タグ

タグ:着物

着物について歴史と共に考える -そもそも何であんな袖ついているの?-

カテゴリ:
普段から着物を着るようになって思ったことなんですけど、そもそもなんであの袖ついているんでしょうか? 掃除・洗濯・料理などするときに必ずタスキがいりますが、それって非効率なのでは?

そんな疑問を持った時、きっと着物の成り立ちを学べばその疑問も解決されるのではと思い、調べてみました。

まとめ
長くなったので最初にまとめを書きます。現在の着物文化は昭和中期に形成されました。
元々は袖は用途に応じて短かったり長かったりしましたが、着物文化の衰退の結果、高級なものだけが生き残り、あの袖の形=着物という価値観が定着したようです。

なので、着物の着るお作法なんかも、案外最近(とはいっても昭和に入って)作られたものだそうです。だからもっと気軽に着ればよいと私は思います。


着物のルーツは平安時代の小袖
複数のサイトで調べてみると、共通して「着物のルーツは平安時代の小袖」という記載があります。

流れとしては1枚の布を体に巻き付けるだけの巻布衣(かんぷい)、布に開いた穴に頭を通す貫頭衣(かんとうい)が大陸文化の影響を受けつつ平安時代に庶民の間で小袖に進化します。この小袖を貴族が装束の下着として取り入れます。理由は貴族のこれまでの下着が着るのが面倒だったからと言われています。

袖口の誕生と着物という名前の登場
平安時代、庶民の来ていた着物は先の巻布衣(かんぷい)に筒袖を付けただけの動きやすい小袖でしたが、いつの時代にも権力者は違いを出したいもの。

こんな感じの筒袖とは違う形のものを着用するようになりました。


支配階級は袖口が縫われていない形をとり、庶民の着物と区別するために大袖と呼ばれました。
この大袖を重ね着したもので有名なのは、十二単です。この十二単、元々は派手に見せようという意図と共に、気候に合わせて着る枚数を変えるような着方がされていました。

しかし時代とともに庶民の小袖も進化し、袖口下に丸みがつき、あるいは、下に長く伸びて袂(たもと)がある着物が着られるようになってきました。この袂(たもと)つきの小袖を、筒袖つきの小袖と区別するために生まれた言葉が着物になります。庶民の着物で袖がついた理由については、ポケットとしての役割を担うためだと言われています。

武家の台頭と袴の登場
小袖は動きやすさを評価され、室町時代に入る頃には武家の中で絹の「小袖」を普段着に、儀礼ごとには武家独自のスタイルの「大袖」が着られるようになりました。武家女性の間では、小袖に打掛(うちかけ)という上着を羽織るのが正装となりました。

袴もこの頃の武家の間で広まりました。


振袖の登場
江戸時代に入る頃には着物の形はほぼ現代のものと変わらなくなりました。その中で、振袖と呼ばれるタイプのものは若い女性や元服(成人)前の男の子が着用し、元服と共に振りを縫う習慣がありました。

この振袖、江戸初期の踊り子達が着用し、着物の袖を振ると「愛情を示す」、すがると「哀れみを請う」ということを表現していたようです。これを世の未婚女性たちが真似をし、大流行したため、振袖は「未婚女性の着物」とする習慣が生まれたと言われています。

そして未婚女性に広がったことで、この袖を使って想いを示すようになります。この理由として、女性が恋愛に関する感情を直接言葉で伝えるのを恥とする文化がありました。男性よりの想いを受けるなら
「袖を左右」に、受けないなら「袖を前後」に振って意思表示をしました。

この動作が「フラれる」という言葉の語源となっています。

卒業式で着る振袖 -いつ頃から着られている?-
明治時代の女学生の制服が袴だったことが起源となっています。その後大正9(1920)年、平安女学院が日本で初めてセーラー服を制服として採用し、これが全国に徐々に浸透しましたが、昭和初期には制服としての振袖は姿を消します。
しかし卒業式でこれを着る文化のみは残り、現在に至ります。

