タグ

タグ:ASUS

ASUS TUF-RTX3080-O10G-GAMING 購入しました

カテゴリ:
2020年11月現在でも市場に在庫が出回っていない「RTX3080」、店頭で注文して3日前に手に入れました。数日使用してみて早速レビューを書いてみたいと思います。

今回購入したのはこれ。


これを選んだ理由は、「AMD Ryzen 7 3700X」にCPUを載せ替えた時に、「ASUS  TUF GAMING X570-PLUS」にマザーを載せ替えているので、同じASUSでそろえようと思ったからです。

お店に聞いた、RTX3080の在庫状態(2020年11月現在)
これを注文するときに聞いた在庫状態です。今在庫が市場にあるのは、

〇ASUS 「ASUS GeForce RTX 3080 TUF」のシリーズのみ。「ROG-STRIX」シリーズはメーカーにも在庫なし。
〇ZOTAC 「ZOTAC GeForce RTX 3080」は在庫あり。
〇玄人志向 「玄人志向 GeForce RTX3080」は在庫あり。

の3社で、他の会社は入荷見通しがないそうです。これらグラボは中部地方であれば大須などにいけばまれにあるので急ぐならそちらに行ってほしいとのことでした。ちなみに私がオーダーした「ASUS  TUF-RTX3080-O10G-GAMING」は、発注より2日で店頭まできました。購入店舗はパソコン工房 グッドウィルです。

ベンチマーク
早速「FINAL FANTASY XV BENCHMARK」を回してみました。
スコアは2.05倍となりました。旧グラボ「MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」はレイトレーシング対応していないのでこの部分は比較できませんが、性能倍はうれしいですね。

〇旧構成:AMD Ryzen 7 3700X + MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G
FFベンチ

FFベンチ2

〇新構成:AMD Ryzen 7 3700X + ASUS TUF-RTX3080-O10G-GAMING
FFベンチ3

FFベンチ4

実際に使用してみて -フリーズ問題は解決したのか?-
これに変えたのは、「Microsoft Flight Simulator 2020」を快適にプレイするためと言っても過言ではないでしょう。
VRAMが若干10GBでは少ない気もしますが、性能的には十分かと思います。

これを最高設定で動かした時に懸念されるのは、最初のころに噂になったフリーズするという問題です。
実際に使用してみて、フリーズはしませんでした。
と言いますのも、どうやらドライバの不具合が原因であったようで、現在では3090、3080共にフリーズは起こらなくなったようです。

大きさはどう?
正直、でかいです。この写真は実際の装着状態です。使用しているケースは「Cooler Master Stryker SE」というもので、フルタワーです。

上から見ると、フレームより更に奥に入り込んでいるのが見えます。このフレーム、ミドルタワーならこのあたりまでのスペースしかないものが多いので、サイズを測らないと入らないかもしれません。
IMG_1405

結構こまるのがこの8ピン×2の配線。うちの電源は少し前に「Seasonic FOCUS PX 850W 」に交換していて、さすがに最近の電源だけあってケーブル長に余裕がありましたが、以前しようしていた同じSeasonicの電源ケーブル、この「Cooler Master Stryker SE」に変えてからケーブル短いなとか思っていたので、グラボの大きさもさることながら、ケーブルの取り回しも考えないと装着苦労すると思います。
IMG_1407

私の場合はこの後、「長尾製作所 職人シリーズ VGAサポートステイ SS-NVGASTAY-WHITE」という製品をグラボの下側に噛ませて、ケーブルが干渉しないようにこのステイに這わせました。

後で気づいたんですけど、サポートステイ先につけるとグラボの自重でディスプレイポートにケーブル刺さらなかったので、位置を調整してから「VGAサポートステイ」つけるといいですよ。
IMG_1409

写真の左側、ケーブルが集中しているあたりに8ピン×2があります。この「Cooler Master Stryker SE」はケーブルの取り回しがしやすくできているので干渉しませんが、見ての通り、長さもさることながらボードの幅もでかいです。まあVGAとCPUファンはどんなグラボでも基本、距離はないですけど、「AMD Ryzen 7 3700X」のリテールファンは結構でかいので、こっちからみるとギリギリに感じますね。
IMG_1408

排熱について
元々「Cooler Master Stryker SE」は熱がこもりにくいケースなので、グラボが全力でファン回すような事態にはあんまりならないのですけど、このASUSの「GeForce RTX 3080 TUF」はファンが3連でついているので、フライトシミュレーターのようなグラボの性能要求するソフトつかっても、ファンがうるさいとかグラボが爆熱になるとかいう感じは今のところ受けません。

