タグ

タグ:Fit

カテゴリ:
Fit Boxing 2」での減量をはじめて2か月あまり、ずっと停滞していた体脂肪率が下がり始めました。
最初はゲームで痩せるというのは半信半疑でしたが、ちゃんと効果あるもんですね。

下は今まで使ってきた各ソフトの成果です。

各ソフトの使用期間と実績
リングフィット アドベンチャー
期間:2020年5月初旬~2020年10月初旬

体重   68kg → 65.5kg
体脂肪  18.9 → 12.9
筋肉量  記録忘れ → 55.9kg
推定骨量 2.9 → 3.1
内蔵脂肪 7.5 → 6.9
基礎代謝 1490 → 1558

FiNC HOME FiT
期間:2020年10月初旬~2020年11月中旬

体重   65.5kg → 65kg
体脂肪  18.9 → 12.5
筋肉量  55.9kg → 54.9kg
推定骨量 2.9 → 3.1
内蔵脂肪 7.5 → 6.9
基礎代謝 1558
 → 1550

Fit Boxing 2
期間:2020年11月中旬~2021年2月初旬 ※継続中

体重   65kg → 63.75kg
体脂肪  12.5 → 10.5
筋肉量  54.9kg → 57.5kg
推定骨量 3.1 → 3.1
内蔵脂肪 6.9 → 6.7
基礎代謝 1550
 → 1585

体重、体脂肪率とも現在はほぼこの値で安定しています。夜勤明けで64kg(体脂肪11%)、日勤続きで
62.5~63.75kg(体脂肪10%)くらいです。夜勤では変な時間に食事するのでどうしても体重が微増しますが、それを1日でリカバリーできる程度の運動量は確保できているようです。


肩の痛みの解消効果
リングフィット アドベンチャー」をやっている頃にはなかった肩の痛み再発していましたが、Fit Boxing 2」をはじめてしばらくで肩の痛みがふたたびなくなりました。

個人的な見解ですが、
FiNC HOME FiT」はストレッチがあるにはありますがかなり簡易で、動作も肩を後ろにひねる動作がほぼないため、肩回りの筋肉がうまく使えていないんだと思います。

対して「Fit Boxing 2」はストレッチが肩を動かすものがあり、またフックの動作を含め体をひねる動作が多くあるため、肩の痛み、腰痛に効くのだと思います。


以上、今日は最近のダイエット事情について書いてみました。

Fit Boxing 2 でJoy-Conがうまく反応しない時の対応方法

カテゴリ:
先日の日記「「Fit Boxing 2」と「FiNC HOME FiT」と「リングフィット アドベンチャー」を実際にプレイしてみてのレビュー」にて「Joy-Con」の反応がかなりずれると書きました。この対策が実はソフト側でできるようになっているのに気づいたんで、やり方書いていきます。

判定調整で表示のズレを補正する(設定のやり方)
Nintendoの公式サポートでもあるように、ドックにつないでテレビモードで使用すると、Switchは実は画面が遅れて表示されるようです。

■公式の説明 リンク:
【Switch】TVモードにすると操作の反応が遅れたり、テレビの音声がずれて聞こえたりします。なぜでしょうか?

これを踏まえて、「Fit Boxing 2」では画面の表示タイミングと、判定のタイミングを補正できる機能が元々あります。やり方は以下の通りです。

1.メインメニュー(ラウンジ)より左下赤丸の「設定」を選ぶ
IMG_1511

2.「判定調整(オート)」を選択します
IMG_1515

3.「調整する」を選択すると、
IMG_1510

4.カウントダウンが始まりますので、
IMG_1508

5.音が聞こえるタイミングで「X」ボタンを30回押していきます
IMG_1513

5.30回クリック終わったら、「判定調整(マニュアル)」を選択します
IMG_1507

6.「判定調整(オート)」を実行後は「音と判定のズレの調整」の値がたぶんマイナス(私の場合はー4でした)で表示されていますので、それを0に、「音と映像のズレの調整」をマイナスされていた分だけプラスにしてください(私の場合は+4にしました)。
IMG_1506


なぜオートで調整された「音と判定のズレの調整」をそのまま使用せずに「音と映像のズレの調整」を調整したかと言いますと、何回か実際にプレイして調整していくうちに、古いテレビでは映像が遅く、音が早く流れていることに気づきました。
判定が遅いのではなく、自分のしたアクションが映像に表示されるのが遅いのでタイミングがずれるのです。

そこで設定を「音と映像のズレの調整」をプラスに調整することで、Switch本体の処理落ちの影響での映像の遅延を補正し、正しいタイミングで反応するようになりました。

「音と判定のズレの調整」をプラス方向に調整した場合、問題となったのが、判定が早くなりすぎて例えばパンチが続くような場合、前のモーションから戻ってくる腕の動きを次のパンチの動作と勘違いされて判定されてしまい、その結果まともに操作できなくなりました

なので、調整は「音と映像のズレの調整」をプラスに調整する方法をお勧めします。


判定を完璧にする動きのポイント
ズレの調整後、いろいろと試しているうちに、完璧な判定をさせるポイントがあることに気づきました。

必ず開始位置までこぶしを戻す

Joy-Con」は構造上、縦横高さと加速度の43つの判定しかできません。ですので最初の位置がずれると、次のモーションの判定の開始位置がズレ、お手本通りの動きをしてもうまく判定しません。最初の構えの時にした位置までこぶしを戻しましょう。

動きは素早く

次のモーションの判定開始が、例えばフックなどの場合、続けて打つとどうしても体を一旦ひねる動作が入るので、判定開始までにしっかりと最初の位置に戻っていないと、フックを打っている途中で動作をしたという判定になってしまいます。

