。

早速、凹凸を控えめな環境に変更しました。
IMG_9202

やりすぎもよくないですね。ソアホックも、重度になると骨が露出したりしますので怖いのですが、腰骨やってしまうと介護生活になりそうなので、健康的に過ごせる範囲の段差を心がけていきたいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×