ちなみに卒業式で着られる振袖は小振袖(袖の長さ76cm程度)で、主に袴と合わせて着られることが多いタイプの振袖となっています。


晴れ着としての振袖 -成人式で着るようになったのはいつ頃?-
これ、調べてみると結構最近なんですね。

はじまりは1945年、埼玉県の蕨市で戦争で疲れ切っている若者を激励しようと「青年祭」という催し物を企画、その中で行われた「青年式」が好評でこれが広がり1948年に1月15日が「成人の日」と制定され、各自治体が成人式をするようになりました。
そしてその時の服装が、未婚女性の第一礼装と明治時代に定められていた振袖を着ていることが多く、振袖=成人式という図式が広がりました。

ちなみに成人式の振袖は分類としては「中振袖」(袖の長さ100cm程度)がほとんどです。
本来最も格式の高い「大振袖」(袖の長さ114cm超)は着られることはほぼありません。5つの家紋入れたりするのが正式であり、レンタルでは家紋入りを出せないのが理由かもしれませんね。


現代の着物への価値観はいつ頃に形成された? -着物の高価格化が袖の形状を決めた?-
この時期については諸説ありますが、おおむね共通して書かれているのは特に戦後、洋装化が急速にすすみました。その結果、急速に着物文化は衰退し、昭和45年には年間1人あたり0.5着の着物が購入されていたものが、平成25年には0.017着と激減ました。
wasou

その中で生き残りをかけた呉服屋は、高級化路線を推し進めます。その中で継承されなくなった着物文化を自分たちの手で発信する必要に迫られます。

そこで誕生したのが着物教室。そこで教えられているのが、現在の着物の着方です。本来は庶民の着物の着方はあんなに堅苦しいものではなかったと言われています。

またその過程で着物の格付けを推し進め、絹の着物を最上位に改めて格付けし(江戸時代もそうでしたが)、この絹の着物を主力商品としました。元々は絹の着物は高貴な身分、すなわち家事をしない人々が着る服だったので袖は長く見た目重視なものでしたので、それが広がったことで、着物のイメージはあの袖が普通となりました。

ただ元々の庶民の着物は、時代劇でズボンみたいなのをはいている人たちが着ていた、袖の短いものが主流だったようです。

 
服装の歴史 (中公文庫)
高田 倭男
中央公論新社
2005-11T













カテゴリ:
我が家にある桐ダンス、今年の初めにいただいたばかりなのですが、既に着物があふれています。
入りきらないのがスチール棚にあふれるようになりました。

そこで桐ダンスについて調べていると、驚くべき記述をみつけました。
それは技術の進歩で家の気密性が高くなった結果、桐ダンスは今どきは実はいらないかもというものでした。
なるほど、確かに常識は技術の進歩とともに変わるものです。
そこで今回は桐ダンスについて考えてみたいと思います。

そもそも何故着物には桐ダンスなのか?
桐ダンスをネットで宣伝している会社を見てみると、おおむね以下のような点を売りにしていました。

気密性

透湿性が高く、通気性も優れているそうです。湿度が高い時期は湿気で引出しが膨張し隙間をふさぎ、乾燥した時期は隙間から通気するということだそうです。

防湿性

湿った外気には膨張して外からの湿気を防ぎ反対に空気が乾燥すると湿気を発散し収縮すると書いてあることが多いです。無垢材なら、桐でなくとも当てはまる気もしますが、他の材質よりも効果が高いといいたいんでしょうね。

防虫性

桐材にはタンニンが含まれているため害虫を寄せ付けにくいそうです。
会社によっては、防虫剤の類は必要ありませんと強気の記載もありました。

耐火性

詳しいデータを見ると、桐の熱伝導率は低いうえに、着火点は425℃と高く、非常に燃えにくい木です。万が一燃えても表面が炭化しやすく。、内部まで燃えるには時間がかかりますと書いてありました。

