タグ

タグ:福井

福井名物 水羊かん と ソースカツ丼 を求めて、福井ツーリング

カテゴリ:
最近、ツーリングの行先もネタ切れになりつつあり、毎回行先を設定するのが大変になってきました。
最近は王道よりもB級グルメなどを探すようになりました。

そして今回見つけたのが、福井の冬季限定の「水羊かん」です。
これ、毎年11月1日より翌年3月31日までの期間限定で販売しているようです。

お店は福井県福井市にあります。

■店舗情報:えがわ
〒910-0024 
福井県福井市照手3丁目6-14
0776-22-4952


お店の外観はこんな感じです。
IMG_6145

IMG_6146

これが購入したあずき粒入り水羊かん。
IMG_6153

あずき粒入りの商品は本店でしか買えないとのことです。
食べてみると、甘さ控えめな昔ながらの水ようかんという感じでした。

■店舗情報:えがわ (水ようかん)
味 :★★★(3)
値段:★★★☆☆(3)
※良くも悪くも昔ながらの味です。おいしいですが、定番という感じです。


そして昼は、「ふくしん」でソースカツ丼を食べました。

■店舗情報:ふくしん
福井県福井市高木中央1-205
0776-54-7100
定休日:毎月第3水曜日 / 毎週火曜日


店舗内はこのようにかなり昭和な感じです。
IMG_6147

ここのソースカツ丼、たまに検索すると引っかかってきてたので気になっていたのですが、岐阜県に住んでいるとどうしても手近な敦賀市の有名店「ヨーロッパ軒」のソースカツ丼に行ってしまいがちなんです。

それでなかなかいけなかったのですが、行ってみて正解でした。
私の好みでは、こちらの「ふくしん」の方がおいしいです。

違いは、私の感想だと味が濃いのが「ヨーロッパ軒」、少し薄味でやや甘めのが「ふくしん」というイメージです。

実際のソースカツ丼はこれ。
IMG_6148

IMG_6149

結構なボリュームです。
写真ではわかりませんが、このカツ、3枚入っていました。
これ、普通盛りです。

■店舗情報:ふくしん (ソースカツ丼)
味 :★★★★★(5)
値段:★★★☆(4)
※コスパ良いです。ボリュームの割に安いですね。


そして帰りには、もはや行きつけともなった「矢部魚問屋駅前店」にて焼き鯖寿司を買って帰りました。

■店舗情報:矢部魚問屋駅前店
福井県敦賀市白銀町6-41
0770-22-4528
11:00~23:30
年中無休


外観はこんな感じです。
IMG_6150

このお店は地産地消を掲げ、観光客向けというよりは地元向けのお店です。
この2階で魚料理を提供しています。

買ってきたのはこれ。
IMG_6152
※写真左

この焼き鯖寿司、一本で1180円でした。
なんか値上がりしているような気もしますが、気のせいかもしれません。
まあおいしいからいいですけど。

■店舗情報:矢部魚問屋駅前店 (焼き鯖寿司)
味 :★★★★★(5)
値段:★★☆(3)


また行き帰りには多くのバイクにであいました。
普段平日休みで単独ツーリングしているので、あんなにバイクとすれ違ったのは久しぶりです。

写真は「道の駅星のふる里ふじはし」です。
IMG_6151

ここは平日でも日中は難題化のバイクをみることができますが、この日は多くのオープンカーとバイクがいました。

福井へ鮮魚買付ツーリング(2017年11月中旬)

カテゴリ:
若狭小浜お魚センター」へ、冬の魚を買いに行ってきました。

IMG_5471

市場は7時にあくので、岐阜県を5時に出発、途中琵琶湖北岸の温度計が0℃を指しており、11月の朝は寒いんだなあと改めて思いました。

途中、寒さで予定外の休憩をしたため、7時30分頃に市場に到着。
既に「若狭小浜お魚センター」では多くの魚が売られていました。

事前に調べる時に、ここの市場の写真すくなかったので、多めに掲載しておきます。

■市場全景:
IMG_5476

■売られている魚たち:
IMG_5472

IMG_5473

IMG_5474

IMG_5477

店舗数は少ないですが、観光客向けのぼったくり価格でないのには好感が持てます。
そういった市場は、地のものが少なく、多くの場合解凍したものを売っているので、何のために漁港まで来たのか分からない場合が多いと私は感じております。