尚、これが「Microsoft Flight Simulator 2020」を1時間プレイした直後のGPU情報です。設定はすべてULTRAにしてプレイしました。視点切替で極々まれにカクつくことはあっても(1時間中、1回のみありました)快適にプレイでき、そしてファンも爆音で回ることはありませんでした。
ASUS

むしろでかくなって冷却性能に余裕ができたんだと思います。41℃ってまだ余裕を感じる温度です。ただし11月中旬の夜間に「Microsoft Flight Simulator 2020」を1時間プレイしていると何故か室温が21℃から25℃まで上昇しました。たぶんですけど、冷却性能には余裕はありますが、その排熱が「Cooler Master Stryker SE」の高効率の排熱性能のために部屋に放出されているんだと思います。

夏は全開でグラボを使用するゲームだと暑くなるかもしれませんね。


まとめ
先代の2080はマイニングブームがあったこともあり、14万円を超えている時期がありました。その頃から比べると割安感があります。

今回の「GeForce RTX 3080」については出だしこそ色々と不具合あって叩かれたものの、安定してこればコスパはそれほど悪くないと思います。私のように2~3世代おきにグラボを交換している人間からすると、現行で負荷高いフライトシミュレーターが楽に動いているところを見ると、今後数年は一線で活躍できそうですので、ミドルクラスのを高頻度で買い替えるよりは全然お買い得だと思います。

手に入らないと悩んでいる方にも、店頭で頼めば数日で来る程度には在庫が回復してきているようです。一度店頭で確認されてみてはいかがでしょうか?

ゲームの起動を妨げる、Windows10用のASUSの標準ソフト -Easy Anti-Cheatで起動しない場合-

カテゴリ:
先日、今さらながらSteamで購入して遊んでいなかった「New ガンダムブレイカー」を起動しようとしたときのことです。

あれ?動かない・・・
毎回「EasyAntiCheat」というソフトが起動したところで弾かれる。
20190217-85457-002

このEasy Anti-Cheatは、オンラインのマルチプレイヤーゲームで不正行為者を阻止する(そして捕まえる)ように設計された不正行為防止ツールだそうです。EasyAntiCheatを使用するオンラインゲームをプレイしている間は、バックグラウンドで実行されています。

でもまずCheatツールなんて使っていない、クリーンインストールした直後に起動しないとはどういうこと?そもそもオンライン遊ばない予定なので、必要ないソフトなんですけど。

そうはいってもきどうしないとどうにもならないので、対策を何とか調べていきます。

競合するソフトの特定
今回の「Easy Anti-Cheat」、調べていくと「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」、「フォートナイト」などの有名オンラインゲームでも出ているようです。

New ガンダムブレイカー」でも同様症状でているようですが、そもそも不人気ソフトなので情報もすくないので、「PUBG」をベースに検索をかけていきました。するとAsusのauraなどled発光制御ソフトをアンインストールすると起動するようになりましたという情報を一発目に見つけました。

そこでタスクマネージャーを見ると、いました。
AURA

ASUSのAURAとは?
ASUS AURAは、ASUS製のマザーボードやグラフィックカードが備えるRGB LEDイルミネーション機能の制御と、AURA SYNC対応機器のRGB LEDイルミネーション機能を一括管理するツールのようです。
10398d65-s

AURAをアンインストール
このAURA、「Easy Anti-Cheat」との共存は不可能とのことでしたので、アンインストールしました。
すると無事に起動しました。

障害がでているときには公式ソフトも疑おう
これまでの経験で、GIGABYTEが1回、ASUSが今回含め2回、公式ソフトの影響でゲームが起動しなかったり、謎のメモリエラーが出たりしました。

■関連記事:メモリがreadになることはできませんでした(Windows10)

どうも光ったりオーバークロックしたりするソフトは、たまにシステムの何かと競合することがあるようです。

カテゴリ:
AMD Ryzen 7 3700X」と「ASUS ROG STRIX X570-F GAMING」を導入して2か月が経過しました。
これまで何度かのBIOSのアップデートと、ドライバのアップデートをしてきましたが、今回のバージョン 1201のドライバと、バージョン 1.7.29.0115のチップセットドライバを導入したら、かなり反応が早くなりました。

これまではバージョン 1005のBIOSと、バージョン 19.10.22のチップセットドライバを使用していました。

起動にもたつくことと、ブラウザを起動した後の反応が少し遅かった(体感的に前のi7-6700kの頃のような)感じでしたが、アップデート後はPCの起動も早くなり、ほとんどクリックと同時にHPが表示される感じです。