軽量

桐は他の木材より軽いらしいです。

素材がゆがみにくい

家具に使われる材料の中で、ゆがみや変形等の少ない材質らしいです。ですので、長期間の使用にも耐えるとのことでした。

現代のもので桐ダンスを置き換えるには?
ここまでで見てきた効果の中で、桐ダンスが長年選ばれてきた理由の最大のものは防湿性だそうです。
日本の気候では着物にカビなどが発生しやすく、これを嫌って桐ダンスが選ばれてきました。

しかし着物の保管のためのポイントを押さえているのであれば、必ずしも桐ダンスを使わなくてもよいそうです。

衣装ケース+除湿シート

ここ最近建てられた家はわざわざ換気口を設けるほど気密性も高く、梅雨時でも家の中にカビが発生することは少なくなりました。少なくとも我が家では風呂場以外であまりカビを見たことがありません。

とはいえ湿気はないとは言い切れませんので、除湿シートを併用するとよいようです。
例えばこれくらいの衣装ケースの大きさであれば、着物は十分に入ります。


ここにこういったシートタイプの除湿シートを敷いて、その上に着物を乗せるのです。



すると、効果的に除湿できます。

スチール棚という選択肢

見た目を気にしないのであれば、スチール棚は理想的な収納方法のようです。
通気性は抜群で、探しやすいです。
サイズはたとう紙が特大イズで87cm、三つ折りで64cmあるそうですので、このくらいの棚なら収納できるでしょう。


ただ防虫剤の効果となると、クローゼット用をつるすなどするしかなく、衣装ケースの方が便利かもしれません。

収納の際の注意点
注意点は昔から言われているようなことが多く書かれていました。

風通し

脱いだきものはすぐたたまずに、きものハンガーに掛けて風通しをします。
自重で吊るしている間にシワも伸びます。
汗シミができたら直ぐに固く絞った濡れ手ぬぐいを当てて汗を取り、風通しをします。

たとう紙

たとう紙は基本的には消耗品だそうです。
1年に1回は交換しましょうだそうです。

Amazonでもたとう紙売っています。
したのはそれぞれ、87cmと、64cmサイズのものです。




それにしても、キョウエツさんは着物の用品、なんでも取り扱ってますね。

虫干し

虫干しの時期は、1年中で一番乾燥している11月~2月ごろまでの、4~5日晴天が続いた風のない日に、風がとおるように1枚づつ干すのが理想ですが、場所も時間も無い場合には、衣装箱のふたを開けて新鮮な空気が通るようにすることでもある程度の効果は見込めるようです。大切なのは、新鮮な空気に触れさせることです。

重ねる枚数は5枚まで

着物を重ねすぎるとしわや型崩れの原因になるため、5枚以上は重ねないようにしてくださいとのことです。

防虫剤は1種類のみを使う

これは意外なことでした。何種類も使うと、化学反応を起こし着物に変色やシミが出て傷めることがあるそうです。
また使用にあたっては、直接着物にふれないようにし、引出しの四隅に置くのが良いようです。

まとめ
着物の取り扱いについては今も昔も変わっていないようですが、住環境が変化し、隙間風が吹き込むような家が減ったことで、収納方法も昔ほど桐ダンスでないとという訳ではないようです。

この記事を書いている2020年3月時点ではこれが新しい解釈なのですが、今後も住環境の変化とともに常識は変わっていくと思います。

着物に限らず、常に新しい情報を、できれば根拠を含めて仕入れていきたいですね。

【男の着物】 着物生活を始めるのにかかった費用 -着物と羽織3着と付属品-

カテゴリ:
着物生活、始める前は費用がいくらかかるのかすごく不安でした。
そして最初の1着をオーダーしてから2か月が経過し、現在では以下の着物を保有しております。

1.伊勢木綿 単衣 オーダー(税別65,000円)
2.ポリエステル ハナエモリ 単衣 既製品(税別38,000円)
3.正絹紬 袷 アンサンブル 中古(税別38,000円)
4.シルク 長襦袢 中古(税別10,000)※3のセット品
5.ウール 袷 アンサンブル いただきもの(仕立て直し代 税別10,000円)