本当は11月頃が旬の「若狭ぐじ」(あまだい)を買いに行ったのですが、まだあまりあがってきていないようです。
まがき(若狭のカキ)も時期がまだ少しだけ早かったようです。

そこで今あるなかで、おすすめの魚はどれかと聞いてみました。
すると、刺身ならマトウダイ、なめらが美味しいよと教えてくれました。

■実際に買った魚:(写真中央上部がマトウダイ、中央下段がナメラ)
IMG_5481


大きさわかりにくいかと思いますので、帰ってからとった、ニベアのクリームとの比較画像を添付します。

IMG_5483


早速購入し、バイクに搭載します。

IMG_5479

IMG_5480

帰るころには、日も昇ってきたので、途中(木之本)の気温が8℃と、行にくらべ随分あたたかくなったので、休憩せずに岐阜県まで帰りました。


そして帰ってから、この2つの魚が案外レアな魚だと知りました。

■ぼうずコンニャク 市場魚貝類図鑑:マトウダイ
■ぼうずコンニャク 市場魚貝類図鑑:ナメラ


実際に調理してみると、マトウウダイはかなり多量の刺身がとれ、その肝は焼いてみるとフォアグラのような味がしました。
骨が硬く、うろこがないものの、ヒレが尖っていてケガをしそうでした。

ナメラはかなり淡白な味ですが、少し小ぶりなせいか、捌くのは大変でした。


しかし2つとも大変美味でした。2匹で2000円の価値は十分にありました。

福井の名物 ボルガライスを求めて -越前市ツーリング 洋食のいし川-

カテゴリ:
今回はボルガライスというものを食べに、福井県の武生市まで行ってまいりました。
このボルガライス、越前市武生地区にて1980年代に発祥した料理だそうです。
名前の由来は、ロシア西部のボルガ川流域の町でこの料理によく似た物を見たという情報から『ボルガライス』と名付けたといわれるようです。

2010年には日本ボルガラー協会を結成、ボルガライスの普及活動を行っているようです。
公式のブログもあります。

■日本ボルガラー協会:https://volga-rice.jimdo.com/

今回は一番びっくりした画像を載せます。

IMG_4508

IMG_4510

国道303号線を北上していたら、道の駅藤橋の付近を軽トラックにのった羊が一緒に北上していきました。藤橋でとまったので、見に行きました。


では今回の目的地について書いていきます。
外観と場所、店舗情報はこんな感じです。

IMG_4512
住所  :福井県越前市桂町8-15
営業時間:11:30~15:00、16:00~20:00
定休日 :火曜日
電話  :0778-24-1458


ボルガライスを提供している店は複数ありますが、今回ここを選んだのは、日本ボルガラー協会のブログにて、30年以上営業している老舗洋食店で、雰囲気がよさそうだからです。


ゴールデンウィークによる渋滞を予想し、早めに出発したのですが、開店30分前についてしまいました。外で待っていると、ここのご主人が気を使ってくれて、開店まで外で待っているのもかわいそうと、蕎麦茶をいれてくれました。

11時20分には中に入れてくれました。お店の中はこんな雰囲気です。

IMG_4515

いいですね。いかにも地元の老舗という感じです。

メニューはこのようになっています。

IMG_4516

さっそくボルガライスを注文してみます。
できあがりを待つ間、スープがでてきました。クラムチャウダースープでした。

IMG_4517

そしてこちらがボルガライス。

IMG_4519

IMG_4520

断面はこのようになっています。

IMG_4522

ボルガライスは、オムライスの上にカツが乗っています。
食べてみると、目の前であげてくれたカツがサクサクしています。
オムライス部分は、懐かしい感じの味付けで、ほんの少しスパイシーです。胡椒の風味でしょうか?

