タグ

タグ:Fulu

【Fuluのドラマ】アンダー・ザ・ドーム(UNDER THE DOME)

カテゴリ:
このドラマですが、伊集院光さんがラジオ番組「深夜の馬鹿力」にて少し触れて以来、気になっていました。
Fuluでの配信は早くから始まっていたのですが、シーズン単位でまとまってみれるようになるのを待って見始めました。


ドラマのイメージですが、配給元であるアメリカCBSの公式サイトの画像がドラマのイメージをよく表していると思います。
下の2枚の画像を見てもらうと、町が透明なドームに覆われている様子と、人々がその中に捕らわれている様子が想像できるかと思います。実際、物語が進むにつれ、監禁事件も起こります。

Dome11

under-the-dome-1024x777

このドラマの見どころは、密閉された空間下での人間関係にあると思います。ドームは突然出現するのですが、それを境に、人々は秘めていた思いを出したり、凶暴化したり、ただただ呆然としたりとします。
この人間の葛藤が見ごたえがあります。

最近のヒューマンドラマは、多くがゾンビ系かバイオハザード系に集約され、少々マンネリ気味の感じもしていましたので、新しい切り口でのドラマは歓迎です。


あらすじですが、舞台はメイン州の架空の町「チェスターズ・ミル」です。一応モデルとなった町があるそうです。
第1話では、田舎の財政破綻寸前の寂れた町(この財政破綻寸前というキーワードは時折でてきます)の日常と、そこに来た殺人犯(1話冒頭で人を埋めています)がでてきます。
この殺人犯が逃走(警察には発見されていません)中に突如、ドームが出現します。とはいっても、壁は透明ですので、気付かずに事故が頻発、そこで人々ははじめてドームの存在を知ります。
様々な脱出の試みをしますが、やがてドームは破壊できないと知ると、その中で人々は助けないながら生活を開始します。一部の人は、ドームを理解し、脱出を試みますが、成功しません。

そんな中、最初に町をまとめていた所長が死亡、ますます混迷を深める中、人間の本性がむき出しになっていくという感じです。
詳しく書くとネタバレになるので、これくらいにしておきますが、中ダレしてきたウォーキングデッドなどよりよっぽど面白いと思います。


huluでは、シーズン1~3が現在放映されています。





ヒューマンドラマ好きなら是非一度ごらんください。 

【Fuluのドラマ】HOMELAND

カテゴリ:
今回は、以前の日記「【Fuluのドラマ】タイラント -独裁国家- シーズン2」で名前があがってい「HOMELAND」というドラマを紹介します。

今回のドラマは、これまでご紹介したドラマのように、1枚の画像で雰囲気が伝わる、しっくりくる画像がありませんでした。下のは、海外版シーズン4のジャケット画像です。

hls4

予告編もあります。今回はシーズン2の予告編をチョイスしました。
といいますのも、シーズン1の予告編は、どうも魅力を伝えきっていない感じがしましたので、こちらの方が分かりやすいかと思います。



この作品は、注目度で言えば、「ブレイキング・バッド」並みに多くの賞を受賞していて、エミー賞&ゴールデングローブ賞作品賞及び主演女優賞をダブル受賞しています。

毎回ご紹介している製作陣は、人気ドラマ「24」や「アウェイク ~引き裂かれた現実」など数々の大ヒットドラマを生み出してきたハワード・ゴードンと、このホームランドの原作となった作品(イスラエルで製作・放映)で名をあげたギデオン・ラフが関わっています。
この2名は、タイラントでも再び一緒に作品を撮っています。


この作品の内容ですが、対テロ業務を行うCIAのキャリー・マティソンと、イラクで任務中に行方不明となり、CIAによって救出されたイラク帰還兵の米海兵隊員ブロディが主役となって進みます。
今回も、他のアメリカドラマ同様に、主役には強烈な個性を持たせています。といいますのも、キャリー・マティソンは、双極性障害を抱え、薬を飲んでいる状態であり、強烈な思い込み(妄想含む)で任務を進める傾向があり、もう一人の主人公のブロディに対し、ただ一人、スパイであるという疑いから行動をしていきます。
そしてキャリーは監視対象である筈のブロディとの距離を急速に縮めたりします。