着物4着と羽織3着体制となり、何とか着回しできるようになりました。
ここまでで、総額151,000円がかかりました。

着物をそろえるうちに気づくことがありました。
オプションパーツにもお金が少し必要です。

着物本体に付属するもの -帯と腰ひも-
帯はベーシックのだと、これです。この2か月、何件か呉服屋回りましたが、どこにも置いてある商品でした。

私はこの色の帯と、赤い帯を購入して使用しています。
値段もAmazonで1400円(腰ひもなし)とかなりお安いものです。

腰ひもが2本付属しているのは、腰のくびれを埋めるためにタオルを巻くのですが、これを固定するのに一本、帯を締める時に着物を仮固定するのに一本使用しますので、必要物品です。

新品の正絹帯(男物)だと単純な柄で1万円を超え、2~3万円程度が相場のようですね。
これが中古になると、1万円くらいに値段が下がります。

羽織本体に付属するもの -羽織紐-
元々いただきものの羽織に付属していたこういうタイプのものがありましたが、これはかなりフォーマル向けのものらしく、また見た目も地味でした。


そこで私はこちらを購入しました。
マグネット式で真ん中の玉の部分が分離するので、いちいち紐を外さなくても脱げます。
また金具も脱着しやすいタイプでした。
色はこれのワインレッドみたいなのを購入しました。

価格は4000~6000円前後のものが多いようです。


着物の下に着るもの -襦袢-
襦袢、妻は生地から作成しましたので、生地と仕立て代で6万円程度かかりました。
でも私は裏からちらっと見えるだけのものにこんなに払えませんので、1万円の絹の中古品を買いました。

ただそれでも普段使いには高価なので、普段はこれを使っています。
Tシャツタイプで、ぱっと見は襦袢着ているように見えるので、重宝します。
nono_jubaneri_05
■商品名:KIMONO UNDERWEAR メンズ襦袢衿Tシャツ 


足にはくもの -下駄と雪駄-
着物といえば下駄か雪駄。

私は今回の着物購入の前からこの下駄を愛用していたので、今回はこれを流用しました。

しかしフォーマルの場には下駄は無粋だそうです。
下のような雪駄というものがフォーマル向けだそうです。

この雪駄、底がスポンジなので本来は牛革が正式とのことですけど、そもそも肉食の習慣のなかった江戸時代(名前を変えて猪とかウサギとか食べていましたけど)、そんなに牛革が出回っていたとは思えません。

そこで由来を調べてみると、当時庶民は草鞋(わらじ)をはいていたのですが、これは毎回紐を巻き付けなければならず面倒だということで、鼻緒がついた草履に進化しました。その草履は草で編まれていたので、雨などで滑って危ないということで動物の皮が裏面に張られ、これが雪駄の原型になったといわれているようです。
ちなみに最初のころは「席駄」と表記されていたようで、席は「竹や草で編んだもの」という意味を持ち、駄は「履物」という意味でした。これが時代と共に当て字で雪になった説と、雪の上でも滑らず歩ける説がありますが、とにかく当て字が主流となり「雪駄」と呼ばれるようになったそうです。

この説明文、動物の皮とは書いてありましたが牛革とはかいてなかったので、その昔は滑り防止効果の高い、入手しやすい皮がおそらく使われていたんでしょうね。


価格ですが、下駄は普通のは安く1万円以下、mizutoriの下駄は18000~20000円くらい。
雪駄は裏地がスポンジなら5000円前後、牛革で13000円前後です。

まとめ
着物は最近、何度も呉服屋に出入りしていてピンキリだとわかりました。

中古であれば、正絹のものでも数万円で襦袢から着物・羽織までそろいます。
そこに付属品を購入まで考えて、5万円程度で一揃い用意できると思われます。

これを仕立てする場合、木綿やウールなどの安めの生地を使用しても、襦袢から羽織までそろえると最低でも10万円くらいはかかりますね。

男性物の中古は数が少なく、私のように170cmを超えていると数が少ないので物は選べませんが、最初は中古でそろえて、着慣れていくのが良いかもと今の時点では思っています。