動きの最後には必ずこぶしを止める時間を作る

Joy-Con」の加速度センサーが動作の開始を判定しているようで、一回一回こぶしの動きを止めないと次の判定が中途半端なところでされてしまいます。例えばアッパーを打とうと腕を引いた時、著k全に例えばストレートの動きをしていてそのままアッパーの動作に入ると、その準備モーションでアッパーを打ったと判定されているようです。


以上の3点を気を付けると、格段に判定が良くなりました。動きがおかしいと感じていらっしゃる方はぜひ試してみてください。


「Fit Boxing 2」と「FiNC HOME FiT」と「リングフィット アドベンチャー」を実際にプレイしてみてのレビュー

カテゴリ:
昨日発売の「Fit Boxing 2」を早速購入してプレイしてみました。
最初に「Fit Boxing 2」のレビューをしていきます。

Fit Boxing 2
このソフト、つくりは かなり親切で、さすがは2作目のエクササイズソフトという感じです。

説明書いらずのUI

コントーラーの握り方から、
IMG_1497

画面の説明まで説明書など読まなくてもわかるように説明してくれます。
IMG_1496

また他のエクササイズソフトにはない、LRボタンもエクササイズ中だけ使用して握っている時に操作がしやすいような配慮もありました。
IMG_1497

動きの説明も丁寧

パンチ一つにしても、コツと実際に動てみて反応を確かめられるようになっています。

チケットをゲットしていって何かできるようです

今のところインストラクターさんの着替えアイテムの購入にしか使っていませんけど、今後何かに使えそうなチケットをくれます。こういった成果報酬で続けていけるような工夫が感じられます。
IMG_1489

レッスンで何かを達成するともらえるみたいです。
IMG_1488

エクササイズの動きを判定して、体年齢を最後に表示してくれます

こんな感じで消費カロリーと、動きの正確さなどを判定して体年齢を出してくれます。
これは一番最初のレッスン後。
IMG_1491

数個レッスンをこなして慣れてきたときのものです。
IMG_1485

この結果はこれまでのすべてを通じたものと、このレッスンだけの結果表示が両方見ることができます。

個人的にうれしいのは、ストレッチがしっかりとできることですね。リングフィットやめてから肩の痛みが再発していましたので、これでストレッチもして関節を柔らかくしていきたいです。
IMG_1494



今のところの感想としては、楽しく続けていけそうな気がしています。 初日はとりあえず25分プレイし、181kcal消費しました。
IMG_1484

「Fit Boxing 2」と「FiNC HOME FiT」と「リングフィット アドベンチャー」との比較
では今発売されているフィットネスソフトで私が実際にプレイしたソフトと比較していきます。
いずれも消費カロリーを175~200程度になるように毎日運動していました。

運動の傾向

Fit Boxing 2:ボクシングに特化した内容。
FiNC HOME FiT:ボクシング、ムエタイ、空手をミックス。
リングフィット アドベンチャー:リングコンを使った筋トレとストレッチが中心。筋トレより。

続けていけるか?

Fit Boxing 2:説明が丁寧でUIも使いやすく、やる気を持続させる配慮がされている印象です。
FiNC HOME FiT:修行に近い印象です。同じ動作を毎日繰り返せるなら向いているかもしれませんが、「Fit Boxing 2」と「FiNC HOME FiT」なら私なら「Fit Boxing 2」を選ぶ気がします。
リングフィット アドベンチャー:楽しいです。ただゲーム形式なので、クリア後のモチベーション維持は難しい印象ですね。2週目セリフ変わるだけなので、マンネリ感がでていまいます。

効果(感想)

Fit Boxing 2:まだ不明。上半身特化型です。
FiNC HOME FiT:効率よく脂肪は落ちている印象。リングフィットで落ち切らなかった体脂肪がやせ型で10~11%で安定した。上半身特化型です。
リングフィット アドベンチャー:体脂肪率は12%を最後まで切れなかった。ジムに行っていた頃の体形は維持できていました。下半身も含め、まんべんなく鍛えられます。

コントローラーの反応

これをあえて書いたのは、いずれも反応の遅延があるからです。Nintendoの公式サポートでもこの問題についての記載があります。(【Switch】TVモードにすると操作の反応が遅れたり、テレビの音声がずれて聞こえたりします。なぜでしょうか?)対策はゲームモードがある最近のテレビを購入して、それでプレイするしかなさそうな回答ですね。


Fit Boxing 2遅延が最もひどい。モーションが近いと、前の動きのモーションを拾うのか、動いてもいないのに反応してミス判定になったりします
2020/12/6 修正:設定より判定調整を行うことで、修正できることがわかりました。これを踏まえればリングフィット並みの遅延のなさでした
FiNC HOME FiT:このソフトも遅延あります。ただ「Fit Boxing 2」ほどひどくありません。コツさえつかめば、誤作動させないように動くことも可能です。
リングフィット アドベンチャー:さすがは任天堂本体のソフトだけあって、遅延は上2つに比べらた断然少ないです。ないわけではありませんけど、気にならない程度です。


まとめ
Fit Boxing 2」、悪くない印象です。ただコントローラーの遅延が気になりますけどね
2020/12/6 修正:遅延は調整可能です。

私の感想としては、これからSwitchで自宅フィットネスを始めるなら「リングフィット アドベンチャー」をおすすめしたいのはまだ変わりませんけど、2本目に買うなら「Fit Boxing 2」ではないかと思います。

FiNC HOME FiT」は作りが不親切なので、ただトレーニングできればいい人にはいいかもしれませんけど、結構ミスした時にもセリフが完璧ですねとか言われるんで、嫌み?とか思ってしまうこともあります。


参考に以前の日記も掲載します。
■過去日記:FiNC HOME FiT と、リングフィットアドベンチャーの違いについて、レビュー 






このページのトップヘ

見出し画像
×