タグ

タグ:高齢者

高齢者のスマホを文鎮化させないために -高齢者向けのアプリについて考える-

カテゴリ:
先日の日記で、妻の両親がスマホを購入すると書きました。この日記を書いている時点で、iPhone11を発注し、既に販売店に届いている状態なので、近日中に私が初期設定を行う予定です。

せっかくスマホ買うなら有効活用してほしいと思いますので、そのためにも高齢者が今どんなアプリを使っているのか、またどんなアプリが役に立つのかを調べておくと有益かと思い、まとめてみました。

まずは高齢者がどんな用途にスマホを使っているのかを調べた資料をみつけましたので、転載します。
2018102304
※引用元:【いまどきシニアのスマホ事情】第2回 一緒にできない50・60・70代

これを見ていくと、定年前の現役世代は半数以上が電話・写真以外にニュースを見たり、オークションをしたり、SNS(FaceBookなど)をしています。定年後世代は世代があがるごとに、本体の基本的な機能を中心に、メールやタイマーなどの機能も使うというような傾向があるようですね。

ではここからは、よく使っているジャンルのアプリで高齢者向けのものを探していきたいと思います。
コミュニケーションツール

LINE

まずは有名どころでこれでしょう。本当はSkypeなどのツールもおすすめかと思ったんですけど、日本ではLINEが一番普及しているので、便利かと思います。LINEはメッセージ送る以外にも、無料電話(パケットは消耗します)としても使えますので、とりあえず入れておくアプリとしては良いかと思います。

LINE



ファミリーページ powered by らくらくコミュニティ

このアプリは、写真を仲間と共有しようというもので、富士通が提供しています。
アプリをダウンロード、またはご家族がアプリから親御さんに招待メールを送るだけですぐに始められます。
疎遠になりがちな遠隔地に住む家族をつなぐのによいサービスです。
アプリの利用者同士なら、夫婦や趣味仲間、友達同士でも楽しむことができます。
日常の連絡や情報交換、活動の記録などに使うのも便利です。

写真



ニュース
ニュース系アプリはたくさんあります。
その中から、あまり操作が面倒でなさそうなものを一つご紹介いたします。

NewsDigest(ニュースダイジェスト)

このソフトの特徴は、地域の登録ができることと、防災の情報も受け取ることができる点です。
それぞれに特化したアプリありますが、統合されていて見やすいのは良いと思います。

ニュース2
ニュース1



ゲーム
ゲームは多くの高齢者もプレイしているようですが、何も情報のないところから選ぶのも大変です。
そこで、今回は有名なあれをご紹介したいと思います。

Pokémon GO(ポケモンGO)

今や若年世代が抜けて、高齢者が健康づくりの一環でプレイしていることが多いと言われるポケモンGO。
その推移を年代別に表した集計データでも、高齢者の比率があがっているのが分かります。
sh_pgo_03
■引用元:「ポケGO」利用者数、リリース時の半分以下に 高齢化も

pokemongo

一応どんなゲームか簡単に書いてみますと、こんな感じです。

・GPS機能を活用することにより、現実世界そのものを舞台としてプレイすることがあるゲームです。謎の生き物「ポケットモンスター」略して「ポケモン」を捕まえたり、バトルさせたりすることができます。
・プレイヤーは、ポケモントレーナーとして、現実世界のいろいろな場所を歩き、ポケモンを探して、捕まえることができます。
・別にポケモンとは何かを知らなくても遊べます。



まとめ
いかがでしたか?
ここでご紹介したのは有名どころで、操作が簡易なものを選んでいますが、他にもアプリは無数にあります。

まずは何をしてみたいのかを考えて、iTunesストアでアプリを探してみてはいかがでしょうか?

シニア世代が選ぶべきスマホ -らくらくフォンは意外に高齢者に不人気-

カテゴリ:
先日、妻の両親が携帯電話をガラケーからスマホに変えたいという相談を持ってきました。
その時はなんとなく、らくらくフォンを進めてみましたが、一応進める以上は責任を持とうと色々調べてみました。

まず、シニア世代の本音をシェアから見ていくと、シニア向けスマートフォンは全くと言っていいほど売れていないことがわかりました。しかも、シェアは年々落ちているように思えます。
反対にシェアを拡大しているのは、普通のスマホです。
スマホシェア推移

更に「2018年10月 シニアのスマートフォン、 生活に対する意識調査」のデータを参照すると、シェアとしてはこのようになっております。

181109smart03_o


そして驚くべきことに、複数台の所有をしている人も多いことがわかります。

181109smart01_o

これらのデータを総合すると、60歳以上の高齢者の47%がスマホを利用しており、その内、約4割がiPhoneを保有しているということになります。

しかし3つめのグラフでは、何故かアンドロイドの携帯がシェアのトップとなっております。
これは、高齢者はガラケーとスマホの2台持ちや、タブレット(例えばアンドロイド)を併用して持っていると元記事では書いてあり、その影響のようです。


ではなぜiPhoneが選ばれているのか?これについては、特に明確な理由を書いている記事を見つけられませんでしたが、おそらくみんなが持っているからなんでしょう。

そうなってくると、高齢者は一体何を選ぶのがベストなんでしょうか?
これについては、多くのブログがiPhoneを推しています。理由もちゃんとありました。

シニア向けスマホを持つべきでない理由

困った時に身近に助けてくれる人がいない

これは盲点でした。そういわれてみれば、後で操作分からないと言われても、根本的な設計思想が違うのと、スマホで当たり前にできる機能がなかったりすると、どう教えていいかわかりません。

家族と同じアプリが使えない

2019年4月モデル以前のらくらくフォンは、LINEが使えないらしい。


シニアにiPhoneがおすすめの理由

わからなくても教えてくれる人が多い

こういうの苦手な人でも、例えばLINEってどうやるのとか、聞けばそれなりに教えてくれると思います。

音声による操作も可能

Siriによる操作、日本人は恥ずかしがって使わない人多いですが、メールなんかも結構音声入力で認識するんですよ。

緊急SOS機能を搭載

一応緊急時にショートカットで通報を代行してくれます。AppleWatchと一緒に使うと、転ぶなどの急速な姿勢変化を察知して、そのまま動かないと、あらかじめ指定した連絡先に連絡してくれます。

アプリがAppleの認証を通っている

これは結構ありがたいことです。アンドロイドは基本的に放任主義なので、自分で本当はセキュリティソフトを入れて使うのが望ましいのですが、そういったことをiPhoneならある程度気にせずにアプリをインストールできます。



こうやって考えてみると、シニア世代の世間で一般的に使われているものを使いたいという欲求と、使いやすさを両立して考えるなら、iPhoneが一番使いやすいのかもしれません。

こういう高齢者向けの入門本もありますので、これみて触っていけば、いつか覚えるし、こちらも説明の手間が省けてお互い楽だと思いますし。





このページのトップヘ

見出し画像
×