タグ

タグ:除去

写真の顔のモザイク、ついに完全に外せる時代に -デューク大学のPulse-

カテゴリ:
このブログでは、時折顔にモザイクをかけて写真を掲載していますが、そんな処理が意味のない時代が迫っているようです。

Pulseのモザイク除去
まずはデューク大学が公開している画像処理のイメージ画像をごらんください。
顔モザイク2-w1280

この写真、一番上が元画像、真ん中がモザイクをかけた状態、下はそこから「PULES」を使って画像を復元したものです。元画像と比較しても、あまり変わりのないレベルで復元しています。

大きな画像で見てみても、そのすごさがわかります。
顔モザイク-w1280

Pulseのしくみ
従来のモザイクの除去手順は、解像度をあげていくことでモザイクの解除を試みていましたので、ぼやけた画像しか手に入りませんでした。

しかし「Pulse」ではGANと呼ばれる「敵対的生成ネットワーク」を使用することで、画像を生成しています。GANは2つのネットワークで画像を生成させ、本物と比較しより近いほうを本物として採用します。
下図がそのイメージ図です。
is20tech001zu004-1

この2つのネットワークで画像生成を競わせることでランダムに多量の画像を生成し、その中から最も本物に近いものを採用しています。

ですので、ここから導き出される正解は、想像上の産物でもありますので、副作用としてはありもしないものが追加されることがあります。例えばまつげが長くなったり、眉毛が太くなったりするようなものです。

それを考慮しても、モザイクの画像の人がどんな顔をしているんだろうという問いには十分にこたえられるレベルにはあるようです。

今後この手法で数多くの画像データを処理することでデータが蓄積され、精度も増していくと思います。
そうなると、ブログのモザイクの方法も考えないといけませんね。





サンポールは、ウサギのトイレにすごく効果がありました

カテゴリ:
先日、当ブログのコメントに、ウサギの尿石とりには「サンポール トイレ洗剤」が効くと教えてくださいました。
そこで早速購入して試してみました。


まず洗浄前の状態です。
高圧洗浄機でも取り切れなかった汚れが付着しています。
IMG_7808

サンポールを原液で投入。
泡が出ていて、尿石を溶かしているのがわかります。
IMG_7809

落ちきらなかったので、今度は薄めてみました。
IMG_7810

上の状態でたわしでこすっていくと、8割落ちた印象です。
IMG_7811

たわしでも落ちなかったのに、原液を投入。
泡だっているのがわかります。
IMG_7812

仕上がり。驚くほど綺麗になりました。
IMG_7813

やってみてわかったのは、最初は薄めた液をしばらく満たしておいて、たわしでこすった後で一回洗浄、その後に原液に浸すと効率よく落ちそうです。

情報提供いただいた方、ありがとうございました。

ウサギの空気清浄機機能

カテゴリ:
ウサギは空気中の有害物質をどうやら浄化する機能を持っているようです。
空気清浄機機能付きペットって、お得な感じですね。

この子が知らない間に、空気を綺麗にしてくれていただなんて・・・
今日は多めにエサをあげようと思います。
IMG_5933

とはいっても、こういった記事は極端な内容や、実験レベルが多く氾濫しております。
そこで記事の内容を少し簡単に書くと同時に、少し解説したいと思います。

今回の記事では、哺乳類が多く持つ、「CYP2E1」という酵素を植物に組み込むことで、家の中に漂う発がん性を有する有害物質を除去しようという試みを紹介しています。

実験では、クロロフォルムガスまたはベンゼンガスを封入して有害物質の減少を検証、濃度などの記載がないためどの程度の有害物質が減少したかは不明ですが、3日で大幅な濃度低下、8日でほぼ有害物質をろ過しつくしたようですね。


そしてこの「CYP2E1」という酵素ですが、人間も肝臓内に保有しているようで、人間の肝臓でも有害な物質の除去に寄与しているようです。

作用機序はこの図のような感じで、主にアルコールなどの分解に有用な酵素のようですね。
trichloromethylradical


ウサギに限らず持っている酵素のようですが、ウサギと暮らすことで実際に健康にも良いというのはありがたい限りです。

■元記事 1:GIGAZIN ウサギの遺伝子を組み込んだ遺伝子組み換え植物が空気中の有害物質を除去すると判明
■元記事 2:Greatly Enhanced Removal of Volatile Organic Carcinogens by a Genetically Modified Houseplant, Pothos Ivy (Epipremnum aureum) Expressing the Mammalian Cytochrome P450 2e1 Gene - Environmental Science & Technology (ACS Publications)
■元記事 3:Rabbit gene helps houseplant detoxify indoor air - American Chemical Society
■元記事 4:A Houseplant With Rabbit DNA Could Purify the Air in Your Home

このページのトップヘ

見出し画像
×