かかっているソースはデミグラスソースのようです。目の前でウスターソースと何かを混ぜていました。 
総合的な評価は、
味 :★★★★☆(4)
値段:★★★★☆(4)
です。 

味を4としましたのは、十分においしいのですが、懐かしい系の味付けは人を選ぶと思ったからです。
今どきのフワトロのオムレツというよりは、懐かしい家庭の味よりな感じです。

値段は950円と、可もなく不可もなしという感じです。

しかし、お店の店長と店員さんは優しい。
帰り際にも、わざわざ遠いところから来て待ってもらったのだからと、缶ジュースくれました。
お客の立場でこんなのもらったのは初めてかも。

福井県と京都府北部へ旅行に行ってきました その1「イカ丼」と「焼きサバ」

カテゴリ:
今回は奥様を連れて、福井県と京都府北部へ旅行に行ってきました。
台風が接近する中、車を降りている間だけ奇跡的に晴れていました。 

最初に行ったのは、福井県三方五湖です。
ここにある、ドライブインよしだの「イカ丼」は今回2回目ですが、旨い。

ここ、福井県のホームページにも旬の食材としてイカ丼が紹介されているので有名店なのでしょう。

■福井県ホームページより:http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/brandeigyou/syoku/drive-in.html

ちなにみこんな写真が載っています。

001

今回私が選んだのは、ゲソ天がセットになっているものです。
実際の写真はこんな感じです。

IMG_3782

IMG_3783

気のせいか、福井県のホームページの写真より、モリモリ具がのっている気がします。
梅干しもでかいのがついてくるので、混ぜてもおいしいです。


イカ丼は昼に食べたのですが、夕方、いつも敦賀に来るとよるお店に行きました。
昼はないのですが、夜行くと、お通しと共に、お代もとられるんですね。

IMG_3853

行ったお店は、福井まるさん屋。
魚屋さんの直営で、2階が店舗です。
2階の入り口はこんな感じ。

IMG_3855

いまの季節(10月初旬)のメニューがでていました。

IMG_3857

IMG_3856

しかし私が頼んだのは、名物定食。
この定食はおろし蕎麦と、焼きサバ、酢サバの寿司がついてきて1800円です。
寿司が8貫ありますが、これを4貫へらすと、もう少し安くなります。

IMG_3862


IMG_3863

色々福井のものをこれまで食べてきましたが、焼き魚、酢〆の嫌いな私が美味しいと思えるこのサバ料理は個人的にはおすすめです。

■店舗データ:
店舗名 地魚料理まるさん屋
営業時間 11:00~23:30(L.O.22:30)
定休日 年中無休
TEL 0770-22-4528 (←ご予約はこちら)
FAX 0770-22-4527
住所 福井県敦賀市白銀町6-41 2F
JR敦賀駅より正面2つ目の交差点(徒歩2分)
北陸道敦賀I.C.より市街地へ車で3分 


次回は、福井の旅2回目、舟屋編をお送りいたします。

【バイク車載動画】福井県の岩本屋への道中 その1 ~岐阜県岐阜市内~福井県敦賀市~

カテゴリ:
先日の日記に書いた、「福井県の背脂ラーメン 岩本屋」へ行く際に通った道の車載動画です。
これだけの動画のアップロードに6時間かかりました。※編集時間込

今回の動画で写っているのは、岐阜市内から敦賀への最短ルートです。
車でも法定速度で1時間30分~2時間で走り切れます。

この道、高速道路で岐阜市から敦賀に抜けるのと30分程度しかかわりませんので、おすすめです。
というのも、高速道路は岐阜市から見ると、一旦彦根まで遠回りして、そこから敦賀方面に90度回ってくるので、その分、遠回りになります。


尚、今回撮影につかった機材は、SONY製 HDR-AS50という製品です。
撮影設定は、以下の通り。

■撮影データ:
○撮影時間:平日8時~9時頃
○天候:晴れ
○撮影モード:<MP4> PS:1920x1080 60p/50p
○音声記録:MPEG-4 AAC-LC 2ch 
○手振れ補正:使用
○風きり音ノイズ低減:入
○防水ケース使用せず


では、動画をお楽しみください。 


【抜け道】岐阜県岐阜市内、尻毛橋~道の駅織部の里もとす


【抜け道】道の駅織部の里もとす~ 岐阜県揖斐郡揖斐川町西津汲1540


【抜け道】 岐阜県揖斐郡揖斐川町西津汲1540 ~国道303号線滋賀県長浜市木之本町金居原付近


【抜け道】国道303号線滋賀県長浜市木之本町金居原付近 ~国道365号線滋賀県長浜市余呉町今市


【抜け道】国道365号線滋賀県長浜市余呉町今市 ~敦賀バイパス福井県敦賀市小河付近


【抜け道】敦賀バイパス福井県敦賀市小河付近~ローソン 敦賀赤崎店(福井県敦賀市赤崎44‐11‐2)








 

このページのトップヘ

見出し画像
×