具体的にベンチマークなどとっていないので、あくまで感覚的なもので、またどっちの効果で早くなっているのか不明ですが、もし同じ構成の方見えましたら、アップデートすると体感的に速度早くなりますよ。

Ryzen 3700x と、ASUS  ASUS TUF GAMING X570-PLUS を購入しました -セットアップでつまづいたところ--

全国的に品薄なRyzen 3700x、店舗でみつけたので購入してしまいました。
■関連日記:AMD Ryzen 7 3700X 在庫情報(岐阜県)

今日はかなりセットアップに苦戦したので、その情報提供できればと思います。
まず最初にインストール時のトラブルの原因についてよくまとまっている記事があったので引用します。
mdosv1507_651_smdosv1507_652_smdosv1507_653_s
mdosv1507_654_s
※アキバオンライン インストール時のトラブル対策編1

上記の引用記事は、Windows8.1の頃に書かれた記事ですが、今も基本は変わらないと思います。
今回苦戦したのは、主にWindowsインストール後です。

Windows10の再インストールは3回目ですが、毎回故障かと思えるほど時間かかります。
それを乗り越えてWindows10が立ち上がってきてから、何故か毎回5分程度でフリーズしてしまいます。

そこで今回行った対策などをまとめます。
BIOSのアップデート
まず行ったのがBIOSのアップデートです。
最初にこれを行ったのには理由があります。

マザーボード付属のドライバDVDをドライブがうまく読み込まなかったからです。
本来であればドライブ自体の故障を疑うことろですが、Windows10はインストールできていたのと、X570マザーはBIOSのアップデートが発売直後なので頻回に行われており、他ブログなどでもインストール前後の不具合について報告をみたからです。

結論としては、あまり関係はありませんでした。


ドライバのインストール
上記対策でもドライバDVDを読み込んでいる間にフリーズしてしまいましたので、予備のノートPCでドライバDVDを読み込み、中身をUSBメモリにすべて移してからインストールを開始しました。
これにより、チップセットドライバ、LANドライバなどが更新されました。

しかし何故かGeforceの正規のドライバもインストールできないなど、不思議な不具合が続きました。
そしてWindows10自体も安定しない・・・


Windows10 アップデート(設定 → 更新とセキュリティ → 更新プログラムのチェック)
第三世代Ryzenは、「Windows 10 May 2019 Update」(Version 1903)以降が対応バージョンとなります。
これは事前情報で知っていたので、これが要因ではないかとアップデートを開始しました。
しかしWindows10の設定から手動更新をかけても途中でインストールが止まってしまいます。

大変困りました。


Windows10 アップデート(更新アシスタントツールを使用したアップデート)
Windowsのこれまでのバージョンでもありましたが、こういったアップデート関連の不具合がある場合にダウンロードしてのインストールという方式をとることができます。
どのバージョンからも一気に「Windows 10 May 2019 Update」(Version 1903)へのバージョンアップが可能です。

このツールはWindows10の場合は、こちらからダウンロード可能です。
■Windows10Upgrade:https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

これを使って、何とかアップデートが完了しました。
アップデートが追わり再起動行うと、その後はどれだけ時間がたってもフリーズすることはなくなりました。

無事にインストール終わったのちに起こった、Google Chromeの不具合について
こうして無事に終えたインストールですが、最後にGoogle Chromeをインストールすると、これが動かない・・・ 何で?
Microsoft Edge では問題なくWEBサイトが閲覧できるのに、Google Chromeのみがまともに動かない。しかも症状の出方が、なぜかGoogle ChromeでもBingのサイトと一部のブログは表示されるけど他サイトがまったく動かない。
そもそもGoogleでの検索もできないってどういうこと?

これについては、最終的にレジストリをいじることで解決しました。
これについても長くなるので、次回の日記でまとめる予定です。


最後に、今回購入したのはこちら。



これらをグッドウィルというパソコンショップの岐阜の店舗で購入しました。

2019年7月17日時点で日本国中で在庫がない状態であったのが、何故かここの店舗に在庫があったので見に行ってみたら、ちょうど独自セールやっていて、トータルで74000円と割安に買えました。
更にM.2 SSDは価格コム最安値15800円のところ、12800円から更に10%OFFしてくれました。

後に下取りにだしたパーツも、10%UPで買い取ってくれたので、トータルではかなり得した感じです。

このページのトップヘ

見出し画像
×