【男の着物】 着物の選び方 -シーン別の格の違い-

カテゴリ:
着物を着始めて日々調べながら着物を着ていると、着物にも格があって、それによってフォーマル度が変わってくることがわかりました。

図にまとめてみましたので、ご覧ください。
着物図

青い文字のほうが着物の種類になり、上に行くほどフォーマルになります。
オレンジ色の方は生地の種類で、右に行くほどフォーマルになります。

ですので、礼装の羽二重が最もフォーマルということになります。
では、それぞれ解説していきます。

着物の種類と格

礼装

現在の形の礼装が正式とされるようになったのは明治以降で、洋服が開国により入ってきたときに、外国人は礼装としてタキシードやモーニングがありましたが、日本にはそれまで明確な礼装はありませんでした。
礼装は各階級(士農工商)ごとに異なり、地方によっても異なったため、統一規格として「黒紋付羽織袴」を礼装と定めました。あえて黒を定めたのは、全国的に黒の礼装が正式とされる地域が多かったからと言われています。

またそこに「紋」を付けるのは、時代劇でもよく見るように、戦国時代より江戸時代にかけて家紋を大切にする文化があったため、これを礼装にも採用しました。
武士階級はもともとこの習慣がありましたが、家紋は江戸時代には町民階級にはない家が多く、明治時代に苗字とともに勝手につけたため、今採用されている家紋は根拠がはっきりしないものが多いようです。

この紋ですが、明治時代の太政官令で五つ紋が正装と定められました。そしてこの紋のなかでも「背紋」は特に重要視され、背後から近づく邪気やけがれをよけるための魔除けの意味も持っています。
黒紋付羽織袴
生地は羽二重のみとなります。


色紋付き羽織袴
「色紋付き袴」は黒に比べ、フォーマル度が落ちますが、葬式以外の式ごとにはすべて使えます。
ただ何着も礼装持っても使う機会がないので、黒がどうしても嫌でなければ黒を作った方が楽なようですね。



準礼装

ここは明確な基準はありませんが、生地は御召か羽二重、家紋はなくても良いのですが、「仙台平袴」を着用しているのが準礼装の条件のようです。
下のはAmazonで売っている、仙台平の袴です。
なぜ風を紹介したのかと申しますと、2020年現在では「合資会社仙台平」のみが製造しており、「仙台平」は同社の商号および商標となっていますので、他社のはすべて偽物といっては何ですけど、それに似せた袴となります。

この準礼装は、結婚式の披露宴やお茶会などに参加可能です。

略礼装

生地は御召か紬となりますが、ここで注意したいのは、御召の場合は柄でも無地でも略礼装に使えますが、紬は無地のみ略礼装となります。
他には羽織と袴をつけることが条件となります。

略礼装でも結婚式の披露宴やお茶会などに参加可能です。

お洒落着

女性でいう訪問着にあたります。男性の場合は、羽織と袴をつけることと、生地は紬クラス以上のものがお洒落義と言われるようです。

この服装では、食事会、気軽なパーティーや懇親会・二次会、正月の初詣で、新年会・同窓会、観劇などで使用できます。

着流し

着流しは袴も羽織も必要ありません。本当に普段着です。
生地も好きなものを着用してください。

ただし、季節によって着物の種類が変わります。
裏地のある袷(あわせ)は10月~翌年5月ごろ、単衣(ひとえ)は6月や9月の、季節の変わり目によく着られる着物ですが、夏も着られます。

そして浴衣。元々は室内着であって、戦国時代ころまでは湯上りにタオル代わりに着て汗を吸わせる目的で着られていましたが、江戸時代後期に銭湯文化が広がり、湯上りに浴衣を着る習慣が庶民にも広がります。
これが次第に夏の普段着として定着していきましたが、この文化は第二次世界大戦終結とともに急速に廃れ、現在ではお祭りでしか見かけることがなくなりました。

まとめ
男性の着物は、格としては今回分類したように、礼装2段階、略礼装、お洒落義、普段着と5段階に分類していると書いている人もいれば、礼装(黒紋付き袴)、略礼装(羽織と袴)、普段着の3段階に分類している人もいます。

