タグ

タグ:防寒対策

ウサギ用ヒーターの使い方

カテゴリ:
 先の日記でウサギの防寒対策開始の基準について書きました。では、実際の防寒対策をどうするのか。
これについても、先日の記事で簡単に書いてみましたが、今回はその補足です。

■関連日記:ウサギの適温 冬に向けての知識

 ここでラビットヒーターの使用について書きました。



 しかし、こういった商品は電線があります。これの処理をどうするのか気になって調べていたら、あれ、中に直接入れるんじゃなくって、下の写真のような設置方法もあるんですね。


rabbitcage
ウサギヒーター
▲ヒーターはケージの外に設置

 この設置方法は、低温やけど防止の効果もあるようです。ウサギは暖かいものの上に居座るようですので、直接触れないようにするのが肝心なようです。


 では部屋全体を温めるエアコンですが、電気代が気になります。夏は数千円の上昇で以外につけっぱなしの方が効率が良いことがわかりましたが、冬はどうでしょう。
 調べていくうちに、こんな比較サイトを見つけました。個人さんのサイトなのですが、参考に記載します。

■引用元:きになるきにする
■引用元:エアコン暖房の電気代

 もう一つの方法であるエアコンの電気代、つけっぱなしでどの程度かかるのかですが、上のサイトに丁度うちのダイキンのエアコンがあったので、電気代を調べると、4.5円/1時間だそうです。

 これを30日、24時間稼働されると、3240円となります。またエアコンの特性として、ある程度の室温に達すると、省電力モードで動き始めますので、つけっぱなしだとこれより少し下がるみたいです。
 あとはフィルタの掃除などでもエアコン代は改善しますので、これらを考えると、冬もエアコンの方が得な気がしてきました。


 人間もウサギも、寒暖の差がダメなようですので、エアコンつけっぱなしが、安全面、コスト面で良いようです。 

ウサギは冬眠するのか 【ウサギの寒さ対策開始の目安】

カテゴリ:
 最近、ウサコッツがケージ内で丸まっていることが多くなりました。本日の朝の室内温度を確認すると、17℃となっておりました。
 そこで気になったのは、ウサギって冬眠するんだろうかってことです。活動性の低下は、気温の低下が原因なんじゃないかと思い、早速調べてみました。 


結論としては、ウサギは冬眠しない動物のようです。野生種のアナウサギ、野ウサギも冬眠せずに越冬します。

 しかし、調べている時に、こんな話もみました。飼育下にあるウサギは、野生種よりも寒さに弱いと書いてありました。そこで先日書いた、ウサギの適温についての記事を見直してみます。

■過去の関連日記:ウサギの適温 冬に向けての知識

温度  18-28℃ (限界値4~28℃)
湿度  40-60 %
照明  150-300ルクス(床上40-85cm)
騒音  60ホンを超えない

しかし、限界値を超えていないからと言って、果たして寒さを感じていないのでしょうか?

S__7184390
 
 ちょっとわかりにくいかもしれませんが、このようにウサコッツは丸まっています。これ、集団でいるとウサ団子とかウサ饅頭というらしいです。 まあ、寒いときの姿勢ですね。よく見ると、前足、後ろ足が露出しないような姿勢を取っています。
 この状態は、やはり寒さを感じているときの耐寒の姿勢だそうです。飼育下にあるウサギは、ケージの外などで運動して体温が上げられないと、このような姿勢で寒さに耐える傾向があるようです。

 では目安としては、どこから防寒対策をすれば良いのでしょうか。これについては、諸説あってどれを採用すれば良いのかわかりません。適温(18℃)を下回ったら防寒対策を開始すると書いてある所もあれば、10℃までは大丈夫、4℃までは大丈夫とある所もあります。

 このようにいろいろな基準がありますが、私が色々な情報を総合して思うのは、上の写真のような防寒姿勢をとることが多くなって来たら、それが防寒の開始時ではないでしょうか。
 私たち人間は、寒ければ服を着ますし、ブランケットを使用します。しかしウサギは鳴かない動物なので、態度で示すしかありません。この日記でも度々書いてきましたが、ウサギを飼う上では、行動や態度から気持ちを汲み取らなくてはなりません。
 
 なので、 寒いと訴えたその時が、暖房の入れ時でしょう。

このページのトップヘ

見出し画像
×