これ以上先はネタバレとなりますので書きませんが、サスペンスとヒューマンドラマが入り混じった感じで面白いドラマです。
ただ、私の個人的な感想では、最初の3話、全然話が前にすすまないので、途中で見るのやめようかと思った作品でもありました。でも4話以降はぐりぐり話がすすみ、意外な展開の連続で面白いと思います。

ちなみにfuluでは、シーズン3まで公開中です。Amazonプライムはシーズン1のみの公開となっています。
※2016/7/15現在





アメリカでは、2015年にシーズン5までが放送されていますので、fuluでも公開してくれないかなと思っています。


後は本編と関係ないですが、ブロディの妻役のモリーナ・バッカリン(Morena Baccarin)、綺麗ですね。

morena-baccarin-hearts-on-fire-lg

アメリカドラマと日本のドラマの違い

カテゴリ:
今日は最近、多くのアメリカドラマを見て気づいたことを書きたいと思います。

○制作費の違い:
日本のドラマが悪いというわけではありませんが、セットなどを見ると、かかっているお金が明らかに違うと思います。お金かければいいものができるかといえばそうでもないのですが、アメリカのドラマはハリウッド映画の品質のままで話を何話も作っている印象です。

実際に調べてみると、雑誌「Flash」にのっていた金額ですが、1話あたりの制作費をまとめます。

1話平均の制作費
アメリカドラマ日本のドラマ
ROME     9億円HK大河ドラマ 約6000万円
glee      3億円NHK朝ドラ   800万円(週4000万円)
ザ・パシフィック 20億円フジ昼ドラ    300万円(週1500万円)

となっています。ただアメリカドラマは1話目で視聴者を引き込むため、ここに通常の数倍の予算を割り振りますので、例えばCSIなどの例で行きますと、平均1話で1億円の費用が使われているそうです。最近の予算では、アメリカの地上波では約3億円、ケーブルテレビで約2億円の費用をかけているようです。

またスポンサーにプロデュースするためのパイロット版の制作には、平均で4億円の費用がかけられるようです。
■資料1 サイゾーウーマン:http://www.cyzowoman.com/2011/05/post_3512.html
■資料2 1時間ドラマのパイロット版の平均製作費:http://www.eidc.com/EIDC_Press_Release_050405.pdf


○俳優陣の厚さ:
アメリカのドラマを見ていて、あまり同じ俳優をみないことに気づきました。まったくかぶっていないとは言い切れ
ませんが、人種も多様で、色々な層の俳優がいます。日本のドラマには若いアイドルが多く、力を持った事務所に人事権があるのか、あまり変わり映えがしないキャスティングになっているように思われます。
悪役はそれらしい人相の役者を採用したりしていますし、俳優の人気で視聴率をとりにいっていないように思います。
またテレビ俳優と映画俳優がわかれているようで、一部かぶっていることもありますが、ERやプリズンブレイク、24の俳優が、テレビシリーズの映画化以外で他の映画にでることがあまりないようです。どうやら、映画俳優>テレビ俳優のような位置づけがあるようです。


○結果を短期に出さないと打ち切られる:
日本のドラマって、つまらなくても少なくとも5話程度は続きますよね?
しかしアメリカドラマは、前シーズンが高視聴率でも、今シーズンが評判悪ければ、Sweep期間(打ち切りか否かをジャッジする2週間)で打ち切りが決まります。これのおかげで、ドラマの新陳代謝がいいのではないかと思います。
もちろん弊害もあると思います。例えば、ウォーキングデッドを見ていると、明らかにテコ入れの回というのがあるように思われ、その回ではバーゲンセールのようにゾンビが出てきて、重要人物もあっさり死にます。