そもそも男性の着物文化が女性に比べて圧倒的にシェアが小さいこともあり、資料自体も少なく、着物自体も売っていません。

その分、着物警察と呼ばれる古参も少なく、逆に最低限の知識さえあれば自由に着物を着てであるくことができると思いますし、ルールも女性に比べ大雑把です。

ですので、私のような初心者がいうのもなんですけど、TPOにあわせて楽しく着物を着れたら良いなと思っています。

【男の着物】 帯の締め方 -様々な形式-

カテゴリ:
普段着に着物を着始めて1ヶ月。ほぼ毎日着ているうちに、角帯を「貝の口」結びで帯をしめることは自分なりに締めることができるになりました。

ちょっと慣れてくると、人間、欲が出て新しい結び方に挑戦したくなりました。
最近やっているのは、「浪人結び」です。これは手順は判ったのですが、イマイチ結び目がまだ汚い感じなので、慣れるまでやとうと思っております。

この結び方、女性向けのサイトは数多くありますが、男性向けってあまりありません。
そこで、私が調べた限りの男性向けの帯の結び方をご紹介いたします。

男の角帯の結び方の定番 -貝の口結び-
貝の口は角帯の結び方で最も一般的な結び方です。お祭りからフォーマルまで、どのシーンでも使用できます。
そのシルエットも形の均整がとれ、清潔感のある感じに仕上がります。

下はその貝の口でも関東巻きと呼ばれる形です。
貝の口
■画像引用元:三原二之丸会様


車にそのまま乗っても邪魔にならない -浪人結び-
この結び方は、縛っているわけではありませんので背中の結び目にボリュームがなく、その結果椅子に長時間座ったり、車を運転したりするときに結び目が崩れにくいという特徴があります。
元々私が貝の口結びから卒業しようとした切っ掛けが、車運転するときに常に背をシートから浮かせていないと痛かったのがありまして、この結び方にかえてから、本当に車の運転でそれほど圧迫感がなくなりました。
※多少はあります。

そしてもう一つの特徴が意外に崩れにくいそうです。そういえば、休日なんかに1日過ごしてもあまり崩れませんでした。
これが貝の口結びだと、昼頃に一回巻き直したりしていました。

名前の由来は時代劇などに見られる着流しの浪人侍が締めているものと同じ締め方だからだそうです。

浪人
■画像引用元:祭塾


浪人結びをより簡素にしました -片ばさみ-
浪人結びをより簡素にしたものです。
特徴として、手先(半分に折った方)と、垂れ先(太いほう)が共に下に向いています。
※浪人結びでは、手先は上向き、垂れ先は下向きです。

かたばさみ
■画像引用元:京都きもの着付け教室 鳳美(ほうみ)


袴をつける時にはこれ -一文字結び-
礼装(紋付袴)で使用する結び方です。結び目が高く、袴を着けた時腰の部分に膨らみがついて見栄えが良いので袴着用するときに多用されます。
※礼装時でなければ、厚みを減らすために他の結び方を用いることもあるようです。


一文字結び
■画像引用元:左近大夫☆浜次郎様Twitter



神輿を担ぐよ -神田結び-
元々は江戸末期、船夫・陸尺( 輿や駕籠をかついだ人足)などの間で行われた結び方とのことです。
駒結びをベースとした結び方で、ほどけにくいことから、職人の間で流行しました。
現在は祭でよく見られます。

神田結び
■画像引用元:祭塾


喧嘩っ早い江戸っ子が開発 -喧嘩結び-
この結び方に関する解説はあまりありませんでした。
由来については、帯の先端を引っぱるだけで簡単にほどけるため、江戸っ子たちが喧嘩をする時に一瞬で法被を脱ぎ捨てられるように考えた帯の結び方だそうです。

ケンカ結び
■画像引用元:祭塾

まとめ
いかがでしょうか?角帯の結び方、案外沢山あるのですね。
私としましては、浪人結びと片ばさみをマスターしたいと思っております。

着物を使うシーンに合わせた結び方ができるようになるとよいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×