タグ

タグ:靴

最近気づいた、靴の中敷きの重要さ -EDTRE インソール-

カテゴリ:
普段立ち仕事が多いので、これまで仕事用の靴は少し値段帯を高めのを使用していました。
そして中敷きはにおうので、週に1~2回ペースで外して洗っていました。

ある時、その中敷きが破れてきたので、試しに1500円くらいの中敷きを使ってみたところ、足がすごく楽になったじゃないですか。そこで、この気に入った中敷きを洗ってローテーションさせるためにAmazonで探したところ、類似品は多くあっても同じものを見つけることができませんでした。


仕方ないので色々とレビューをみつつ、サクラチェッカーでやらせレビューでないか確認しながら良いのを探していったところ、レビューも工作の気配がなく、評判の良い中敷きをみつけました。

sakura

この「EDTRE インソール」、結構すごいなと思ったのが、こういった製品、サイズ展開が大雑把なものが多い中、こんなに細かく0.5cm刻みでのサイズ展開があったことです。
saizu

そして買ったばかりの右側の状態から、3カ月くらい使った左側の状態を見比べてみると、しっかりと足の形に沈み込んでいるのがわかります。色落ちしているのは、多分週2で洗っているのが原因だと思います。
IMG_1573

つま先部分のアップ。へんな窪みは洗濯ばさみで直前まで干していたからで、しばらくすると元に戻ります。
IMG_1575

使用感ですが、足の形に沈み込むまでは少し違和感ありますが、1週間程度でしっかりと足の形に沈み込むので、その後は本当に足疲れなくなります。

気に入ったので妻にも薦めてみて、妻も2つめの同じ商品を購入しております。

立ち仕事で足が疲れる方、一度試してみられてはいかがでしょうか?


【男着物】ミズノのカーボン繊維強化プラスチック使用の雪駄がでた

カテゴリ:
着物を普段着ていると、おしゃれな雪駄が欲しくなりますが、特に男物は人口が少ないので一般的にあるのは昔ながらのものばかり。

そんな中、あのミズノからスポーツ用シューズで知られるミズノから、カーボン繊維強化プラスチックを使った雪駄が発売されます。
200619_mizuno-w1280

200619_mizuno2-w1280

見た目も良いですね。

この雪駄は、インソール内部にはカーボン繊維強化プラスチック、ミッドソール部分には低反発発泡ウレタン、そしてアウトソールにはコルク素材が使われ、鼻緒の先端 先緒(さっきょ)にはポリエステル起毛PU加工が施されています。

mizuno
横から見ると、こんな感じで普通の雪駄とは違い、つま先を高くして、中央を下げた弓なり型にしているので、独特の転がり感と弾性のある履き心地となっています。

サイズは26、27、28cmで、お値段は1万6,000円。MIZUNO ONLINE SHOPではすでに完売しているとのことです。

一応再販とかあるかもしれませんので、製品ページのリンク載せておきます。

■MIZUNO ONLINE SHOP:https://www.mizuno.jp/mizuno1906/journal/journal_collection/070.aspx
あと、実店舗では以下で取り扱いあるようですね。


東海地方民の私には行けないお店ばかりですけど、妻に相談してOKなら取り寄せ考えたいと思っています。

このページのトップヘ

見出し画像
×