タグ

タグ:骨折

【診断】うさぎの転落したときの診断方法

カテゴリ:
今までどんなに暴れても、ウサコッツを落としたことがなかったのですが、今日、ついにやってしまいました。

私が立位の状態で抱いていたのから、暴れて落下、回転しながら1.5m程飛んでお散歩用ケージに激突しました。


普段、転倒転落による患者さんを看護しているので、まず脳梗塞、骨折、急激な圧迫による内臓破裂などを心配し、念のためネットでも鑑別方法がないか調べながらチェックしました。


■脳卒中:
頭部を打つと、人間の場合では、患部の内出血(頭蓋内での出血では見えない)、呼吸の変化、意識の混濁、瞳孔不動(瞳の大きさが左右で変わる)、麻痺、硬直、嘔吐などが短時間のうちに(出血の程度に応じて違いますが、直後~数時間)で発生します。

今回ウサコッツは、転落から既に4時間経過し、これらの症状は出現していません。

ウサギの場合を調べてみましたが、ウサギの脳卒中は症例も少なく、飼い主が疑いがあっても開頭してまで死因を特定しないので、どのような症状がいつ現れるか不明だそうです。
なので、今回は人間の場合の症状で見てみました。

■骨折:
ウサギの骨折で多いのは、後脚の脛骨骨折です。脛骨を骨折すると脚を引きずったり、地面に着けずに歩いたりします。しばらく観察しても状態が変わらないようなら、本当に骨折していると思われます。

今回はこのような症状もないので、大丈夫そうです。

■脊椎損傷:
首から下のどこかの背骨をやられると、それに関係する体の部位が麻痺します。
これもどこがどこに繋がっているか、調べても不明でしたが、人間と同じと考えると、手足が普通に動いているので大丈夫そうです。

■内臓破裂:
これについても、ウサギのものがないので、人間の例で行きます。

急激な衝撃による内臓破裂が起こると、大量の腹腔内出血があれば腹部は膨みますが、そのような状況下での患者さんはほとんど救命困難です。
軽度の出血であれば、ショック症状と呼ばれるものが起こります。

以下が、人間の場合の症状の現れ方です。
08-h1
 
 また腹膜内(臓器を包んでいる膜)に出血性の炎症が起こると、般に出血性の損傷より強い腹痛があります。自発痛だけでなく、圧痛、反跳痛(はんちょうつう)、筋性防御(きんせいぼうぎょ)といった腹膜刺激症状がみられます。ただし、腹壁の損傷だけでも自発痛や腹膜刺激症状に似た所見がみられることがあり、区別の難しいことがあります。
ウサギなので、触ったら痛がるとかがなかったので、大丈夫そうです。

■脱臼:
脱臼は股関節、ひざ関節、ひじ関節などに起こりやすく、脱臼した関節部分は曲げ伸ばしができなくなります。
ウサコッツは普通に歩いていたので、大丈夫でしょう。

■目の状態:
ウサギは目の状態でも病状をある程度推測することができます。
健康なウサギは、目がキラキラしています。

・目の輝きが悪い
・目のふちが赤くなっている場合には何らかの炎症の可能性
・目の色が白っぽく濁った感じがする場合は、白内障や緑内障
・目の大きさや、出っ張り方が左右で違ってきたりするときには、神経症状

のように、目を見てやるのもいいようです。


幸い、今回は特に何も該当しなさそうなのですが、これからは落っことさないようにしないといけないですね。 

カテゴリ:
 我が家のウサコッツは幸い骨折などは経験していません。しかし、ウサギは骨折しやすい動物であることをご存じでしょうか?体重に占める骨量は人間の12%に対し、ウサギは8%です。軽いと言われる猫の1/3程度の骨量(13%)しかありません。

 そして実際の強度ですが、全力でジャンプすると骨折する程、弱いようです。家で飼われているウサギで多い骨折の原因としては、
  1. 高いところから落とす ・・・ 抱き方が悪く、落下したときに骨折することが多いようです。
  2. 落ちる ・・・ これ、自分から何かの上に乗って落下するという意味です。これも多いようです。
  3. 壁などにぶつかる ・・・ 以前視力について書きましたが、ウサギの視力は0.05~0.1くらいでかなり近視です。1m離れたらぼやけて見えないと思っていいでしょう。
  4. イヤな事から逃れようともがいたりする
  5. 外部からの衝撃がなくても、過剰な力で脚を蹴りだす ・・・ 上にも書きましたが、静止状態から急激に加速する、急に全力でジャンプするなどです。
  6. ケージに引っ掛ける ・・・ スノコにはまって、骨折するようです。

以上のような要因が多いようです。


 またエサの選択でも骨折の要因となりえます。チモシー中心の牧草を6ヶ月までのウサギに与えていると、カルシウム不足に陥るようです。カルシウムはアルファルファのほうが圧倒的に多く、チモシーの約6倍あるそうです。

 しかし問題もあって、成長期に有用なエサでも、それ以降は膀胱結石の原因になりかねません。成長期(生後6ヶ月まで)はアルファルファ中心で、1歳以降はチモシー中心で、ということになります。


 そこで我が家の牧草を見直してみると、何と低カルシウムが売りの商品だったことに気づきました。アルファルファ中心の牧草だと、下のが評価高かったので、次回はこれを購入します。しかし、このシリーズは以前チモシーで使っていて、底の方に細かい牧草がたまっていたのと、臭いの抜けが少し早く、最後の方の食べが悪かったので、このアルファルファ中心のはどうなのか気になるところです。




 後は骨折したときの症状ですが、片足をひきずったり、足を床に着けずに歩いたり、じっとして動かないなどの様子が見られるようです。これらの症状が見えたら、動物病院にいくのが良いようです。



■参考サイト:けい動物医療センター【ウサギ】

■参考サイト:アレス動物医療センター
■参考資料:うさぎの基礎知識

このページのトップヘ

見出し画像
×