○ワンクールの長さ:
日本は11話前後、アメリカは原則が24話です。長いのがいいとはいいませんが、ワンクールが短すぎると、ストーリーが荒くなる傾向があります。
しかし、1話完結の話なら、日本の形式でも問題ないと思います。なので、日本のドラマは、あまり重厚などらまってないように思います。


○放送局が多い:
アメリカはキー局以外にも、地方の局、スカパーなどの衛星放送、ケーブルテレビなどの有料放送局が盛んに番組を作ります。一説には1000を超える放送局があり、1800局という人もいるようです。
そこから勝ち上がってくるドラマは、かなりの魅力がないと世に出ません。日本に入ってくるドラマはそのなかから、字幕などのローカライズの手間をかけても利益がでると思われたものが入ってきている訳ですので、やはり魅力があるものが多いのではと思います。


○キャストや採算で企画は通らない:
アメリカは映画なども、まずパイロット版を作り、投資家を集める所から始めます。そのパイロット版の前に、局の上層部の審査もあります。そしてパイロット版がうければ、投資家が更にお金を出しますが、そうでなければ、そのまま没です。
なので、確実に視聴者にうける内容のものを作る必要があります。その際には、キャストや採算よりも、脚本が重視されます。脚本さえ良ければ、投資家が莫大なお金を出すようです。


このような違いから、アメリカドラマは魅力的な作品が多いように思われます。
とはいえ、制作費がかかってなさそうなものでも面白い物もあります。

例えばFuluオリジナルで放映されていた「ニーチェ先生〜コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた〜」なんかは面白いと思いました。



ニーチェ先生メイン2


他にも低予算のドラマでは、「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」などもありましたね。今度、新しいシーズンやるそうですけど。
■勇者ヨシヒコと悪霊の鍵:http://www.tv-tokyo.co.jp/yoshihiko2/ 



E58B87E88085E383A8E382B7E38392E382B3

【Fuluのドラマ】タイラント -独裁国家- シーズン2

カテゴリ:
私がFuluに加入して1年くらいたちました。

色々なドラマを見てきましたが、あまり話題に上らないけど面白い海外ドラマは意外にたくさんあります。
その中でも最近シーズン2が配信開始になったこの「タイラント」は一押しです。


このドラマは、タイトルの意味が示す通り、「タイラント(Tyrant)=専制君主」の一家を描いた物語で、仮想の中東にあるアブディンという独裁国家が舞台です。独裁国家から離れたくてアメリカに渡った大統領の次男が、兄の子供の結婚式で国に帰る所から物語は始まります。


シーズン1では、主に兄の専制君主側と、弟側のアンチ専制君主側を主軸に話がすすみます。詳しく書くとネタバレになるので書きませんが、アメリカドラマなので、しっかりと国の背景、人物の背景があり、それに根差したストーリー展開をしていくので、見ていて飽きません。
特にシーズン1の最終話付近は、人間同士の葛藤がスリリングに描かれています。

シーズン2は現在放映中で、今見ている最中です。このシーズンでは、物語が3つの勢力に別れ、前シーズンに引き続き兄陣営と、弟陣営、そして第3軸としてアブディンに侵攻してくるテロリスト勢力が複雑に絡み合います。


このタイラント、脚本家が『24 -TWENTY FOUR-』(FOX)、『アウェイク 〜引き裂かれた現実』(NBC)などを製作総指揮し、『HOMELAND』ではプライムタイム・エミー賞脚本賞(ドラマ部門)を受賞しています。
また『Prisoners of War』という、イスラエル史上最高の視聴率となり、数々の賞を獲得した監督も参加しています。この『Prisoners of War』のアメリカでのリメイク作品が『HOMELAND』というテレビドラマになります。


製作陣が有名どころですので、飽きさせない内容となっています。




■タイラント シーズン1 バナー:
8e63da48f483003ddbdd9b1eb5d6eb38

■タイラント シーズン2 バナー:
tyrantseson2 


 

このページのトップヘ

見出し画像
×